« 2ndステージ第11節 鳥栖戦プレビュー | トップページ | 2ndステージ第12節 FC東京戦プレビュー »

2016.09.10

【2ndステージ第11節 鳥栖戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節 vsサガン鳥栖 試合結果

9月10日(土)に行われました『明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節 vsサガン鳥栖』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節
2016年9月10日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-0(前半2-0) サガン鳥栖
得点者:41分 宇賀神友弥、44分 武藤雄樹
入場者数:28,167人
試合速報
Jリーグ


「不変」

指揮官はカップ戦からメンバーを替えてくるかと思いきや、攻撃陣は好調を維持しているズラタン、高木、武藤の不変のユニットで形成。また守備も豊田の髙さを警戒してか、CBは遠藤ではなく那須を起用。槙野と森脇で両脇を固め、好調鳥栖をむかえた。

敵将はレッズの良さを消す5バックで応戦。しかし守備に傾注するあまり攻撃への切り替えが遅く、なかなか前線にボールを集めることができず、軸となる豊田は那須がしっかり抑え勢いを削いだ。

一方の攻撃は、柏木や阿部を起点に展開。両サイドにボールを散らすのもそうだが、那須も含め相手の守備を剥がして前線へドリブルで持ちあがるプレーが再三みられ、守備網を困惑させ綻びを生ませた。41分、44分の得点シーンはいずれも右サイド関根のプレーが得点に絡み、個の力で対峙するDF吉田を圧倒し風穴を開けた。

後半も前ががりにくる相手の裏のスペースを衝いたが追加点は奪えず、結局2-0で終了。公式戦2試合連続でクリーンシートを達成し連敗を2で止めた。

これまでスタメンが変わることでチーム全体のバランスが狂うことが懸念されていたが、カップ戦での好調からメンバーを大きく替えず臨んだことは大きかった。またあいまいだった相手守備陣の隙を衝き、積極的に仕掛けて行けたのも大きかったと思う。

これで連敗ストップ。ひとまず区切りをつけたことで残り6試合へ向けていい意味で切り替えてほしい。

Cimg9835 Cimg9857 Cimg9874

<スカパー公式ハイライト>

|

« 2ndステージ第11節 鳥栖戦プレビュー | トップページ | 2ndステージ第12節 FC東京戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64185173

この記事へのトラックバック一覧です: 【2ndステージ第11節 鳥栖戦】 :

« 2ndステージ第11節 鳥栖戦プレビュー | トップページ | 2ndステージ第12節 FC東京戦プレビュー »