« 2015年7月5日 - 2015年7月11日 | トップページ | 2015年7月19日 - 2015年7月25日 »

2015.07.18

2ndステージ第3節 広島戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:00

【2015シーズン(ステージ別)】
浦和<1st>:12勝5分0敗:勝点41 < 1位>
   <2nd>:1勝1分0敗 :勝点4  < 7位>
広島<1st>:10勝4分3敗:勝点34 < 3位>
   <2nd>:2勝0分0敗 :勝点6  < 1位>

【対広島 リーグ戦対戦成績】
26勝4分15敗(カップ戦:4勝4分2敗)

【今シーズン対戦】
1st第3節(3/22) 広島0-0浦和
広島】【浦和】【Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、永田、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
再び中3日での連戦。3週間ぶりのホームゲームに広島をむかえ対戦する。

広島は1stステージは3位。2ndステージも2戦2勝といい形でスタートを切った。ここまで年間ではレッズに次いで39得点と得点力を伸ばしている。逆に前節こそ完封勝ちだったが、ここ数試合は複数失点が多く、塩谷の不在が若干影響しているかと思われる。

一方のレッズは、前節はアウェーで山形にスコアレスドロー。3ボランチ5バックという守備網にチャンスというチャンスが少なく、逆にボールの競り合いに破れる事が多く、そこからカウンターを発動され、何度となくGKとの1対1の局面を作られたものの、精度の低さに助けられた。

アウェーでの連戦が続き、疲労がピークだったこと。さらに相手のレッズ包囲網に苦しんでいたことは事実で、プレーそのものが重かったようにも思えた。それだけにここからの切り替えがとても大事になる。

しかしその代償は大きく、山形戦では那須が警告2枚で退場を喫し、明日は出場停止。前回は永田がその穴を埋めながらも、結果に結び付かなかっただけに、誰が起用されるか注目される。

調子が上がっている相手との対戦は難しいだろうが、再び切り替えるにはある意味いいタイミングではないだろうか。

久々となる埼スタでの試合。高温多湿での環境となるだろうが、最後まで走りきって勝点3を奪ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.16

山形遠征あれこれ

久々の山形遠征、振り返ります~。


松本遠征から5日後。山形との試合がミッドウィーク開催という事で、仕事の兼ね合いから、いろいろ思案してルートを見つけました。
それでは振り返ります~。

この日は午前中で仕事を切り上げ、東京駅へ移動。
Cimg3002


続きを読む "山形遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.15

【2ndステージ第2節 山形戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第2節 vsモンテディオ山形 試合結果

15日(水)、NDソフトスタジアム山形にて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第2節 vsモンテディオ山形』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第2節
2015年7月15日(水)19:04キックオフ・NDソフトスタジアム山形
モンテディオ山形 0-0(前半0-0) 浦和レッズ
入場者数:10,849人
試合速報
Jリーグ


「スコアレスの真価」

一言で言えば、辛うじての勝点1。

チャンスらしいチャンスは少なく枠をとらえたわずかなシュートと10本奪ったCKぐらいか。

とにかくセカンドボールが奪えなかったのが要因。興梠が体を張るもその後が続かず、3ボランチの網に引っ掛かるとカウンターを発動され、何度も劣勢立たされた。

しかしながら相手のミスにも助けられ難を逃れのも事実。那須が退場を喫したが、攻めるに攻め切れず消化不良の感も否めなかったように感じた。

中3日での連続アウェーでかつ多湿のピッチで選手達の動きは鈍かった。ただそういう中でも勝ち点を積み上げられたの事実は前向きに捉えたい。

久々のスコアレスドロー。ただその真価が問われるのは、前回スコアレスだった広島とのリターンマッチとなる。

Cimg3114 Cimg3118 Cimg3129

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.14

2ndステージ第2節 山形戦プレビュー

アウェー:NDソフトスタジアム山形
キックオフ 19:00

【2015シーズン(ステージ別)】
山形<1st>:4勝3分10敗:勝点15<15位>
   <2nd>:0勝1分0敗 :勝点1< 9位>
浦和<1st>:12勝5分0敗:勝点41< 1位>
   <2nd>:1勝0分0敗 :勝点3< 6位>

【対山形 リーグ戦対戦成績(J2対戦時含む)】
4勝2分4敗(カップ戦:3勝0分2敗)

【スタジアム成績(NDソフトスタジアム山形)(J2対戦時含む)】
2勝2分1敗(リーグ戦のみ)

【今シーズン対戦】
1stステージ第2節(3/14) 浦和1-0山形
浦和】【山形】【Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:ズラタン

【展望】
前節から中3日で再びのアウェー戦。明日は2011シーズン以来4シーズンぶりとなるNDソフトスタジアムでの山形との対戦となる。

3月の対戦時で敵将石崎監督は、浦和対策として3ボランチを形成。5-3-2という布陣で臨んできた。前線の2人がDFにプレッシャーを掛け、さらにボランチ3人が阿部と青木を監視し、パスの出所を徹底的に封じていた。また5バックでレッズの攻撃の人数と同等にすることで、局面勝負に持ち込むという意図が感じられた。

結果的には阿部のスーパーゴールで勝利を手にしたものの、紙一重ゆえ敵将は同じ形でレッズを封じてくるであろう。もちろん相手はホームゆえ、守備に徹するばかりでなくどこかで勝負に出なければならないだろうが、それこそレッズの焦りを誘ってからのカウンターが想定される。

まずは相手の一連の流れを封じ、あくまで自分達のペースで試合運びが出来るかがポイントになると思われる。

山形は昨シーズン途中から加入したGK山岸がチームの顔としてリーダーシップを如何なく発揮しているが、ここまで公式戦6試合勝ちなしでリーグ戦年間順位も16位と満足いく結果が出ていない。失点数は決して多くないものの、リーグ2番目に少ない得点が課題となっている。

夏場の連戦だがそれは相手も同じ条件。山形も他の昇格チーム同様にタフな体力を有し、最後まで喰らいついてくるだろう。レッズにとって前節同様に苦戦を強いられる時間帯もあるだろうが、しっかり往なして勝点3を持ち帰ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.13

3つの順位表

今シーズンは2004シーズン以来、11シーズンぶりに2ステージ制が復活。

前節からセカンドステージが開幕したことに伴い、順位表も1st、2nd、年間と3つ掲示されるようになりました。

さらにポストシーズンに行われる「チャンピオンシップ」の現時点成績でのトーナメント表も掲示されました。これも口頭や文章だけではなかなか伝わらないJリーグ側の苦肉の策なんでしょうね…(笑)

2015 Jリーグチャンピオンシップ トーナメント表(Jリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.12

松本遠征あれこれ

久々となる松本遠征を振り返ります~

日程が発表されてから、今年のアウェー遠征の中で、一番チケ獲りが難儀とされていたのが、この松本戦。

自分も奔走し何とか手に入れたのが、ホーム側のチケットでしたが、観られるだけでも…と思い遠征を計画しました。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。
Cimg2728


続きを読む "松本遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月5日 - 2015年7月11日 | トップページ | 2015年7月19日 - 2015年7月25日 »