« 2015年10月25日 - 2015年10月31日 | トップページ | 2015年11月8日 - 2015年11月14日 »

2015.11.07

【2ndステージ第16節 川崎F戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第16節 vs川崎フロンターレ 試合結果

7日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第16節 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第16節
2015年11月7日(土)14:03キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半1-1) 川崎フロンターレ
得点者:28分 興梠慎三、44分 森谷賢太郎(川崎)
入場者数:46,597人
試合速報
Jリーグ


「現実的な選択」

結果だけを切り取れば痛恨のドロー。しかしその内容や終わってからの選手達の所作を見てた限りでは、止むを得ない割り切りがそこにあったのかもしれない。

前半こそ1-1で終えるも、内容は悪くなくあと1点奪えるかが駆け引きのポイントだと思っていた。しかし大久保を欠く川崎はあえて開始からずっと中村が前線から猛烈にプレスを掛け、いわば0トップのような存在感を示し、さらにその周囲を大島、森谷のトライアングルで囲んで、レッズのパスの出所をサイドに追いやり限定させていた。

またDFラインはしっかり中央を固める事で、確実にボールを奪ってからカウンターを発動させていたが、0トップゆえの弊害もあり、チャンスを作れどフィニッシュに欠けてしまっていたのはある意味助けられた。

レッズも中央がダメならサイドからと、執拗に槙野を起点とした左サイドから攻めるも、逆にそれがバランスを崩す要因となったことは反省しなければならないだろう。

終盤は那須が負傷。阿部がバックラインに入るというスクランブル体制で臨んでしまうと守備一辺倒の状況となり、そうなるといくらキープ力に長ける興梠めがけて放り込んでも後が続かず、そのあたりから、負けないサッカーという現実的な選択をしたのではなかろうかと感じた。

もちろんこの選択には正解も不正解もない。勝てなかったことを悔やむのか、負けなかったことをポジディブに考えるのか…。ただ今シーズンはあと1試合+αがあるというのを、肝に銘じなければならないということだ。

Cimg4395 Cimg4405 Cimg4411

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.06

2ndステージ第16節 川崎F戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、加賀
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、興梠
FW:ズラタン

【展望】
リーグ戦終盤にもかかわらず、飛び石のような日程に惑わされている中での第16節。明日は久々のホーム埼玉スタジアムに川崎フロンターレをむかえ対戦する。

川崎は現在、年間6位、2ndステージ8位と、いずれも前節でCS進出には進めず残す、タイトルは天皇杯のみとなっている。

モチベーションとしては難しいところではあるが、それに輪をかけるように明日は現在得点王の大久保が前節退場処分により出場停止。さらに怪我人も相次ぎ、翌週の天皇杯を控え大きくメンバーが替わる可能性もある。

しかし主軸となるベテラン中村を中心に、前回等々力対戦時で活躍をみせた車屋や売り出し中の中野、森谷など、若い選手達の伸びしろもある。穴を埋められる選手が後に控えているだけに、決して侮ることはできないし、油断は禁物だ。さらにそういう空気こそレッズが苦手とするものでもある。

一方のレッズは森脇が累積警告による出場停止。今週のトレーニングでは加賀が主力組として穴を埋めており、スタメンの可能性もある。当初はDFが欠けると4バックにすることもあったが、彼が起用されるのであればリーグ戦初でもあり、期待したいところだ。

また攻撃陣も前節ズラタンをトップにシャドーに興梠、武藤を配置してようやく結果が表れたことから、今節も踏襲する可能性が高い。特にズラタン、興梠共に懐に深く納められるだけに、中盤からの押し上げが嵌れば、相手のDFラインを切り崩せるチャンスも出てくるだろう。

リーグ戦も残り2試合となるが、今シーズンからは、さらに目指すべき闘いが待っている。指揮官にとっては難しい舵取りではあるが、2試合+αをしっかり勝ちきれば、その先には世界も待っている。

年間最多勝点を目指すには他力であるが、全て同時刻開催。まずは己に打ち勝つ事が大事であるゆえ、90分間集中して闘ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.03

てっぺん

各カデゴリーが大詰めを迎えていますが、J3も昇格争いがここにきて過熱してきました。

J3は参入初年度の山口が首位を独走していましたが、前節(対長野)、今節(対藤枝)と連敗を喫しているうちに、2位町田と勝点が並び(73)、得失点差で分け合っている状況となってきました。また3位長野も勝点66で他力ながらも可能性を残しています。

いずれもJ2ライセンスを取得しているため、残り3試合の結果如何で、自動昇格、入れ替え戦、残留といずれに別れる事になります。

明治安田生命J3リーグ順位表(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.02

激励

確かにそういう雰囲気になりますよね…

やっぱり、レッズは全てを敵に回している感じ…(笑)

【御礼】福島ユナイテッドFCサポーターの皆様へ(町田オフィシャル)
激励横断幕を受け、町田が福島サポーターに向けて感謝文を発表(ゲキサカ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.01

ヒートアップJ2第39節

この試合を含めて残り4試合。ここにきて首位大宮が勝利から遠ざかり2位磐田と勝点が4差。

さらに3位福岡も詰めており、結果如何では一気に差が縮まる可能性もありましたが、上位3チームは無難に勝利。大宮は久々の勝点3で自動昇格内の2位以内へ大きく近づきました。

むしろ白熱しているのは2位争いとPO圏内争いで、まだまだ予断を許さない状況が続いています。また降格争いも最下位栃木が徳島とアウェーで対戦。リードしながらもATにゴールを決められ、痛恨のドロー。

その結果21位大分とは変わらず4差。残留圏となる20位岐阜とは8差と、数字的には厳しい状況ですが、なんとか自動降格を避けたいところでしょう。

J2第39節結果
明治安田生命J2リーグ順位表(いずれもスポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月25日 - 2015年10月31日 | トップページ | 2015年11月8日 - 2015年11月14日 »