« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016.09.30

2ndステージ第14節 G大阪戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 14:05

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、駒井、高木、武藤
FW:興梠

【展望】
10月最初のリーグ戦。明日はホーム埼玉スタジアムにガンバ大阪をむかえ対戦する。

ガンバは現在、2ndステージでは8勝3分2敗の勝点27で第3位。年間では15勝6分9敗の勝点51で第4位である。

前節はホームでFC東京と対戦。開始早々の13分に自陣のミスから先制点を許すも、直後に大森のゴールで同点。さらに縦への速い展開から長沢がゴールを決めてわずか5分で逆転。流れが一変したかに思えたが、その4分後に河野のゴールで同点に追いつかれ、2-2で前半を折り返す。

後半から控えスタートだった遠藤を投入。徐々にチャンスを作るもゴールが遠い中。終了間際の90分に平山にゴールを決められ、再度勝ちこされ万事休すかと思われたが、ゴール前の混戦から藤春が決めて同点。壮絶なシーソーゲームは3-3のドローに終わった。

一方のレッズは前節はホームで広島をむかえ対戦。ミラーゲームゆえ静かな立ち上がりではあったが、特に自陣左サイドの関根対ミキッチの攻防が試合の主導権を握るポイントになった。

特に30分のミキッチが得たPKをピーターウタカが大きく外してしまい、直後に千葉のオウンゴールでレッズが先制するという一連の流れが、振り返ればこの試合を物語っていたような気がする。

その後レッズは後半に興梠、高木と追加点を奪いほぼ試合を決定づけたが、決して広島はノーチャンスだったわけではなく、何度となくGK西川がシュートを弾き飛ばしピンチの芽を摘んだ。PK失敗が試合の流れを大きく左右したが、レッズとしてはしっかりとチャンスをものにし、難敵を相手に勝点3を積み上げた。

レッズは明日は関根が出場停止。槙野が負傷から復帰できる模様で宇賀神が久々に定位置に戻ることになる。

リーグ戦の終盤は何度となくガンバと雌雄を決する場面が多く、そのたびに辛酸を嘗めてきた。それだけにレッズとしてもリベンジしたい思いはあるだろうし、ガンバとしてもリーグ優勝には2ndステージ優勝しかなく、首位レッズとの勝点差は4。ここで勝たないとその先への夢は、ほぼ断たれてしまうだけに勝利への渇望はより大きなものとなって襲い掛かってくるだろう。

共に上を目指して勝点3を奪うべく激しい展開が予想されるが、冷静に自分達のペースで試合運びができるかどうかが勝敗を分ける大きなポイントになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.25

【2ndステージ第13節 広島戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節 vsサンフレッチェ広島 試合結果

9月25日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節 vsサンフレッチェ広島』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第13節
2016年9月25日(日) 15:05キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-0(前半1-0) サンフレッチェ広島
得点者:34分 オウンゴール(浦和)、50分 興梠慎三、60分 高木俊幸
入場者数:37,005人

※ガンバ大阪の試合結果により、レッズの年間勝ち点3位以上が確定し、明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップへの出場権を獲得しました。
試合速報
Jリーグ


「通過点」

ミラーゲームゆえこれまであまりなかった静かな展開。ボールタッチが多くても慎重にボールを動かし、お互いがチャンスを見極める状況が続いていた。

そういう中で、自陣左サイドで展開された関根対ミキッチの攻防。何度も突破を許し関根は喰らいつくも振り切られ、前半30分にPKを与えてしまった。しかしキッカーであるピーターウタカの放ったシュートは枠を外れ、そのわずか2分後にオウンゴールながらネットを揺らしレッズが先制した。

その後も双方チャンスは作るものの、それを決めきったのはレッズの方。守備意識の高さから流れが相手に傾かず、いわばカウンターのような状況から加点した。

無論、西川の好セーブがなければ、もしかしたら逆転を喫していたのかもしれない…。それだけギリギリのタイミングでのセービングであり、今回ばかりは彼に助けられたと言っても過言ではないだろう。また守備陣も関根がやられた穴は宇賀神がケアし、途中から遠藤がストッパーとして起用されクリーンシートで試合を締めた。

1stでは4失点を喫したが、いずれも自らのミスから…と言ってもおかしくなく、当時のメンタルは厳しいものであった。しかし、今回ばかりはしっかり相手を研究し、両サイドは高い位置につけ、相手の嫌がるプレーを敢行し局面での勝負にこだわった。

