« 2015年7月12日 - 2015年7月18日 | トップページ | 2015年7月26日 - 2015年8月1日 »

2015.07.25

【2ndステージ第4節 名古屋戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第4節 vs名古屋グランパス 試合結果

25日(土)、パロマ瑞穂スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第4節 vs名古屋グランパス』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第4節
2015年7月25日(土)19:04キックオフ・パロマ瑞穂スタジアム
名古屋グランパス 2-1(前半1-1) 浦和レッズ
得点者:19分 OWN GOAL、20分 川又 堅碁(名古屋)、63分 矢野 貴章(名古屋)
入場者数:17,624人
試合速報
Jリーグ


「3分間」

19分に柏木のクロスがオウンゴールを呼び込み先制。しかし再開直後に高い位置でボールを奪われると、一気にパスを受けた永井にドリブルで持ち込まれ、フリーになった川又にあっさり決められて同点。さらに、パスミスからまたしても永井がドリブルで攻めあがると、森脇が競り合いで引っ張ってしまい退場処分。

わずか3分間あまりの出来事。この時間こそ試合全体の流れを変えてしまったといっても過言ではないものだった。

もちろんその後レッズは1人少ないながらも、それを感じさせないぐらい果敢に攻めてゴールを狙っていたが、酷暑と多湿のピッチに徐々に選手達の体力が削がれ、数的不利というハンデが影響を及ぼし、元FWでもある矢野貴章のゴールが重く突き刺さった。

結果としては、前節広島戦での浅野と同様に、俊足の永井1人に翻弄され、連敗を喫してしまった。もちろん失点に帰結する要因はいくつか考えられる。パスミスもそうだが、微妙な距離感が相手とのギャップを埋めきれず、50vs50であってもボールが奪えなくなっている。

2順目に入り、研究し尽くされ強烈かつ圧し掛かるプレッシャーをどう跳ね除けるか。1人少なくても相手を凌駕する力を持っているのだから、選手達自らがその答えを見つけ出すべきだろう・・・。

Cimg3345 Cimg3353 Cimg3365

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.24

2ndステージ第4節 名古屋戦プレビュー

アウェー:パロマ瑞穂スタジアム
キックオフ 19:00

【2015シーズン(ステージ別)】
名古屋<1st>:6勝4分7敗:勝点22 <9位>
     <2nd>:1勝1分1敗 :勝点4  <8位>
浦和<1st>:12勝5分0敗:勝点41 <1位>
   <2nd>:1勝1分1敗 :勝点4  <9位>

【対名古屋 リーグ戦対戦成績(J2対戦時含む)】
18勝5分26敗(カップ戦:4勝0分4敗)

【スタジアム成績(パロマ瑞穂スタジアム)】
3勝1分5敗(リーグ戦のみ)

【今シーズン対戦】
J1第7節(4/25) 浦和2-1名古屋
浦和】【名古屋】【Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、高木
FW:興梠

【展望】
梅雨が明け猛暑の中でも試合は続く。明日はアウェーパロマ瑞穂スタジアムにのりこみ、名古屋グランパスと対戦する。

名古屋はナビスコカップでは予選リーグを突破したもののリーグ戦では勝ち越せず8位で終了。2ndステージは初戦こそ湘南相手に敗戦を喫したものの、第2節ではG大阪に2点リードから逆転勝ち、さらに前節清水戦では闘莉王が退場するも、2度のリードを追い付き引き分けに持ち込み、粘り強さを発揮している。

しかし冷静に見れば4試合連続で複数失点を喫しているだけに、付け入る隙は十分にある。ただレッズとしては中盤に網を仕掛けてからのショートカウンターに気を付けなければならないだろう。

相手の前線での選手配置から見ると、おそらく1トップには川又。2列目に俊足の永井と小屋松が起用される可能性がある。いずれもスピードがありさらに縦への突破を得意とし、前節レッズが途中から起用された浅野にキリキリ舞いにされた再現を狙っているだろう。おそらく川又へのボールをしっかり2列目が拾って前への推進力を加速させ、DF陣を自陣へ押し込む展開が想定される。

これまで疲労からか中盤での簡単なボールロストに最大限配慮すべきであり、当然のごとく相手はそこやバックラインを狙ってプレスを仕掛けてくる。しっかり往なして自分達の展開に持ち込めるかどうかが、勝利への鍵となる。

広島戦では敵将の読みで流れが変わり、逆転負けを喫してしまった。それまでの内容が良かっただけに悔しい敗戦だった。ただ無用なプレッシャーからも解放されたのも事実であり、そういう意味でも重要な一戦になる…。そして代表選出も勝利へのエッセンスになり得るだろうか。

ミッドウィークを挟んだ酷暑の連戦が続くが、ここを乗り切ってこそその先が見えてくるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.19

【2ndステージ第3節 広島戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第3節 vsサンフレッチェ広島 試合結果

19日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第3節 vsサンフレッチェ広島』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第3節
2015年7月19日(日)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半1-0) サンフレッチェ広島
得点者:35分 関根貴大、67分 浅野拓磨(広島)、84分 青山敏弘(広島)
入場者数:41,492人
試合速報
Jリーグ


「潮目」

1点リードの後半。開始早々からチャンスを生み出し、ゴールを狙うもなかなか追加点が奪えない。63分、ゴール前のこぼれ球に反応した柏木がシュートを放つもゴール脇をすり抜け、直後に広島が佐藤から浅野に交代すると、ゲームの潮目が一気に変わった。

その後すぐの67分。守備への切り替えが遅れドウグラスにドリブルで持ち込まれると、裏を抜けた浅野にパスが通り、電光石火のごとく決められてしまった。特にドウグラスに対しては、それまで槙野が徹底マークし、終始仕事をさせなかっただけに、野津田とのポジションチェンジによって生まれたギャップを埋める事ができず痛すぎる失点だった。

その後レッズは、ズラタン、啓太と立て続けに投入するも、84分にパスカットから浅野がスピードを生かしレッズの選手を3人引き連れてしまい、シュートのこぼれ球を青山に豪快に決められて万事休す。開幕からの無敗記録が19で途絶え、今シーズンリーグ戦で初の敗戦を喫した。

レッズとしては決して試合内容は悪くなかった。相手の出方をしっかり見極めていたと思うが、やはり決める時にはしっかり決めなければいけない。さらに言えることは、敵将森保監督の策が1枚上手だった。

浅野の投入は絶妙なタイミングで、足が止まり始めたレッズにとっては佐藤と始めとしてこれまで広島に在籍していた選手達とは異なるタイプのFWゆえに、その対応にはとても難儀したであろう。

とにもかくにも記録は止まり、年間勝点では勝点2差まで詰められた。

松本戦から続いた3連戦も一段落したが、やはり選手達の疲労は端々に感じられた。もちろん相手の厳しいマークもあったかと思うが、1stとは明らかにパフォーマンスが落ちているのは傍から見てわかる。ただ、久々の敗戦をしっかり受け止められれば、無用なプレッシャーから解き放たれるだろう。

この潮目が再びチームに変化をもたらすのか…。夏場の厳しい試合が続くが、逆境を跳ね除けて攻勢に期待したい。

Cimg3199 Cimg3216 Cimg3227

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月12日 - 2015年7月18日 | トップページ | 2015年7月26日 - 2015年8月1日 »