« 2015年11月15日 - 2015年11月21日 | トップページ | 2015年11月29日 - 2015年12月5日 »

2015.11.28

【チャンピオンシップ準決勝 G大阪戦】

オフィシャルより

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ 準決勝 vsガンバ大阪 試合結果

28日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ 準決勝 vsガンバ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ準決勝
2015年11月28日(土)14:03キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-3(前後半1−1 延長0−2) ガンバ大阪
得点者:47分 今野泰幸(G大阪)、72分 ズラタン、118分 藤春廣輝(G大阪)、120+1分 パトリック(G大阪)
入場者数:40,696人
試合速報
Jリーグ


「嘆きの先」

久々となる120分間の激闘であったが、力及ばず終了間際に立て続けに失点を喫し万事休す。ステージウィナーは決勝に進むことなく散ってしまった。

足をつる選手が多いなかで、最後まで選手達は闘いぬいた。ただチャンスは作るも決して相手を凌駕する場面は乏しく、特に相手の両サイド、藤春、オ・ジェソクを破れず中央をしっかり固めた守備網に手を焼いた。また、ガンバの先制点のきっかけとなった、バックラインからのパス奪取は立ち上がりの出鼻を挫かれ、完全に狙われていた。

一発勝負の試合こそ、1つのミスが致命的になる。延長後半の決勝点もミスからではなかったものの、冷静にパスを繋がれてしまったゆえの結末であり、少しでも相手に詰めきれなかったのか悔やむ場面でもあった。

とにもかくにも負けてしまい、一番欲しかったであろうシャーレにまたしても袖にされてしまった。ただ今シーズンの年間勝点72はクラブ最高の成績であるゆえ、力はついている。それだけに「運がない」、「勝負弱い」と嘆き続けるのは、なんとも歯痒い限りだ。

ただ結果は結果として、力負けした事実は残る。再び与えられたチャンスをふいにしてしまったのだから、悔しさも大きいと思う。

だからこそ1ヶ月先の天皇杯は、最後のタイトル奪取もそうだが、再び信頼を取り戻すためにのチャンスといっても過言ではないだろう。

Cimg4712 Cimg4719

Cimg4734 Cimg4748

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.27

チャンピオンシップ準決勝 G大阪戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、梅崎
FW:李

【展望】
今シーズンより新たな「チャンピオンシップ」に生まれ変わりポストシーズンが開幕。年間王者をかけてまずは準決勝。G大阪を埼スタにむかえ対戦する。

G大阪は最終節は山形に4-0と完勝。特に61分からわずか5分間の間に4得点と相手の隙を一気に衝いて加点。レギュラーシーズン最後となる万博最終戦を白星で飾り、そして3位FC東京が鳥栖と引き分けたため、逆転でCS出場を決めた。

一方のレッズは最終節は神戸と対戦。相手どうこうよりも最終節そのものに弱かったが、相手の守備の拙さも手伝ってか立て続けに3得点を奪い先制。しかし後半にかけてミスもあり2点を返されるものの、その後途中出場した青木、梅崎のゴールで突き放し5-2で勝利し、久々に有終の美を飾った。しかし年間勝点は首位広島に届かず2位で終了。CSは準決勝からの出場となる。

埼スタのG大阪戦といえば、思い出すのは昨年の第32節。あの時と違うのは勝たなければいけないということ・・・。それゆえどこでギアを上げ勝負を仕掛けるかがポイントになる。あの時あまりにも高い授業料を払った結果を1年後にどう生かすのか・・・。指揮官の采配もそうだが、選手達のメンタルも重要になってくる。

逆転でCSへの権利を得た相手のモチベーションはより高いだろう。その想いをホーム埼スタの雰囲気で打ち消すことができるだろうか・・・。久々のCSでいろんな角度からの注目度が高い分、一番怖いのはフワッとした空気で試合に入ることだ。

挑戦者として新たなスタートを。そしてもう1度頂点を目指すべく、まずは初戦突破を果たしてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.24

