« 2ndステージ第15節 新潟戦プレビュー | トップページ | 新潟遠征あれこれ »

2016.10.22

【2ndステージ第15節 新潟戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第15節 vsアルビレックス新潟 試合結果

10月22日(土)、デンカビッグスワンスタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ2ndステージ第15節 vsアルビレックス新潟』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第15節
2016年10月22日(土) 14:02キックオフ・デンカビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟 1-2(前半1-1) 浦和レッズ
得点者:7分 興梠慎三、15分 ラファエル シルバ(新潟)、90分 興梠慎三
入場者数:29,692人
本日の試合で、興梠慎三はJ1リーグ通算100得点を達成いたしました。
試合速報
Jリーグ


「強者の闘い」

ビッグスワンでの試合は、常に1点を争う白熱した試合が多いが、今回も結果的にはそうなってしまい、やはり苦しい闘いを強いられた。

とかく試合の入りは悪くなかった。5バックで慎重に試合に入る相手に対し、7分に遠藤からのロングフィード1本でDFの裏を取り、興梠の先制点を生み試合を優位に進めてきた。

しかし、15分にパスミスからラファエル・シルバにゴールを決められると様相一変。残留へ向けて息を吹き返した新潟が、再び守備の再構築を図り体を張ってゴール前を固めたことで、追加点の余地が見えなかった。

この日はとかく選手達に疲労と焦りが見え隠れしていた。もちろん疲労はルヴァンカップからの影響。そしてタイトルを獲った直後こそ勝たなければ…という焦りがプレーの端々に見られ、時間の経過と共に如実に表れていたように思えた。結果的にはそれが森脇のHTでの交代劇に繋がった訳であり、その決断は間違っていなかった。

「残留」と「優勝」という双方異なる目標、立場であっても、目指すものは勝点3であり、力量差で推し量ることはできない。双璧する中での1点を争う試合は、最後は興梠の劇的なゴールで勝負が決したが、やはり最後は“決めきる力”があったどうかになる。

次節も残留を争う磐田との対戦。それだけに気が抜けない試合が続く。高い緊張感を保ちつつも最後まで優勝争いを演じられるという、強者の闘いがチームにとって良きモチベーションになっているのだろう。

Cimg0630 Cimg0641 Cimg0648

<スカパー公式ハイライト>

|

« 2ndステージ第15節 新潟戦プレビュー | トップページ | 新潟遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64383690

この記事へのトラックバック一覧です: 【2ndステージ第15節 新潟戦】 :

« 2ndステージ第15節 新潟戦プレビュー | トップページ | 新潟遠征あれこれ »