終わってみれば3得点は上出来だと思う。ただこれも横パスや縦パスを柔軟に使い分けて、相手DFの裏を狙い続けたゆえの結果であり、さらに決めきったのだから必然なものである。

まだまだ山場は続く。今日の勝利で2年連続でチャンピオンシップ出場と言われても、気に留めるものではなく、あくまで年間にこだわる中での通過点であり、まずはその関門である難敵を1つ突破しただけなのである。

Cimg0038 Cimg0051 Cimg0072

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.24

2ndステージ第13節 広島戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 15:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:宇賀神、那須、森脇
MF:関根、阿部、柏木、駒井、高木、武藤
FW:ズラタン

【展望】
リーグ戦も残り5試合。明日はホーム埼スタに広島をむかえ対戦する。

広島は、現在2ndステージは6勝2分4敗の勝点20で第8位。年間では14勝7分8敗の勝点49で第5位である。

前節はアウェーで鳥栖と対戦。開始からペースを握り攻撃を仕掛けるもゴールが遠かったが、34分に塩谷のゴラッソなロングシュートが決まり先制する。後半に入ると、57分、62分と立て続けに点を決めて3-0とするも、鳥栖が攻勢を強め2点を返されるも、最後は逃げ切り3-2で勝利した。

一方のレッズは、前節はアウェーでFC東京と対戦。

相手のハイプレスに苦しみ、なかなかボールを繋げず前半をスコアレスで折り返すと、後半開始早々にPKを与えてしまい失点を許し、追いかける展開となってしまう。

しかし、相手が逃げ切るべく守備的な選手を次々と投入すると様相一変。ハイプレスから開放された選手達が攻勢を強め、77分には李、さらに85分にはオウンゴールを誘い逆転。さらに87分には興梠が久々のゴールを決めてダメ押しとなり、結局3-1で勝利。アウェーで勝点3を奪った。

明日は前節に続き槙野が欠場の予想。ここ数試合で結果を残しているベストな布陣で臨むことが予想される。

相手は広島ということで、ほぼ同じポジションにおいてのミラーゲームとなるだろう。となると、やはり個々の局面がとても重要になる。前回対戦時では、ミスもあってか大敗を喫しただけに、しっかりホームでリベンジを果たしたいところである。

最後の5試合は1stステージで勝っていない相手ということで、いずれも難しい試合が予想されるが、まずは目の前の90分間に集中し、しっかり勝点3を積み上げて首位川崎にプレッシャーをかけてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.22

天皇杯3回戦

全国的に雨模様だった昨日、各地で天皇杯3回戦の12試合が行われました。

2回戦で起こったような波乱は、JFLのHondaがJ3の盛岡に勝った他はほとんどなく、順当な結果となりました。

広島、G大阪、浦和、FC東京のシード組が加わっての4回戦以降の抽選会は、10月4日(火)に行われます。

天皇杯日程・結果(JFA)

Cimg0022 Cimg0025 Cimg0028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.20

クラブライセンス

J3入会を希望するクラブを対象にしたライセンス判定の結果が公表。

八戸、沼津、奈良が交付され、武蔵野シティは見送りとなりました。いずれも現在JFL所属で、順位として最もJ3へ近いのは沼津でしょうか。

2017シーズン J3クラブライセンス判定結果について (J3入会を希望するクラブ)(Jリーグオフィシャル)

「J3ライセンス審査」の結果について(沼津オフィシャル)
J3クラブライセンス審査の結果について(八戸オフィシャル)
2017シーズンJ3クラブライセンス交付のお知らせ(奈良オフィシャル)
J3クラブライセンス申請結果(東京武蔵野オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.18

飛田給遠征あれこれ

往復行程は単純な往復でしたが、ナイトゲームという事で、試合前には馬が走っていない東京競馬場へ(笑)

府中駅近くで買い出しをして、しばし暑さを凌ぐことができました~

Cimg9916 Cimg9918 Cimg9922

Cimg9924 Cimg9930 Cimg9935

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.17

【2ndステージ第12節 FC東京戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節 vsFC東京 試合結果

