« 2015年2月1日 - 2015年2月7日 | トップページ | 2015年2月15日 - 2015年2月21日 »

2015.02.14

【NYC 清水戦】

終わってみれば5-3の大味なスコア。

試合後のインタビューで指揮官は5得点よりも3失点の内容に不満を漏らし反省を口にしていた。いずれもパスミスをポジションの低い位置で奪われてのカウンター。

それはこのシステムゆえの諸刃の剣であり、これまで何度も苦汁を舐めてきた。当然ながら、今シーズンも対戦相手はそのウィークポイントを衝いてくるだろう。だからこそ味方同士の距離感をしっかり修正し、リスクを限りなく減らすことも次へ生かすポイントになる。

「ニューイヤーカップ」という新たなる試みでレッズはミシャ体制での初タイトルを獲得した。小さいものであってもカップを制し賞金を獲得できたことは、これまでのトレーニングの順調さを物語る上でとても大事なものである。

いい意味でメンバーの構成に頭を悩ませるも、あと11日で2015シーズンの幕が開ける。

【テレビ観戦】

Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ vs清水エスパルス(レッズオフィシャル)

Cimg0104 Cimg0116

Cimg0139 Cimg0142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.11

【NYC 磐田戦】

熊本戦とメンバーは異なるものの、これまでと同様に裏への動きや逆サイドへの展開が多くみられた。

これは常にビルドアップを意識しているという表れでもあり、やはりこの動きこそミシャサッカーの生命線だと改めて感じた。

この日前線を張ったズラタンや石原、さらに武藤はコンビネーションが良く、両ウイングの橋本と宇賀神と共にワイドに攻撃を展開していたのが印象に残った。

もちろん選手の組み合わせしかり試合の展開しかりで攻撃のバリエーションは変わってくる。あれだけリズムカルに動かせればいいが、実戦となるとどうなるか…。

獲得した選手達の長所をさらに生かし、どう他の選手を組み合わせて今のシステムにはめ込んでいくか…。これこそが指揮官の手腕にかかっていると思う。

【テレビ観戦】

Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ vsジュビロ磐田(レッズオフィシャル)

Cimg0074 Cimg0082 Cimg0086

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.08

【NYC 熊本戦】

賞金の懸かるプレシーズンでの初のカップ戦が開幕。

公式戦開幕まであと2週間余りという中で、テレビで選手達の仕上がり具合をみるには絶好の機会であったが、初戦は熊本を相手にスコアレスドロー。

シュート数は16本。打ちも打ったりであったが、そのうち決定的なチャンスは2~3回ほど。ロングフィードから相手の守備網を崩す展開が何度が見られたのものの、やはりフィニッシュの精度に欠いた感は否めない。

今は、新たな選手達とのコンビネーションや戦術浸透が大事なキャンプの真っ最中。しかし久々にレッズの試合がリアルタイムで観られ、結果はドローであってもいろんな意味で収穫もあった。

もどかしい思いもあったがまだまだ動き始めたばかり。そしてこの日出場してない選手達もいるだけに次も楽しみだ。

【テレビ観戦】

Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ vsロアッソ熊本(レッズオフィシャル)

Cimg0048 Cimg0059 Cimg0065

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月1日 - 2015年2月7日 | トップページ | 2015年2月15日 - 2015年2月21日 »