« 1stステージ第9節 名古屋戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday6 浦項戦プレビュー »

2016.04.29

【1stステージ第9節 名古屋戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第9節 vs名古屋グランパス 試合結果

29日(金・祝)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第9節 vs名古屋グランパス』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第9節
2016年4月29日(金・祝) 14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-1 (前半1-1) 名古屋グランパス
得点者 25分 柏木陽介、39分 シモビッチ(名古屋)、56分 李 忠成、62分 興梠慎三、65分 武藤雄樹
入場者数:42,547人
試合速報
Jリーグ


「圧力」

猛烈な風が吹き付ける難しいピッチコンディションであったが、戦況を見極め、終始試合をコントロールしていたのはレッズ。特にここ数試合トライしている高い位置からのプレスがしっかり嵌っていた。

やはりポイントとなったのは後半8分の梅崎から駒井への交代。関根を左サイドへ移してからのプレーは圧巻で、特に対面となったDF矢野にとっては、梅崎とタイプが違うだけに後手後手の対応。わずか3分後の李のゴールに結びつけた。

そこからは地上戦で一気に相手を圧倒。特に駒井と関根の両サイドはこれまで以上に縦への突破に狙いを定めて、相手を引きずり出してスペースを作り続けた。後半のゴールラッシュはその賜物であったと思う。

守備陣は、シモビッチにはゴラッソなゴールを決められたものの、それ以外は槙野を中心としたDF陣がカラダをしっかり当てて対応。身長差を圧倒しての気迫は強かったし、俊足の永井にはほとんど仕事をさせなかった。

エアポケットに陥りそうだという思いは杞憂に終わり、圧巻、圧倒を強く感じた90分間。まさしく圧力で相手をねじ伏せたという印象が強かったし、敵将の野望の裏に見える隙を執拗に打ち砕いた。

Cimg6400 Cimg6416 Cimg6435

<スカパー公式ハイライト>

|

« 1stステージ第9節 名古屋戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday6 浦項戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/63554288

この記事へのトラックバック一覧です: 【1stステージ第9節 名古屋戦】 :

« 1stステージ第9節 名古屋戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday6 浦項戦プレビュー »