9月17日(土)に行われました『明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節 vsFC東京』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節
2016年9月17日(土)19:04キックオフ・味の素スタジアム
FC東京 1-3(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:48分 森重真人(FC東京)、77分 李 忠成、85分 OWN GOAL、87分 興梠慎三
入場者数:33,493人
試合速報
Jリーグ


「敵失」

相手の前線からのプレスと荒れたピッチに苦しんだ前半。なんとか無失点で凌ぎ、攻撃のテコ入れとばかり高木に代わり李を投入した早々にPKを奪われてしまい、逆に追いかけるという厳しき船出となった。

潮目となったのは相手の交代策。58分に河野から丸山、67分に中島から高橋を投入し、敵将曰く「予定通り」の流れで、5-4-1としっかり守備網を敷いて逃げ切るはずであった。

しかし、苦しめられたハイプレスから解放されたレッズの選手達は、持ち場から1枚1枚相手を剥がして、ボールを前へ運びチャンスを作り始める。さらに両ワイドからの仕掛けも増やすことで、DFラインを押し込み、クロスの質も高くなった。

それが実を結んだのが77分。関根のクロスから李がDF丸山を振り切って頭で押し込み同点。さらに85分にはズラタンのクロスからオウンゴールを誘発し逆転。さらに87分にライン際で残した青木からのパスを受けた駒井のクロスを興梠が決めて追加点。東京の加勢を根こそぎ削ぎ切った。

相手のホームゆえ、敵将の心内にはそれなりにプランがあったと思う。1stでは表舞台ではなかったものの、黒子として目前で逆転負けを食らっているだけにそれはなおさらだろう。

サッカーでの潮目というのは、90分の中では何度もある。今回は敵失が試合の流れを変えたと言っても過言ではないし、むしろそれをピッチ上の選手達が感じとって、限られた時間の中で3得点を奪ったのは素晴らしかったと思う。

Cimg9961 Cimg9975 Cimg9991

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.16

2ndステージ第12節 FC東京戦プレビュー

アウェー:味の素スタジアム
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、高木、武藤
FW:ズラタン

【展望】
2ndステージも残り6試合。明日はアウェー味の素スタジアムにのりこみ、FC東京と対戦する。

FC東京は現在、2ndステージは5勝1分5敗の勝点16で第10位。年間順位は11勝6分11敗の勝点39で第10位である。

前節はホームで湘南をむかえ対戦。序盤は湘南が攻勢を強めチャンスを作るものの決めきれず、逆に東京は前半終了間際に中央でパスを受けた中島がそのままドリブルで持ち込んでから右脚一閃。地を這う強烈なミドルシュートが決まり先制。後半には75分にパス交換から河野がミドルシュートを決めて追加点。さらに橋本からのクロスを前田がヘディングで決めて3点目。勝負を決しこれで公式戦5戦負けなしとなった。

一方のレッズは前節はホームで鳥栖と対戦。鳥栖のカウンターを警戒していたものの、那須を中心としたDF陣が豊田をしっかり監視し仕事をさせず、41分と44分に右サイドの関根を起点に宇賀神、武藤のゴールで加点。結局2-0で勝利し、リーグ戦の連敗を2で止めた。

FC東京は前回対戦の6月以降敵将が代わり再び上昇軌道にのりつつある。来月のルヴァンカップ準決勝での再戦するゆえ、タイトルを見据えた対戦と言っても過言ではない。特にリオ五輪で活躍し前節ゴールも決めた中島や、レッズ戦には相性がいい平山も控えており、決して侮れない。

残り試合が少なってくる状況で、これ以上勝点を落とせないというプレッシャーの中、相手は当然ながらパスミスや安易なプレーからの逆襲を狙っているはずだ。しかしレッズとしては相性のいい相手に確実に勝利し、勝点3を積み上げてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.10

【2ndステージ第11節 鳥栖戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節 vsサガン鳥栖 試合結果

9月10日(土)に行われました『明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節 vsサガン鳥栖』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節
2016年9月10日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-0(前半2-0) サガン鳥栖
得点者:41分 宇賀神友弥、44分 武藤雄樹
入場者数:28,167人
試合速報
Jリーグ


「不変」

指揮官はカップ戦からメンバーを替えてくるかと思いきや、攻撃陣は好調を維持しているズラタン、高木、武藤の不変のユニットで形成。また守備も豊田の髙さを警戒してか、CBは遠藤ではなく那須を起用。槙野と森脇で両脇を固め、好調鳥栖をむかえた。

