« 2015年8月9日 - 2015年8月15日 | トップページ | 2015年8月23日 - 2015年8月29日 »

2015.08.22

【2ndステージ第8節 仙台戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第8節 vsベガルタ仙台 試合結果

22日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第8節 vsベガルタ仙台』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第8節
2015年8月22日(土)18:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-1(前半2-1) ベガルタ仙台
得点者:10分 柏木陽介、23分 梁 勇基(仙台)、37分 武藤雄樹、75分 ズラタン
入場者数:33,932人
試合速報
Jリーグ


「支える影」

敵将曰く「対浦和、直近2試合の守備の反省を踏まえ・・・」システムを4-4-2から5-4-1へ変えて臨んだ。しかし始まってみると、どこのポイントでレッズを封じるのかが曖昧で、中盤に鎮座する柏木を封じることができず、生命線である縦パスを何度も入れることができた。

中途半端なボールロストを避けたかったが、決して相手も素早いカウンターを仕掛けるわけでもなく、レッズとしては相手に助けられた時間帯もあった。

もちろん柏木のFK秀逸であったがそれ以上に圧巻だったのは2点目であろう。柏木→梅崎→興梠→武藤と途切れることなく繋いだボールはまさしく相手を崩したゴールであり、それこそこれまで培ってきた成果だと思う。

野沢、リャンと繋がれた失点しかり、バックパスの判断ミスでエリア内でのFKを与えるという珍しいプレーしかりと、守備陣は決して万全なものではなかった。しかし結果としては3連勝とステージ序盤の不調を脱し、着実に勝点を積み上げている。

夏場の試合でこそ内容よりも結果が求められる。選手達の疲労は表裏一体であろうが、今日は久々にスタメンを張ったベテラン平川がフルタイムで獅子奮迅の活躍を見せた。さらに控えの青木も早々に退いてしまった柏木の代役をしっかり努めた。

彼らの活躍こそ復調気配のレッズを影で支えており、まさしく頼もしい限りなのである。

Cimg3569 Cimg3589 Cimg3609

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.21

2ndステージ第8節 仙台戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 18:30

【2015シーズン】
浦和<2nd>:3勝2分2敗:勝点11 <8位>
  <年間>:15勝7分2敗 :勝点52 <1位>
仙台<2nd>:1勝1分5敗:勝点4 <17位>
  <年間>:7勝6分11敗 :勝点27 <13位>

【対仙台 リーグ戦対戦成績(J2対戦時含む)】
8勝8分3敗(カップ戦:2勝0分0敗)

【今シーズン対戦】
1st第11節(5/10) 仙台4-4浦和
浦和】【仙台】【Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:橋本、阿部、柏木、宇賀神、武藤、梅崎
FW:興梠

【展望】
8月も後半に入り、連戦もようやくひと段落。明日はホーム埼玉スタジアムにベガルタ仙台をむかえ対戦する。

仙台は1stステージは7位とまずまずの出だしだったものの、2ndステージは未だ1勝。特に失点数が14と多く、前節のアウェー鹿島戦では野沢の2ゴールでリードするも、終盤に守りきれず逆転負けを喫し、なかなか流れをつかみきれていない状況である。年間での得点は上から5番目と決して上位陣にひけをとらないが、FWウィルソンの離脱が大きい。

一方のレッズは前節はホームで湘南と対戦。相手のハイプレスにミスを誘発され、何度となくピンチを招いた。しかし守備陣が奮闘し、槙野のゴールを守りきり、9試合ぶりの完封勝利で勝点3を積み上げた。

明日は関根が累積警告で出場停止。おそらく橋本が左、宇賀神が右に配置される事が予想される。特に橋本は元々ポテンシャルが高い選手。レッズのサッカーは両ウイングの運動量がポイントとなるが、どれだけ自らの特性をアピールしチームに貢献できるか期待したい。

