« 第96回天皇杯4回戦 川崎F戦プレビュー | トップページ | 川崎遠征あれこれ(天皇杯編) »

2016.11.12

【第96回天皇杯4回戦 川崎F戦】

オフィシャルより

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦) vs川崎フロンターレ 試合結果

11月12日(土)、等々力陸上競技場にて行われました『第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦) vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦)
2016年11月12日(土) 19:04キックオフ・等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 3-3(前半0-0 後半2-2 延長前半0-1 延長後半1-0 PK4-1) 浦和レッズ
得点者:71分 興梠慎三、86分 大久保嘉人(川崎)、88分 OWN GOAL、90+1分 森本貴幸(川崎)、97分 青木拓矢、116分 エドゥアルド(川崎)
入場者数:20,009人
この試合の結果、浦和レッズの第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会での成績はベスト16となりました。
試合速報
JFA


「選択」

120分間の激闘虚しく、PK戦にまでもつれ込んだ末の天皇杯初戦敗退。

とかく今までにない程のミスのオンパレードで、6月のアウェー広島戦での最多4失点に次ぐ3失点と、自らの首を絞めてしまったといっても過言ではないほど不出来に近い内容だった。

またこの試合、審判団の不安定なジャッジに戸惑う部分もあり、浦和ならず川崎の選手達もイライラを募らせる中で、そういう時こそ冷静にプレーに徹しなければならないのに、それを欠いてしまっては普段のプレーなどおざなりになってしまう。

常にリードしながらも追いつかれてしまったのは、ホーム等々力で負けられない川崎の執念もそうであるが、落ち着かせるコントロールの欠如が引き起こしたものと言ってもいいだろう。

また目についたのが敵将風間監督がこの試合に際し、チーム事情もあるが、大久保をボランチに配置転換させることを選択。長谷川、三好、板倉など次世代を担う選手達を多く起用したのが目立った。

結果的に川崎が勝った事で、“経験値”の面からいえば、より充実したものだったように思えた。怖さを恐れず果敢にボールを奪い、攻撃に転ずる姿勢は、レッズにとって予測不可能であり、その舞台を経験した彼等にとっては沢山の事を吸収できたのではないか…。

リーグ戦とは異なり、割り切って先発をいじる…という考えもあったのかもしれないが、それはたらればになる。あくまで指揮官は現状でのベストなメンバーを選択をしたまでであり、それに起用された選手達が応えられなかったわけだ。

唯一のチャンスだった3冠を逃し、これで否応なくCSに集中する事になる。F・マリノス戦に続いて勝ちきれなかった試合。年間勝点1位を獲得した事で、どことなくエアポケットに陥ってしまっていたのもあるかもしれない。リフレッシュしてもう1度ネジを巻き直し、来たるべくCSに切り替えてほしい。

Cimg1371 Cimg1384 Cimg1389

|

« 第96回天皇杯4回戦 川崎F戦プレビュー | トップページ | 川崎遠征あれこれ(天皇杯編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64483776

この記事へのトラックバック一覧です: 【第96回天皇杯4回戦 川崎F戦】 :

« 第96回天皇杯4回戦 川崎F戦プレビュー | トップページ | 川崎遠征あれこれ(天皇杯編) »