« ルヴァンカップ決勝 G大阪戦プレビュー | トップページ | 雰囲気 »

2016.10.15

【ルヴァンカップ決勝 G大阪戦】

オフィシャルより

YBCルヴァンカップ決勝 vsガンバ大阪 試合結果

15日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2016JリーグYBCルヴァンカップ決勝 vsガンバ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

2016JリーグYBCルヴァンカップ決勝
2016年10月15日(土) 13:09キックオフ・埼玉スタジアム
ガンバ大阪 1-1(前半1-0 後半0-1 延長前半0-0 延長後半0-0 PK4-5) 浦和レッズ
得点者:17分 アデミウソン(G大阪)、76分 李 忠成
入場者数:51,248人
この試合の結果、浦和レッズの2016JリーグYBCルヴァンカップでの成績は優勝となり、13年ぶり2度目のリーグカップ優勝となりました。
試合速報
Jリーグ


「リスタート」

タイトルへの道程は120分でも終わらず、PK戦での決着。

それだけガンバも元々力のあるチームである。2週間前の大勝も全く参考にならなかったし、それを考慮するならばここまで立て直した敵将の修正力は見事だったと思う。

レッズとしては、不用意な形で喫した失点をどう取り戻すかが焦点であったが、遠藤や今野らのベテラン勢が敷く分厚く要所を抑えた守備に手を焼き、なかなかボールを運べなかった印象が強い。

しかし潮目となったポイントとして、1つ目にアデミウソンが下がったことと、2つ目は高木から李への交代に他ならないだろう。とくにアデミウソンには先制点もそうだが、1トップの位置で躍動されると、2列目の遠藤共々捉えるのがやっかいだったゆえ、相当気を遣っていたに違いない。

それが仇となりなかなかボールを繋げず苦慮していたが、2つ目の潮目となる李への交代がいきなり当たり同点。一気にスタジアムのボルテージが上がった。しかしその後はお互い決め手に欠き、ついにPK戦へともつれ込んだわけである…。

PK戦までいくと正直実力は二の次であり、あとはメンタル面と駆け引きのあや…。その結果西川とキッカー5人はその勝負に打ち勝ち、カップを自らの手に引き寄せた。

Jリーグカップでは13年ぶり。主要タイトルとなるとACL以来9年振りの奪取。栄光からの落日はチームスタイルの変化と共に長い年月を要し、さらにここ数年は何度となくタイトルに手が掛かりながらも、スルリと逃した結果がここまで積み重なっていたがついに成就した。

ただレッズの立ち位置としては、まず1冠だということ。選手達は疲労もあろうが、逞しくそして充実した表情だったのが印象的だった。それだけこの「ルヴァンカップ」というタイトルは、それこそ2003年のような、殻を破るべく獲ったタイトルだと思っている。

カップウィナーからのリスタート。目指すべきあと2つの頂まで、さらに駆け上がってほしい。

Cimg0370 Cimg0392 Cimg0394

Cimg0416 Cimg0424 Cimg0444

<スカパー公式ハイライト>

|

« ルヴァンカップ決勝 G大阪戦プレビュー | トップページ | 雰囲気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64351841

この記事へのトラックバック一覧です: 【ルヴァンカップ決勝 G大阪戦】 :

« ルヴァンカップ決勝 G大阪戦プレビュー | トップページ | 雰囲気 »