« 【2ndステージ第2節 柏戦】 | トップページ | 【2ndステージ第3節 仙台戦】 »

2016.07.12

2ndステージ第3節 仙台戦プレビュー

アウェー:ユアテックスタジアム仙台
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
ステージ3戦目はミッドウィーク開催。明日はアウェーユアスタにのりこみ、ベガルタ仙台と対戦する。

仙台は1stステージは7勝2分8敗の勝点23で第10位。序盤こそ勝ち星が先行するも以降2分5敗と7試合勝ちなしの状況が続いたが終盤は4連勝と尻上がりに調子を上げてきた。

前節はアウェーでG大阪と対戦。前半こそ先制点を許するも後半早々にハモンロペスのゴールが決まり、反撃の狼煙をあげるも、終盤パトリックに立て続けにゴールを許し、結局1-3で敗れた。これでステージを跨いで3連敗を喫し、また総失点が9と守備陣の立て直しが急務となっている。

一方のレッズは前節はホームで柏と対戦。前線から襲い掛かる執拗なプレスに苦慮するも、前半32分に得たFKを阿部が決めて先制。さらに後半早々の50分に、興梠からの浮き球のパスを体勢を崩しながらもGKの頭上を越えるシュートを決めて追加点。守備陣も槙野不在の中、那須を中心に久々のクリーンシート達成。ステージを跨いで4連勝とようやく復調傾向になったような気がする。

しかし、そういう中においても、レッズにとってユアスタは鬼門であり、昨シーズンは打ち合いの末4-4のドローを演じ、さらに過去を紐解くと、対仙台戦においてJ1でのユアスタ未勝利という状況が続いている。

白熱した試合を演出したのは、もちろん敵将の浦和対策が功を奏してきたというのもあるし、あのユアスタ独特の雰囲気が、試合の流れを変えてしまうというのもあった。

ミッドウィークの連戦で体力的に厳しいがそのハンデは一緒。復調傾向においての本当の力を見極めるのは、明日のユアスタで勝ってこそなのだと思う。

|

« 【2ndステージ第2節 柏戦】 | トップページ | 【2ndステージ第3節 仙台戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/63907357

この記事へのトラックバック一覧です: 2ndステージ第3節 仙台戦プレビュー:

« 【2ndステージ第2節 柏戦】 | トップページ | 【2ndステージ第3節 仙台戦】 »