浦和の男

挨拶の中での突然の引退発表。

それは自分にとって驚きでもあったが、頷けるものでもあった。

昨年からは不整脈を患い、彼自身にとって厳しいシーズンだったに違いない。

治療と並行してピッチに立つべくトレーニングを欠かさない姿は若手の見本だった。

浦和の男でピッチを去るその姿は凛々しくもあり、愛嬌もあり、そして憎めない頼もしい男だった。

ボランチというポジションゆえ、決して目立つ存在ではないが、我々の心の中では、レッズの歴史を振り返るうえで、大事な大事な心臓であったことは忘れない。

お疲れさまでした。これからの人生、幸多かれし事を祈ります。

鈴木啓太 現役引退のお知らせ
鈴木啓太 退団セレモニー(いずれもレッズオフィシャル)

Cimg4684 Cimg4686

Cimg4698 Cimg4703

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.23

リーグ結末

今日は、J2及びJ3の最終節。共に劇的でドラマチックな幕引きとなりました。

J2の注目の1つ目は、自動昇格枠争い。磐田と福岡が同じ勝点で並び、共にアウェーでの戦い。

共に点を取り合う中で、刻々と順位が変動。終了間際には磐田が同点にされ、福岡がリードという状況。そのままであれば、福岡が2位でしたが、その後ATに磐田が小林の勝ち越しゴールで勝利。勝点82で再び並んだものの得失点差「3」で、2位に滑り込みJ1復帰を果たしました。

また昇格プレーオフ争いは、6位の長崎は北九州に敗れたものの、逆転可能だった東京Vや千葉が相次いで敗れ、順位をキープし2度目のPO進出を果たしました。これでPOは「福岡(3位)-長崎(6位)」、「C大阪(4位)-愛媛(5位)」との対戦となります。

J3でも首位山口と2位町田の同勝点での争い。山口がビハインドの状況からAT6分に同点ゴールを決め、すでに終了していた町田が長野と引き分けという事から、山口が優勝し参入1年目でのJ2昇格を果たしました。

この結果は2位町田はJ2リーグ21位の大分とH&Aでの入れ替え戦に臨むことになります。

2015J1昇格プレーオフ 出場チーム決定!
2015J2・J3入れ替え戦 開催および出場チーム決定のお知らせ(いずれもJリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.22

【2ndステージ第17節 神戸戦】

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第17節 vsヴィッセル神戸 試合結果

22日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第17節 vsヴィッセル神戸』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第17節
2015年11月22日(日)13:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 5-2(前半3-1) ヴィッセル神戸
得点者:2分 武藤雄樹、9分 李 忠成、13分 柏木陽介、26分 石津大介(神戸)、65分 森岡亮太(神戸)、77分 青木拓矢、84分 梅崎 司
入場者数:52,133人
試合速報
Jリーグ


「現実と未来の狭間」

開始早々から3点を奪取。神戸の守備の拙さもあったが、それ以上に左右から相手を揺さぶり前へ攻撃を展開する姿勢に久々に会心のサッカーだと感じていた・・・。

ただ敵将がDF北本を下げ、前田を投入するとしっかり修正。石津のゴラッソなミドルシュートを皮切りに徐々に流れは神戸に傾いていく。

後半に入ると、永田のミスから1点差とされるものの、77分に青木、さらに84分に梅崎と途中出場の選手がそれぞれ追加点を奪い5-2で快勝し、レギュラーシーズンの締めくくりを飾った。

特に主力を数人欠く中で、守備陣のミスを攻撃陣でカバーできたのは大きかったと思うし、そういう中で勝点3を積み上げられたことは良かったと思う。

34試合で挙げた勝点は「72」。優勝した06年以来のレッズとしてのシーズン最高勝点だったが、現実は2位という別な意味で厳しい結果となった。2年連続での年間勝点2位というのは、素晴らしい成績であるものの、やはりどこかしらモヤモヤしたものもある。

ただ今年からはチャンピオンシップを勝ち上がらなければ年間王者というタイトルは奪えない。そう考えると、現実としてはようやくスタートラインに立てたと言っても過言ではない。

久々のCS開催。現実と未来の狭間で選手達のサポーターも難しい心境ではある。矛盾も多々あるが、それば全て終わってから語るべきであろうし、今は与えられたチャンスがある以上、あと3試合立ち向かうべきだろう。

そして再び埼スタでサポートできる幸せをポジディブに捉えて、CSに臨みたいと思う。

Cimg4645 Cimg4669

Cimg4678 Cimg4693

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月15日 - 2015年11月21日 | トップページ | 2015年11月29日 - 2015年12月5日 »