« 決断 | トップページ | JFLへの道 »

2016.11.23

チャンピオンシップ準決勝

川崎がホーム等々力開催で有利かと思われていましたが、いざ始まってみると慎重な入り。

見えない緊張からかミスが多く攻守が噛み合わず、さらにFW長谷川のアクシデントもあってかなかなかボールを繋げなかった前半。

後半に入ると一進一退な状況であるも、一瞬の流れを呼び込んだのが鹿島。山本のクロスを金崎が相手DFに競り勝ち頭で決めて先制。

1点奪えばいい川崎にとってこの日に限ってはそれがとてつもなく遠く、結局これが決勝点となって1-0で鹿島が勝利。浦和との決勝に駒を進めました。

昨年のレッズと同様に上位チームが敗退。それだけにここまで積み上げてきた勝点差を一気に引っくり返されたような悔しさと無念さが中継映像をかえして伝わってきました。

これで相手が決定。6日後の初戦へ向けて、一気にモチベーションが上がってきましたね。

<チャンピオンシップ準決勝>
川崎F0-1鹿島(Jリーグ)

Cimg1496 Cimg1499

|

« 決断 | トップページ | JFLへの道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64555565

この記事へのトラックバック一覧です: チャンピオンシップ準決勝:

« 決断 | トップページ | JFLへの道 »