« チャンピオンシップ決勝第2戦 鹿島戦プレビュー | トップページ | 入れ替え戦&昇格PO決勝 »

2016.12.03

【チャンピオンシップ決勝第2戦 鹿島戦】

オフィシャルより

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ 決勝 第2戦 vs鹿島アントラーズ 試合結果

12月3日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ 決勝 第2戦 vs鹿島アントラーズ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ 決勝 第2戦
2016年12月3日(土)19:35キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半1-1) 鹿島アントラーズ
得点者:7分 興梠慎三、40分 金崎夢生(鹿島)、79分 金崎夢生(鹿島)
入場者数:59,837人

この試合の結果、浦和レッズの明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップでの成績は準優勝となりました。また、AFCチャンピオンズリーグ2017の本大会からの出場が決定いたしました。
明治安田生命J1リーグ1stステージ、2ndステージ、年間リーグ、チャンピオンシップの最終成績は以下の通りとなります。
【1stステージ最終成績】
10勝3分4敗 勝ち点33 3位
【2ndステージ最終成績】
13勝2分2敗 勝ち点41 1位
【年間リーグ最終成績】
23勝5分6敗 勝ち点74 1位
【チャンピオンシップ】
1勝0分1敗 準優勝

試合速報
Jリーグ


「記録と記憶」

茫然自失。

まさしくこの言葉がもっとも当てはまったであろう終了直後の埼スタ。奇しくも、先制からの逆転負けは今シーズンこの試合だっただけに、悔しさがより募る。

試合に懸ける意気込みは感じられたが、鹿島の試合巧者ぶりに時間が経つごとに引き気味になり、前半終了間際に失点。後半もことごとくDFラインの裏を取られ、その結果パスミスからカウンターを浴びてPKを与えてしまい…と軽率なミスが傷口を大きくしふさぎ切れず、さらにそれを処置するべきベンチワークもあまりにもチグハグだった。

とかく今シーズンは“山場”が多すぎた印象がある。「ルヴァンカップ制覇」「2ndステージ優勝」「年間勝点1位」と1つ1つ着実に乗り越えてきたが、最後の最後で気力及ばず足を踏み外してしまった。

今シーズンは勝点「74」と34試合制では最高の勝点を積み上げた。どんなに苦しい状況でも、土壇場で勝ちきった試合も何度かあっただけに、ここまでの結果は素晴らしくもあり誇りである。しかしJリーグ王者を決めるのはCSであり、このシステムで勝ちきった鹿島はやはり勝負強くそれこそ称賛に値する。

不条理とは思えどそれはルール。それだけにまたしてもここぞという状況で敗戦を喫し、ホーム埼スタで期待を裏切ってしまった悪癖を乗り越えられなかったのは残念でならない。

優勝は鹿島であり、それは記録として後世に残るであろうが、敗れたクラブの成績は記憶さえも失ってしまうだろう。しかし、ここまで頑張ってきた選手達への感謝の念と、積み上げてきた今シーズンの記憶は自分は忘れる事はない。

シドニーFC戦から始まって50試合目。最後は虚しいシーズン終了となってしまったが、最高の成績を残してもやはり反省すべき点も多い。昨シーズンよりも長いオフを過ごし、自分達も選手達もしっかり充電して来たるべき新たなシーズンに向けて切り替えてほしい。

Cimg1932 Cimg1937 Cimg1949

Cimg1959 Cimg1973 Cimg1979

<スカパー公式ハイライト>

|

« チャンピオンシップ決勝第2戦 鹿島戦プレビュー | トップページ | 入れ替え戦&昇格PO決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64578136

この記事へのトラックバック一覧です: 【チャンピオンシップ決勝第2戦 鹿島戦】 :

« チャンピオンシップ決勝第2戦 鹿島戦プレビュー | トップページ | 入れ替え戦&昇格PO決勝 »