敵将はレッズの良さを消す5バックで応戦。しかし守備に傾注するあまり攻撃への切り替えが遅く、なかなか前線にボールを集めることができず、軸となる豊田は那須がしっかり抑え勢いを削いだ。

一方の攻撃は、柏木や阿部を起点に展開。両サイドにボールを散らすのもそうだが、那須も含め相手の守備を剥がして前線へドリブルで持ちあがるプレーが再三みられ、守備網を困惑させ綻びを生ませた。41分、44分の得点シーンはいずれも右サイド関根のプレーが得点に絡み、個の力で対峙するDF吉田を圧倒し風穴を開けた。

後半も前ががりにくる相手の裏のスペースを衝いたが追加点は奪えず、結局2-0で終了。公式戦2試合連続でクリーンシートを達成し連敗を2で止めた。

これまでスタメンが変わることでチーム全体のバランスが狂うことが懸念されていたが、カップ戦での好調からメンバーを大きく替えず臨んだことは大きかった。またあいまいだった相手守備陣の隙を衝き、積極的に仕掛けて行けたのも大きかったと思う。

これで連敗ストップ。ひとまず区切りをつけたことで残り6試合へ向けていい意味で切り替えてほしい。

Cimg9835 Cimg9857 Cimg9874

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.09

2ndステージ第11節 鳥栖戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
代表戦を挟んで2週間ぶりにリーグ戦再開。明日はホーム埼スタにサガン鳥栖をむかえ対戦する。

鳥栖は年間順位こそ10勝8分9敗の勝点38で第10位であるが、2ndステージは6勝3分1敗の勝点21で第3位と首位川崎、2位浦和に勝点1差で接近している。

2週間前のリーグ戦ではホームで新潟と対戦。双方チャンスを迎える中で決めきったのは鳥栖。64分に相手のミスキックを奪ってそこからカウンター。最後は豊田が冷静に決め先制点を奪いそのまま1-0で逃げ切った。

また先週は天皇杯2回戦でJ3のFC琉球と対戦。先週を数人入れかえて臨み、新外国人のムスタファエルカビルの先制点などもあり、3-1と快勝し3回戦へ駒を進めた。

一方のレッズはリーグ戦、カップ戦と立て続けに神戸との3連戦。リーグ戦ではミスからカウンターを浴び、1-2で敗れたものの、カップ戦ではH&Aと連勝を果たし準決勝進出を決めた。特に代表で抜けた穴を控えの選手達が埋めて結果を残し勝利に貢献したのは大きい。

明日はリーグ戦が再開するにあたり、代表選手達のコンディションが気になるところ。負傷で離脱していた槙野は万全の状態での出場が予想されるが、柏木や五輪組の興梠や遠藤の起用も気になる所である。

カップ戦を挟んでチーム状態は上がっていてもリーグ戦に目を移せば2連敗中。年間勝点1位を目指す上では、これ以上の敗戦は許されない所。特にフィッカデンティ体制となり、さらに守備力が向上してきた相手に得点を挙げられるかがポイントになるだろう。

堅実な相手だからこそ、焦らず展開を判断し自分達のスタイルで攻めきれるだろうか…。カップ戦の好調を持続させて勝点3を奪ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.07

天皇杯2回戦その2

今夜は、ルヴァンカップに出場していたクラブの天皇杯2回戦。

その中でも福岡はJ2山口にPKで敗れるというこちらも波乱が起こりました。また横浜もJ3福島を相手に延長戦までもつれ込みましたが、なんとか振り切って勝利し3回戦へ駒を進めました。

3回戦は22日(木・祝)に全12試合が行われます。

天皇杯日程・結果(JFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.05

天皇杯2回戦その1

3日(土)に天皇杯2回戦のうちルヴァンカップ戦出場クラブを除く20試合が開催。

早くもJ1クラブが3チーム敗退という波乱。

特に注目だったのが、仙台-盛岡の試合。どちらが上のカデゴリーか…というぐらい盛岡の気迫が仙台を凌駕し、終わってみれば5-2の圧勝で3回戦へ駒を進めました。

他に憂き目にあったのが名古屋と松本。レッズもその昔経験しましたが、カデゴリーが下のクラブに敗れると、悔しさというか情けなさが増大するんですよね…(笑)

天皇杯日程・結果(JFA)

