« ルヴァンカップ準々決勝第1戦 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ(カップ戦編) »

2016.08.31

【ルヴァンカップ準々決勝第1戦 神戸戦】

オフィシャルより

YBCルヴァンカップ準々決勝第1戦 vsヴィッセル神戸 試合結果

31日(水)、ノエビアスタジアム神戸にて行われました『2016JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ準々決勝第1戦 vsヴィッセル神戸』の試合結果をお知らせいたします。

2016JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ準々決勝 第1戦
2016年8月31日(水) 19:05キックオフ・ノエビアスタジアム神戸
ヴィッセル神戸 1-2(前半1-2) 浦和レッズ
得点者:6分 高木俊幸、35分 レアンドロ(神戸)、41分 ズラタン
入場者数:7,001人
試合速報
Jリーグ


「折り返し」

遠藤が負傷した槙野のに代わり代表に追加招集されて、さらに主力を欠く中、指揮官は森脇を右に戻し、宇賀神を左ストッパーに据えたDFラインを敢行。そして先発を6人入れ替え試合に臨んだ。

神戸はわずか2名を入れ替えただけで、体力的に不安があったというのもあろうが、ノエスタのピッチコンディションを加味した上で、4日前の反省を生かし、相手の強力FW陣に対し、カラダを張って守りきった。

それだけに大谷のミスは痛く、連係不足と言ってしまえばそれまでかもしれないが、ボールを繋いでいる以上、チームとしても大きな判断ミスであり、結果的に勝ち越し点が奪えたからよかったゆえではあるが、しっかり反省点として今後は同じミスは避けたい。

攻撃陣は、先発起用された高木が自信と持久力がようやく実り始めた感があり、特に武藤とのシャドーはお互いの良さを引き出しあい、相手DF陣を翻弄。結果として1G1Aを記録し勝利に大きく貢献した。また青木もボランチの位置ながらも、時には最前線に顔を出してプレッシャーをかけたり、最終ラインから攻撃を組み立てたりと獅子奮迅の役割を果たした。

とかくノエスタにおいてのリーグ戦での屈辱を果たせたのは大きく、また第1戦でのアウェー2ゴールはとてつもなく大きなアドバンテージとなる。この勝利が本当に活きてくるのは、折り返した後の後半90分間の闘い方に懸ってくる。

台所事情は厳しいだろうが、この日起用された選手達の奮闘ぶりは頼もしかっただけに、この勢いをホーム埼スタに持って行ってほしい。

Cimg9615 Cimg9624 Cimg9628

<スカパー公式ハイライト>

|

« ルヴァンカップ準々決勝第1戦 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ(カップ戦編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64137314

この記事へのトラックバック一覧です: 【ルヴァンカップ準々決勝第1戦 神戸戦】:

« ルヴァンカップ準々決勝第1戦 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ(カップ戦編) »