« 1万人 | トップページ | 【1stステージ第9節 名古屋戦】 »

2016.04.28

1stステージ第9節 名古屋戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
GWの連戦となる初戦は、ホームに名古屋グランパスをむかえ対戦。

名古屋は昨シーズンまでGM補佐を務めていた小倉氏が、西野氏に代わりGM兼務といういわば全権監督として就任。過去現場経験のない新人指揮官として注目を集めている。

開幕戦こそ磐田に勝ち、昨年の王者広島にドローとまずまずの出だしだったが、今月はナビスコカップを含め5試合勝ちなしという状況が続いていた。しかし、前節新潟を相手に2-1で勝利し、ようやく長いトンネルを抜け出しつつある。

主要なメンバーは大幅に入れ替わったものの、これまでのいわばチームの“形”となっていた高さと速さの2枚看板は堅持している。やはり空中戦でのシモビッチと、地上戦での永井の2人がキーマンとなるだろう。

一方のレッズは、前節はアウェー等々力で川崎と対戦。

シドニー遠征から中3日と、より厳しい闘いが予想されたが、気迫あふれるプレスで相手を圧倒。決定的なピンチもわずかで、逆に後半開始早々の武藤のゴールを最後まで守りきり、ウノゼロで久々に等々力から勝点3を持ち帰った。

今後の連戦を鑑みる中で、やはり明日の試合はエアポケットに陥る恐れ十分考えられる。敵将のサッカーはどちらかといえば、オフェンシブなサッカーゆえ、ガチガチに引いて守りを固めてくるとはあまり考えにくい。むしろシモビッチに狙いを定めてからのセカンドボールを拾えるかどうかがポイントになろうかと思われる。

高さと速さを両方消すことは難しい。新たな課題ともいえるが、それを突き詰めてこそのレッズのサッカーだと思う。やはり我慢と時間を強いてでも、この難問を解いて勝点を積み上げてほしい。

|

« 1万人 | トップページ | 【1stステージ第9節 名古屋戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/63551174

この記事へのトラックバック一覧です: 1stステージ第9節 名古屋戦プレビュー:

« 1万人 | トップページ | 【1stステージ第9節 名古屋戦】 »