« 1stステージ第11節 大宮戦プレビュー | トップページ | 大宮遠征あれこれ »

2016.05.08

【1stステージ第11節 大宮戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第11節 vs大宮アルディージャ 試合結果

8日(日)、NACK5スタジアム大宮にて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第11節 vs大宮アルディージャ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第11節
2016年5月8日(日)16:04キックオフ・NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャ 0-1(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:44分 柏木陽介
入場者数:13,880人
試合速報
Jリーグ


「特別な充実感」

大宮のスタメンをみると、軸となるムルジャは控えでのスタート。

前半は家長と江坂が前線からプレスを掛け、そこからのパスミスを拾って攻撃に繋げるというやり方だったようだ。そして後半にレッズの脚が止まりかけたところでムルジャらを投入し、ホームの声援をバックにスピードとパスワークで勝負を決めるという算段だったのだろうか…。

確かにレッズの攻撃時には、相手は4バックと4人の中盤がしっかりポジションを監視し、ボールの行き先を防いでいた。もちろん中盤に下がってくる興梠や李がはたいて…という場面もあったが、その次が繋がらず決して効果的とはいえず、遠藤や森脇からのロングボールからの攻撃に頼っていた部分が多かったように思える。

しかし、時間が経つごとに相手は組織で守れても、個の勝負になるとミスが目立つようになり、押し込む展開から生まれたのが44分の柏木のゴールだった。

あの場面も、クイックリスタートから柏木が猛然と岩上にプレッシャーを掛けボールを奪取。その後奥井に競り勝った武藤も素晴らしかったが、何よりも柏木のシュートを褒めるべきだろう。

後半、敵将は次々と交代カードを切り外国人選手3人全て投入したが、逆にバランスを崩してしまい攻撃が不発。レッズとしてはターゲットが絞られむしろ守りやすかったのではないかと思う。

2年ぶりのダービーマッチも、敵地ナクスタでしっかり勝利し勝点3を積み上げた。しかし連戦の最後ゆえお互いパフォーマンスが落ちていたのは事実でミスも散見。決して見応えがあったかというと逆に物足りなかった印象もある。

ただこの1戦に向けて、お互いの意地とプライドがぶつかり合ったというのは事実であり、その闘いに勝利したのだから、勝点3以上の特別な充実感で満ち溢れていたのは間違いないだろう。

Cimg6581 Cimg6594 Cimg6613

<スカパー公式ハイライト>

|

« 1stステージ第11節 大宮戦プレビュー | トップページ | 大宮遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/63599963

この記事へのトラックバック一覧です: 【1stステージ第11節 大宮戦】 :

« 1stステージ第11節 大宮戦プレビュー | トップページ | 大宮遠征あれこれ »