« コラボ | トップページ | 【ルヴァンカップ準決勝第1戦 FC東京戦】 »

2016.10.04

ルヴァンカップ準決勝第1戦 FC東京戦プレビュー

アウェー:味の素スタジアム
キックオフ 19:30

【浦和予想スタメン】
GK:大谷
DF:宇賀神、那須、森脇
MF:関根、阿部、青木、駒井、高木、武藤
FW:興梠

【展望】
今週、来週と代表ウィークのためリーグ戦は中断。ルヴァンカップ準決勝、決勝と立て続けに行われるという変則日程の中、明日はアウェーに乗り込んで第1戦を迎える。

FC東京は準々決勝では福岡と対戦。第1戦はホームで先制するも終了間際に同点に追いつかれアウェーゴールを積まれるも、レベスタでの第2戦では、2-0で勝利し、トータルスコアで勝ち越し。準決勝進出を果たした。

直近のリーグ戦はアウェーで広島と対戦。圧倒的にシュートを放つ広島に対し、防戦一方の展開であったが、お互い決め手に欠き、このままスコアレスドローで終わるかと思われていたが、ATに中島が鮮やかなミドルシュートを決めて先制。これが決勝点となり1-0で勝利し、アウェーで貴重な勝点3を積み上げた。

一方のレッズは、準々決勝は神戸との対戦。直近のリーグ戦を含めて3連戦でかつ、初戦のリーグ戦を落とすという心理戦で先勝を許してしまったが、第1戦は高木、ズラタンのゴールで2-1で勝利。ホーム埼スタでの第2戦は、指揮官の退場というアクシデントのあったものの、カウンターを起点に高木のゴールで先制。その後さらに得点を加え終わってみれば4-0の圧勝。トータル2戦2勝で準決勝へ駒を進めた。

リーグ戦ではG大阪と埼スタで対戦。開始早々にサイドを崩して先制すると、後半も早々に加点。相手の退場もあってか終始主導権を握り4-0で快勝し、終盤戦へ向けて弾みをつけた。

FC東京とは3試合目の対戦。相手の傾向とすれば、これまで通り前線からの早いプレスでレッズのDFラインを分断させパスミスを誘発させる…というやり方は変わらないだろう。先月のリーグ戦でもそうだったように最初は前田や中島のプレスに苦しんだ。相手も3度目の正直とばかり今度こそは…という強い意気込みの中で対峙してくるだろう。特に今回はゴールマウスを守るのが大谷であり、DF陣との綿密な声掛けと確認は必須である。

そういう中でレッズとしては、どう相手を詰めていくかが見極める必要があり、今回は180分という長丁場での闘い方が勝負を分けるポイントになってくるだろう。

上向きなチーム状態の中でしかもどんなに相手との相性が良くても、1つの判断ミスが結果を左右する。明日は指揮官不在の中でのアウェーゲームであるが、やはり無用な失点は避けたいところ。90分間という前半戦をしっかり乗り切って、ホーム埼スタでの勝負に持ち込みたい。

|

« コラボ | トップページ | 【ルヴァンカップ準決勝第1戦 FC東京戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64302442

この記事へのトラックバック一覧です: ルヴァンカップ準決勝第1戦 FC東京戦プレビュー:

« コラボ | トップページ | 【ルヴァンカップ準決勝第1戦 FC東京戦】 »