Cimg9760

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.04

【ルヴァンカップ準々決勝第2戦 神戸戦】

オフィシャルより

YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦 vsヴィッセル神戸 試合結果

9月4日(日)に行われました『2016JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦 vsヴィッセル神戸』の試合結果をお知らせいたします。

2016JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ準々決勝 第2戦
2016年9月4日(日) 18:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-0(前半2-0) ヴィッセル神戸
得点者:39分 高木俊幸、43分 阿部勇樹(PK)、60分 高木俊幸、84分 李 忠成
入場者数:19,253人
この試合の結果、2016JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝進出が決定いたしました。
試合速報
Jリーグ


「経験と結果」

双方1点奪えば試合の展開が大きく変わる中で起きた指揮官の退場劇。しかし選手達はそんなアクシデントを諸共せず冷静に試合状況を見極めた。

やはり勝負の分かれ目となったのが先制点。39分に藤田のロングスローを大谷が弾いてからのカウンター。青木、関根と競り勝ち最後は高木が1対1を冷静に沈ませ貴重な先制点を奪った。さらに43分に高木が得たPKを阿部が決めて追加点。もうこの時点で勝負はほぼ決した。

神戸もアウェーゴールを奪うべくリスクを負って攻め込むも、GK大谷を中心にこの2戦ストッパーとして奮闘した宇賀神や那須、森脇のDF陣が踏ん張り、クリーンシートで試合を終えた。

終わってみれば4-0。2戦合計6-1の圧勝だったが、レッズにとってはレギュラーメンバーを欠く事こそが苦い経験しかない状況の中、勝ち上がった事は大きいと思う。特に昨シーズン準々決勝の舞台で新潟に完敗を喫した経験を乗り越えた事は意義深い。

レギュラーから外れた選手が活躍する事で、今後いい意味での選手間競争が生まれればそれは良い事だし、さらに耐えた選手が起用されてしっかりと結果を残すというのは、まさしくこの上ない喜びなのである。

Cimg9771 Cimg9794 Cimg9813

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.03

ルヴァンカップ準々決勝第2戦 神戸戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 18:30

【浦和予想スタメン】
GK:大谷
DF:宇賀神、那須、森脇
MF:関根、阿部、青木、駒井、武藤、李
FW:興梠

【展望】
第1戦から中3日。舞台を埼スタに移し、後半90分間の戦いが始まる。

リーグ戦同様に、ビルドアップからの縦パスを奪いカウンターを狙う神戸に対し、レッズはその二の舞を避けるべく、慎重にパスを繋ぎ相手のプレスをかいくぐる。

そして開始早々の6分に、那須のロングフィードに反応した武藤からの折り返しを高木を決めて先制その後大谷のミスで同点に追いつかれるも、前半のうちに再びズラタンのゴールで勝ち越せたのは大きかった。

後半はほぼレッズのペース。相手は好調を維持しスタメンを2人だけ替えて望んでいたが、リーグ戦からの中3日の疲労はやはり厳しく、神戸のペースは一気に落ちたように思えた。

初戦でアウェー2ゴールを奪い、ある程度優位な状況でホーム埼スタに戻ってくるが油断は禁物。神戸はベドロジュニオールが出場停止であるものの、得点を奪うべく開始から速攻かつ攻撃的に仕掛けてくるだろう。当然ながらミスを誘うべくDFラインやGKに対し、強いプレッシャーをかけてくるであろうが、レッズとしては冷静に対応し、ボールを繋いでいけるかがポイントになる。

それゆえ1つのパスミスが試合を大きく左右するかもしれないが、レッズとしても1点を奪えば大きく状況が変わってくる。初戦の勢いをホームにもたらし、残り90分間闘いぬいて次のステージへ踏み出してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.01

神戸遠征あれこれ(カップ戦編)

1週間で2度の神戸アウェーというある意味「苦行」ですが、なんとかこなしてきました(笑)。
さっそく振り返ります~

日曜日に神戸から帰宅してから3日後。
再び神戸行きの荷造りを行ってから出勤。

昼過ぎまで仕事をやっつけてから東京駅へ向かいました。

日本橋口からホームへ。
Cimg9538

14:30発、「のぞみ41号」に乗車。
Cimg9541 Cimg9542 Cimg9544


続きを読む "神戸遠征あれこれ(カップ戦編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »