« 2ndステージ第13節 広島戦プレビュー | トップページ | 2ndステージ第14節 G大阪戦プレビュー »

2016.09.25

【2ndステージ第13節 広島戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節 vsサンフレッチェ広島 試合結果

9月25日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節 vsサンフレッチェ広島』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第13節
2016年9月25日(日) 15:05キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-0(前半1-0) サンフレッチェ広島
得点者:34分 オウンゴール(浦和)、50分 興梠慎三、60分 高木俊幸
入場者数:37,005人

※ガンバ大阪の試合結果により、レッズの年間勝ち点3位以上が確定し、明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップへの出場権を獲得しました。
試合速報
Jリーグ


「通過点」

ミラーゲームゆえこれまであまりなかった静かな展開。ボールタッチが多くても慎重にボールを動かし、お互いがチャンスを見極める状況が続いていた。

そういう中で、自陣左サイドで展開された関根対ミキッチの攻防。何度も突破を許し関根は喰らいつくも振り切られ、前半30分にPKを与えてしまった。しかしキッカーであるピーターウタカの放ったシュートは枠を外れ、そのわずか2分後にオウンゴールながらネットを揺らしレッズが先制した。

その後も双方チャンスは作るものの、それを決めきったのはレッズの方。守備意識の高さから流れが相手に傾かず、いわばカウンターのような状況から加点した。

無論、西川の好セーブがなければ、もしかしたら逆転を喫していたのかもしれない…。それだけギリギリのタイミングでのセービングであり、今回ばかりは彼に助けられたと言っても過言ではないだろう。また守備陣も関根がやられた穴は宇賀神がケアし、途中から遠藤がストッパーとして起用されクリーンシートで試合を締めた。

1stでは4失点を喫したが、いずれも自らのミスから…と言ってもおかしくなく、当時のメンタルは厳しいものであった。しかし、今回ばかりはしっかり相手を研究し、両サイドは高い位置につけ、相手の嫌がるプレーを敢行し局面での勝負にこだわった。

終わってみれば3得点は上出来だと思う。ただこれも横パスや縦パスを柔軟に使い分けて、相手DFの裏を狙い続けたゆえの結果であり、さらに決めきったのだから必然なものである。

まだまだ山場は続く。今日の勝利で2年連続でチャンピオンシップ出場と言われても、気に留めるものではなく、あくまで年間にこだわる中での通過点であり、まずはその関門である難敵を1つ突破しただけなのである。

Cimg0038 Cimg0051 Cimg0072

<スカパー公式ハイライト>

|

« 2ndステージ第13節 広島戦プレビュー | トップページ | 2ndステージ第14節 G大阪戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64254651

この記事へのトラックバック一覧です: 【2ndステージ第13節 広島戦】 :

« 2ndステージ第13節 広島戦プレビュー | トップページ | 2ndステージ第14節 G大阪戦プレビュー »