« 2015年10月4日 - 2015年10月10日 | トップページ | 2015年10月18日 - 2015年10月24日 »

2015.10.17

【2ndステージ第14節 G大阪戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第14節 vsガンバ大阪 試合結果

17日(土)、万博記念公園陸上競技場にて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第14節 vsガンバ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第14節
2015年10月17日(土)14:03キックオフ・万博記念公園陸上競技場
ガンバ大阪 2-1(前半1-0) 浦和レッズ
得点者:7分 阿部浩之(G大阪)、59分 長沢 駿(G大阪)、90+1分 ズラタン
入場者数:18,638人
試合結果
Jリーグ


「ミスからのダメージ」

鳥栖戦同様に懸念された、フワッとした入りからの失点。

試合勘、疲労など選手間の事情はあるにせよ、1歩目の出足が遅れては、五分の争いではあっさりボールを奪われてしまう。さらにこの日多発したパスミスが自らの動きを封じ込め、攻守至る所でノッキングを起こしてしまった印象が強く残る。

後半開始から高木、さらに途中からズラタンも投入し、攻撃が活性化されシュート数は相手の3倍となる21本。しかしゴールが遠く終了間際に1点を返すのがやっとで万事休す。久々の敗戦だったが、あれだけミスが多ければ、それだけ受けるダメージは大きいものであろう。

勝点を手繰り寄せるためには、ミスはゼロにはできないものの極力減らして、チャンスを生かしきることが大事だし、下を向くのはまだ早い。ミスは修正できるものであり、与えられた時間は少ないが、もう一度連携を確認し、次への闘いへ舵を切って欲しい。

Cimg4182 Cimg4190 Cimg4192

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.16

2ndステージ第14節 G大阪戦プレビュー

アウェー:万博記念競技場
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、梅崎
FW:興梠

【展望】
代表戦による中断を挟み、2ndステージもいよいよ大詰め。明日はアウェー万博記念競技場にのりこみ、ガンバ大阪と対戦する。

ガンバは現在3つの大会を同時並行でこなしており、直近はナビスコカップ準決勝。第1戦こそ1-2で落とすも、ホームでの第2戦は積極的にボールを運んで、ゴールを狙い続け、結局2-0で勝利。1勝1敗ながら得失点差で新潟を退け、2大会連続で決勝進出を果たした。

一方のレッズは、前節は2週間前、ホームで鳥栖をむかえ対戦。立ち上がりから引いて守る鳥栖の守備に手を焼くも、興梠のゴールで先制。しかしハーフカウンターを浴び同点にされてしまう。その後はようやくエンジンがかかったかのごとく猛然とゴールに迫るも時すでに遅し。1-1で引き分け、足踏みとなった。

結果論だか、とかく感じたのは試合への緩い入り。スタジアムを包む空気もどこか抜けているような感じがして、微妙な内容だったと思う。

明日はガンバはパトリック、倉田が出場停止。しかし宇佐美、赤嶺、リンス、さらに遠藤、今野とまだまだ曲者という名の強者が揃っている。彼等は直後にACL広州恒大戦を控えているが、主力が欠くことを決して悲観せず、むしろその先を見据えてモチベーションを上げてくるだろう。それだけに油断大敵は当然の事であるが、ケアを怠ると一気に畳み掛けられる可能性もあるので、しっかり肝に銘じたいところだ。

レッズにとっては今節、次節と難敵が続く。しかしこの両峰を超えない限り頂には届かない。これまで苦虫を噛んだ“終盤の失速”という負の歴史を払拭できるか。浦和レッズのJでの歴史を最初に刻み始めた“万博”でのラストゲームに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.11

ナビスコカップ準決勝

7日(水)に第1戦。そして今日第2戦が行われました。

鹿島-神戸は鹿島の2勝。G大阪-新潟は1勝1敗。得失点差でG大阪が勝ち抜け、それぞれ決勝進出を決めました。

そして31日に埼スタで行われる決勝戦は「鹿島-G大阪」という実は初めてのカードとなります。

Jリーグヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦(Jリーグ)
鹿島4-1神戸
G大阪2-0新潟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月4日 - 2015年10月10日 | トップページ | 2015年10月18日 - 2015年10月24日 »