« 筆頭株主 | トップページ | 【1stステージ第12節 新潟戦】 »

2016.05.13

1stステージ第12節 新潟戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
GWの連戦から一息入り、明日はホーム埼スタに新潟をむかえ対戦する。

新潟は現在、2勝3分6敗の勝点9で暫定15位。さらにナビスコカップグループステージも1勝2敗。

今シーズンから前柏監督の吉田達磨氏が就任し、これまで柳下氏が築き上げてきたものをベースに上積みを図ったいるが、なかなか結果に反映されていない。特に失点数が20とリーグ最多タイ。前節こそガンバ大阪を相手にスコアレスドローだったものの、それまでは複数失点が続いている。

しかし攻撃面に移すと、元レッズの田中達也が好調を維持している。ここまでほぼ先発起用されて3ゴール。攻撃の起爆剤としてあの前へ向かうドリブリは決して色褪せていない。またチームのかじ取り役となるレオシルバや、サイドバックで異彩を放つコルテースなど、個に長けた難しい相手が多い。

一方のレッズは前節は、アウェー大宮でさいたまダービー。ボールを保持できても、連戦の疲労からパスミスなどが目立ちなかなか攻撃のスイッチが入りにくい状況であったが、前半終了間際に、クリックリスタートから柏木のゴールで先制。後半も終始レッズペースで試合が進み、追加点こそ奪えなかったものの1-0で勝利し勝点3を積み上げた。

おそらく敵将は、これまでのレッズ対策と同様にある程度引いた状況で構え、ロストボールを拾って一気にカウンターを仕掛ける展開が予想される。レッズとしては我慢を強いられる時間帯があるだろうが、これまで培ってきたサッカーで相手の守備を崩したいところだ。ただ気になるのは、初夏のデーゲームゆえ時間が経つごとに体力の消耗が心配される。双方のフィジカル勝負もポイントになってくるだろう。

ACLラウンド16を前にしてのリーグ戦。試合をこなすごとにチームとしての成熟度を感じるようになってきた。それだけに怖いのは慢心という落とし穴であり、1つのミスが失点に繋がる事もある。下位の相手こそ勝点を貪欲に狙ってくる、しっかりと往なして勝利を目指してほしい。

|

« 筆頭株主 | トップページ | 【1stステージ第12節 新潟戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/63623265

この記事へのトラックバック一覧です: 1stステージ第12節 新潟戦プレビュー:

« 筆頭株主 | トップページ | 【1stステージ第12節 新潟戦】 »