« ACL ROUND16-2 FCソウル戦プレビュー | トップページ | 1stステージ第14節 鳥栖戦プレビュー »

2016.05.25

【ACL ROUND16 2ndleg FCソウル戦】

オフィシャルより

ACL2016 ラウンド16 第2戦 FCソウル戦 試合結果

25日(水)、ソウルワールドカップスタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2016 ノックアウトステージ ラウンド16 第2戦 vs FCソウル』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2016 ノックアウトステージ ラウンド16 第2戦
2016年5月25日(水)19:30キックオフ/現地時間(19:30/日本時間)・ソウルワールドカップスタジアム
FCソウル 3-2(前半1-0 後半0-0 延長前半1-0 延長後半1-2 PK7-6) 浦和レッズ
得点者:29分 デヤン ダムヤノビッチ(FCソウル)、94分 アドリアーノ(FCソウル)、112分 李 忠成、115分 李 忠成、120+2分 コ ヨハン(FCソウル)
試合速報
Jリーグ


「失意を希望に」

指揮官、選手達は口々に「2度のチャンス」を悔やんでいた…。無論、いずれもモノにできなかったのだから、当然ながら勝利の女神にも見放されるわけだ。

しかし延長戦、PK戦はあくまで勝負を確実に決するためのルールと割りきるなら、やはり90分間で仕留められなかった事が全てだったように思える。

敵将は第1戦を鑑み、レッズのキーとなる柏木を監視しつつ、両ウイングも守備をおろそかにしなかった。宇賀神や関根、さらに替わった梅崎や駒井がボールを持つたびに2枚で対応し、なかなか勝負をさせてくれなかった。

またシュートは打てども枠内に全く行かなかったというのも、相手の素早いプレッシャーもそうだが、知らぬ間にレッズの攻撃の歯車が噛み合ってなかったというのもあっただろう。

事実上の決勝戦といっても過言ではない壮絶なシーソーゲームは、PK戦までもつれ込み、アジアへの挑戦はソウルの地で終わった。やはり単に惜しかった、切り替えよう…では済まされないぐらい落胆もあるかもしれない。

ただ、ACLこそレッズ自らがさらに向上できる場であるだろうし、Jリーグにはない球際での勝負が堪能できる痺れる大会である。やはりそこに挑戦し続けるためには、Jで結果を出し続けなければならない。

失意を希望に変えるのは選手達自身に懸っている。悔やむだけだったら、何の糧にもならない。だからこそ鳥栖戦はいろんな意味で重要な試合になる。

まずは無事に帰国し、日曜日への準備を整えてほしい。

《テレビ観戦》

Cimg6813 Cimg6815 Cimg6817

<公式ハイライト(Jリーグ)>

|

« ACL ROUND16-2 FCソウル戦プレビュー | トップページ | 1stステージ第14節 鳥栖戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/63685724

この記事へのトラックバック一覧です: 【ACL ROUND16 2ndleg FCソウル戦】 :

« ACL ROUND16-2 FCソウル戦プレビュー | トップページ | 1stステージ第14節 鳥栖戦プレビュー »