« 2015年6月28日 - 2015年7月4日 | トップページ | 2015年7月12日 - 2015年7月18日 »

2015.07.11

【2ndステージ第1節 松本戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第1節 vs松本山雅FC 試合結果

11日(土)、松本平広域公園総合球技場にて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第1節 vs松本山雅FC』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第1節
2015年7月11日(土)19:04キックオフ・松本平広域公園総合球技場
松本山雅FC 1-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:12分 武藤雄樹、52分 興梠慎三、62分 酒井隆介(松本山雅)
入場者数:18,605人
試合速報
Jリーグ


「恩返し」

敵将反町監督が浦和対策として準備したのは「マンツーマン」。

当初5バックの数的同数で守るかと思っていたが、レッズの選手達が動きにポジションを離れてもしっかり張り付き、ボールの収まるポイントを抑えていた。

レッズは様子見でボールを動かし相手のやり方を見極めると、12分に阿部が興梠とのワンツーをかえして、右サイドを駆け上がる森脇にパスを出すと、間髪要れずにクロス。そこにマークをうまく外した武藤が頭で叩きつけ先制点を奪った。

後半も早々に柏木の粘りと相手のクリアミスから興梠が追加点。一気に畳み掛ける展開も予想されたが、直後のセットプレーから1点返されると様相一変。相手のロングボールにクリアするのがやっとで、なかなか自分達の展開に持ち込めなかった。

それは試合後に指揮官も選手達も言及していたが、あのスタジアムの雰囲気を鑑みるならば、アウェーという状況下でしっかり守りきれたことを称えるべきだと思う。

6年前の忘れ物を取りに来たという思いもあったが、それを知る選手達も今日のメンバーでは梅崎だけ。ただ、あれから時を経て積み上げてきた力を揮し、冷静にそして目の前の相手に磐石に勝点3を積み上げたことは、山雅への何よりの恩返しだと感じた。

Cimg2873 Cimg2885 Cimg2895

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.10

2ndステージ第1節 松本戦プレビュー

アウェー:松本平広域公園総合球技場
キックオフ 19:00

【2015シーズン(1stステージ)】
松本:4勝3分10敗:勝点15 <15位>
浦和:12勝5分0敗:勝点41 <1位>

【対松本 リーグ戦対戦成績】
1勝0分0敗

【スタジアム成績(松本平広域公園総合球技場)】
なし(リーグ戦のみ)
(※カップ戦および天皇杯では1勝0分1敗)

【今シーズン対戦】
J1第4節(4/4) 浦和1-0松本
浦和】【松本】【Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、梅崎
FW:興梠

【展望】
1stステージ終了からわずか中1週。明日から2ndステージが開幕する。

開幕からミッドウィークを挟む3連戦。そのうち最初はアウェー2連戦と難しい闘いが続く。その初戦は松本山雅。

今シーズンはJ1の舞台で戦うも、ステージ終盤は5連敗と一時期の勢いは失っている。ケガ人も多く試行錯誤しながらの出だしとなった。そして来たるべき2ndステージへ向け新たに選手を獲得し、戦術理解に時間を割いている。

1stでの対戦は、相手の強靭なフィジカルの前に23本シュートを放つも、こどごとく打ち返され、決まったのは85分の森脇のシュートというまさに薄氷の勝利だった。しかし、内容を鑑みれば決するのは時間の問題だった。

この反省を生かし、策士反町監督はどのような手を打ってくるだろうか…。

無論レッズにも早いチェックに対しては、どうしても対応が後手になり、カウンターを受ける場面が多々見られる。西川の出だしがあと1歩遅かったら…という局面での場面も多くあったが、試合を重ねるにつれ、そのリスクも減りつつある。

ただ、本当の敵はアルウィンという場所で冷静に闘えるかどうかだろう。小さなスタジアムとはいえ、山雅の色となる緑の占有率は高く、レッズにとって久々のアウェー感を味わうスタジアムかもしれない。

アルウィンと松本といえば、言わずと知れたあの過去の歴史…。ただ、今のレッズはそれを塗り替える地力がついている。

18試合目のリーグ戦。新たな一歩を踏み出せるか難しいアウェーの地での闘いに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.09

フライデーナイトマッチ

ACL準々決勝に進出していた柏とG大阪絡みの2ndステージの日程がリリースされました。

それによると、まず柏との第10節埼スタでのホームゲームは、1日前倒しとなり、9月11日(金)19:30からのナイトマッチ。

また、G大阪との第14節万博でのアウェーゲームは、予定通り10月17日(土)で14:00からのデイマッチとなります。

金曜日のナイトマッチというのは初めてですね。そして19:30KOというのも相まって、金曜の仕事帰りにどの程度集客できるか注目ですねー。

2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ(未発表分) 日程確定のお知らせ(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.07

初夏の夜の夢

等々力では初めての国際親善試合。

ドルトムントを相手に、結果は0-6と川崎にとっては、苦々しい結果でしたが、平日の夜に2万人以上集め、貴重な経験だったでしょうね。

Borussia Dortmund Asia Tour 2015
川崎F0-6ボルシア・ドルトムント(川崎Fオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.06

決勝戦

アメリカとの実力差をまざまざと見せつけられた結果。

とにもかくにも前半の4失点が全てだったかと…。

ただ2大会連続での決勝進出は素晴らしいこと。

堂々と帰国してまたなでしこリーグでその花を咲かせてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.05

引退試合

J1のない週末。

土曜日はJ2をスカパー観戦し、今日は午後から新井場、中田、柳沢3氏の鹿島合同引退試合をスカパーにて観戦。

出場メンバーも豪華で、レッズ関係では都築、山田暢久、現湘南の坪井、そして前鹿島の興梠が出場。他サポであってもとても楽しめた試合でした。

雨の中でしたが、観客も2万人近く集め盛り上がりました。

解ってはいても、ゴールを決めるというのは、なかなか難しいものですねー(笑)

ENCORE合同引退試合(鹿島オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月28日 - 2015年7月4日 | トップページ | 2015年7月12日 - 2015年7月18日 »