« 【1stステージ第15節 鹿島戦】 | トップページ | 【1stステージ第10節 G大阪戦】 »

2016.06.14

1stステージ第10節 G大阪戦プレビュー

アウェー:市立吹田サッカースタジアム
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、遠藤
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
失意の鹿島戦から中3日。明日はACL開催で延期となっていた第10節が開催。ようやく吹田サッカースタジアムにてレッズがお目見えとなる。

前節は敵将の仕掛ける5バックにてこずり、チャンスを作り出す事ができなかった。また守備陣も攻守の切り替えが早い相手に対応が後手後手に回ることが多く、何度もピンチを招いたものの、水際で防いだ感が多かった。

そういう我慢も後半は決壊、失点のきっかけもパスミスからと、らしくないミスが多く、勝点をみすみす失ったように思えた。

一方のガンバは、前節はホームで湘南と対戦。

先制を許すも、前半終了間際と後半早々に逆転し、波に乗り切るかと思いきや再び同点。82分に宇佐美のゴールで勝ち越すも、その2分後に下田のこの日2得点目で再度追いつかれ、結局3-3の引き分けに終わった。

強大な攻撃陣を擁するも、これまでのような打ち勝つ印象が少なく、チーム全体としてパフォーマンスが落ちているのが気になるところ。また今シーズンからホームとして使いはじめた吹田スタジアムも、公式戦2勝2分6敗とまだまだ自分達のホームとして、使いこなしていない印象もある。ちなみにレッズとしては、代表勢が先日のキリンカップでスタジアムの感触を肌身で感じている。

ここまでリーグ戦では3試合無得点。相手の守備的な形に苦しむも、それを打開できない現状からすれば、ここ数試合の結果は不満である。ただACLの敗退から続く閉塞感を打開するためにはどんな内容であれ、得点を奪い勝つことがとても大事である。選手の固定起用も難しい面があるが、明日は森脇が出場停止のため、新たな息吹が感じる事ができるかもしれない。

ステージ優勝こそ可能性は厳しいが、その先を見据えるためにもしっかり勝点3と得点を積み上げ、今週のアウェー連戦を乗り越えてほしい。

|

« 【1stステージ第15節 鹿島戦】 | トップページ | 【1stステージ第10節 G大阪戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/63778981

この記事へのトラックバック一覧です: 1stステージ第10節 G大阪戦プレビュー:

« 【1stステージ第15節 鹿島戦】 | トップページ | 【1stステージ第10節 G大阪戦】 »