« 2ndステージ第9節 川崎F戦プレビュー | トップページ | 天皇杯本戦出場 »

2016.08.20

【2ndステージ第9節 川崎F戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第9節 vs川崎フロンターレ 試合結果

20日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第9節 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第9節
2016年8月20日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半1-1) 川崎フロンターレ
得点者:15分 中村憲剛(川崎)、28分 李忠成、74分 森谷賢太郎(川崎)
入場者数:44,176人
試合速報
Jリーグ


「持ち味」

これまで引いた相手との対戦で苦しんでいたレッズにとって、川崎との対戦はまさにチームの持ち味がそのまま試合に反映されるとだけあって、共にガップリ四つの展開となった。その証として双方足を攣っていた選手が多かったのもうなずける。

その中で内容としては、レッズがチャンスを多く生み出していたが、結果としては川崎の勝利。まさしく最後の一手でゴールを決めきれられるかが、勝敗を分けた。

とかくレッズはあと2~3点加えてもおかしくなかった。特に右サイドの関根に代わり先発起用された駒井の縦への突破がチームの推進力を加速させていたが、フィニッシュが決めきらず何度となく天を仰いだ。

一方の川崎はコンパクトに短いパス回しを展開させ、ここぞというタイミングで攻撃陣へ配給。一瞬の隙を衝いてチャンスを生み出し、中村の先制点しかり、森谷の決勝ゴールをお膳立てした。

少ないチャンスの中で決めきる力こそ強いチームの証でもある。現状年間勝点1位である川崎はその能力を大一番でかつアウェーの舞台で示して勝点3を奪った。だが一方のレッズは、森脇や宇賀神のアクシデントがあったとはいえ、結果論であるが途中の選手交代に課題を残した感は否めない。

不慣れなポジションと蓄積疲労の中での追い上げは、結果的に前線でノッキングを起こし、逆に守備の負担を増大させてしまった。臨機応変でかつ柔軟な対応こそ、アクシデントにも耐えられるのかもしれないが、ここぞの大一番でまたしても不安が露呈してしまっては、やはり何も変わらない。

指揮官は自軍を褒めたたえ、スタジアムも悔しさに耐え拍手で奮起を促した。再び広がった勝点差を埋めるのは難しいが、年間優勝へ向けては、再び川崎を倒さない限りその夢は果たせない。

やはり負けた次が大事であり、それこそ鬼門中の鬼門となるノエスタ。ここを克服すべく、再びレッズの持ち味を表現するためにしっかりと切り替える必要があるだろう。

Dsc_0544 Dsc_0551 Dsc_0559

<スカパー公式ハイライト>

|

« 2ndステージ第9節 川崎F戦プレビュー | トップページ | 天皇杯本戦出場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64087242

この記事へのトラックバック一覧です: 【2ndステージ第9節 川崎F戦】 :

« 2ndステージ第9節 川崎F戦プレビュー | トップページ | 天皇杯本戦出場 »