« 2ndステージ第6節 甲府戦プレビュー | トップページ | 甲府遠征あれこれ »

2016.07.30

【2ndステージ第6節 甲府戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第6節 vsヴァンフォーレ甲府 試合結果

30日(土)、山梨中銀スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第6節 vsヴァンフォーレ甲府』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第6節
2016年7月30日(土)18:04キックオフ・山梨中銀スタジアム
ヴァンフォーレ甲府 0-2(前半0-2) 浦和レッズ
得点者:14分 武藤雄樹、45分 李 忠成
入場者数:15,508人
試合速報
Jリーグ


「礎」

甲府は主力を欠く中、敵将が敷いたのは5-4-1。1トップにドゥドゥを置き、レッズのボールホルダーにプレッシャーを掛け、ある程度サイドは切りこまれても、中央を固める事でカウンターに備えるという算段だったはずだ。

しかし、思いのほかプレッシャーも緩く、またレッズの左右への揺さぶりに対して、ボールウォッチャーになる場面も多く、サイドからの攻めを警戒するあまり、中央の守備がおざなりになり、そこを衝いた武藤や李が相手DFに競り勝ちゴールを決めた。そして後半も相手の隙を衝いて、1対1の局面を2度も演出したが、決めきることができなかったのは、今後の課題である。

この日、終始レッズが試合を支配し、ピンチもわずか数回。まさに安全運転でクリーンシートで試合をクローズさせた。ただそれは早々の得点と以降の守備陣の頑張りゆえの賜物である。

前節早々に交代を命じられた高木がこの試合はフル出場。しかも2点目のアシストができたことで、その自信が大きく変わるはずだ。主力を欠く中での、こういう選手の存在は大きいものである。

また盆地ゆえ暑さへの警戒が心配されたが、ピッチを吹き抜ける風がいつもとは異なり、比較的心地よいものだったのは体力面からしても大きかった。

そういう好条件が勝点3を呼び込む礎になったのかもしれない。

Cimg8903 Cimg8911 Cimg8919

<スカパー公式ハイライト>

|

« 2ndステージ第6節 甲府戦プレビュー | トップページ | 甲府遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/63988419

この記事へのトラックバック一覧です: 【2ndステージ第6節 甲府戦】 :

« 2ndステージ第6節 甲府戦プレビュー | トップページ | 甲府遠征あれこれ »