中断明けの新潟戦から2連勝。ようやく復調気配が見えてきた。暑さゆえなかなか内容が伴わない部分もあろうが、我慢を重ねて結果に結びつけた事が大きい。そして次節も調子の上がらない相手ゆえ、まずはしっかり力の差を見せて勝点3を奪ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.19

変更

先日、芝の悪化によりリーグ戦の1試合をノエスタから神戸ユニバへ変更した神戸ですが、来月7日に行われるナビスコカップ第2戦においても、神戸ユニバへ変更。

さらに先約の都合で調整を行った結果、KOが2時間遅い20:00KOとなることがリリースされました。

変更になった事実は致し方ないとは思うのですが、やはり日曜日の20:00KOというのは、スタジアムから足を遠ざけてしまいかねません。

さらに第2戦という事で戦況によっては、延長戦、さらにPK戦まで…という可能性もあるだけに、なんとも言えないですよね…

【重要】9/6(日)ナビスコカップ準々決勝第2戦vs.柏のキックオフ時刻と開催スタジアムの変更およびチケット販売に関するお知らせ(神戸オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.18

複雑

2ndステージから、難解なチャンピオンシップ(CS)を理解させるために、「暫定トーナメント表」なるページを開設しました。

今節を終えて、1stステージ不調だった鹿島が2ndステージ首位に立ったことから、現時点で「年間1位」、「2ndステージ1位」、「年間2位」「年間3位」の4チーム出場のトーナメント表が出来上がっているようです。

やっぱりややこしいですなぁ…

【2ndステージ第7節終了時、CS日程暫定版】
1回戦<11月25日(水)> 広島(年間2位)-FC東京(年間3位)
準決勝<11月28日(土)> 鹿島(2nd1位)-1回戦勝者
決勝戦<12月2日(水)&5日(土)>浦和(年間1位)-2回戦勝者【H&A】

2015Jリーグ チャンピオンシップ特集トーナメント表(Jリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.17

残留

昨日の結果をもって、レッズは年間勝点が「52」。そして年間16位の松本山雅の年間勝点が「21」。

リーグ戦、松本が全勝してもレッズの勝点には届かないので、残り10試合を残して、今シーズンのJ1残留が確定しました。

優勝争いもいいのですが、やはり降格を知る人間にとってみれば、残留の一報が一番なんですよね…(笑)

2ndステージ第7節順位表(Jリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.16

【2ndステージ第7節 湘南戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第7節 vs湘南ベルマーレ 試合結果

16日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第7節 vs湘南ベルマーレ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第7節
2015年8月16日(日)18:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) 湘南ベルマーレ
得点者:58分 槙野智章
入場者数:36,185人
試合速報
Jリーグ


「結果と現実」

レッズ対策で相手が前から嵌めてきているのは分かっていたはずだ。しかしそれを往なそうとしても、今回ばかりは相手もしぶとく付いてきてボールを奪いに来る…。それゆえ指揮官の言葉を借りるならば「結果が全て」の試合。それだけ難儀であったし、タフな試合だった。

連戦の最中とはいえども、開始早々から湘南の選手達はボールホルダーに対し、複数でアプローチしてくる。いわゆる「湘南スタイル」は堅守速攻ゆえ、不用意なパスミスは即ピンチにつながり、何度かそういう目に晒された。

しかし、レッズの選手達は逸る気持ちを極力セーブし、相手の出方を見極めてから、自陣右サイドを起点にボールを展開し、来たるべきチャンスを見計らっていたように見えた。

それだけに槙野が奪った1点というのは大きかったし、久々の完封勝利はチームを勢いづかせるには十分に意義があった。

これでチームは連勝。満足いく内容には程遠いものの、ミッドウィークでの連戦で勝点6を積み上げられたのは大きい。ただ、こういう季節柄では、内容より結果を求める事は致し方ない現実であろうと強く感じた。

Cimg3508 Cimg3535 Cimg3545

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月9日 - 2015年8月15日 | トップページ | 2015年8月23日 - 2015年8月29日 »