« 2015年6月14日 - 2015年6月20日 | トップページ | 2015年6月28日 - 2015年7月4日 »

2015.06.27

【1stステージ第17節 新潟戦】

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第17節 vsアルビレックス新潟 試合結果

27日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第17節 vsアルビレックス新潟』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第17節
2015年6月27日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 5-2(前半2-0) アルビレックス新潟
得点者:21分 興梠慎三(PK)、35分 武藤雄樹、50分 武藤雄樹、57分 興梠慎三、68分 ラファエル シルバ(新潟)(PK)、77分 那須大亮、81分 指宿洋史(新潟)
入場者数:43,606人
試合速報
Jリーグ


「本当の闘い」

予想を覆す圧巻の5得点。

2失点を喫し多少は霞んでしまったものの、ミラーゲームで接近戦に持ち込もうとする新潟を相手に、距離感を保ち球際でのアプローチでは先手を取ることが多く、その積み重ねが大量得点に繋がったと言っても過言ではないだろう。特に縦への攻撃が嵌り、柏木を起点に相手守備陣を翻弄。常に前を向く姿勢でチャンスを作り出した。

しかしながら反省点もある。2失点もそうだが、相手が指宿を投入し2トップに変わってから、ボールを奪いきれない時間が続いた。もちろん彼自身の長身ゆえキープ力の高さも目を引いたが、そこからのパスの繋ぎを止めきれず、対応が後手後手になってしまった感は否めない。

メンタル的にも心配された優勝後の一戦。その心配は杞憂に終わったが、選手達皆が口にするように本当の闘いはここからだ。さらに1stウィナーとして、次のステージはさらに厳しくマークされるであろう。ただこの局面を打開してこそ真のチャンピオンにふさわしいチームに成長するはずだ。

しばしの休息を挟んで、来たるべき新たな舞台へ歩みを進めてほしい。

Cimg2587 Cimg2600 Cimg2603

Cimg2611 Cimg2624 Cimg2635

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.26

1stステージ第17節 新潟戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:00

【2015シーズン】
浦和:11勝5分0敗:勝点38 <1位>
新潟:3勝5分8敗:勝点14 <17位>

【対新潟 リーグ戦対戦成績(J2対戦時含む)】
19勝4分3敗(カップ戦:3勝0分1敗)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:橋本、阿部、柏木、関根、武藤、梅崎
FW:興梠

【展望】
ステージ優勝の歓喜から1週間。明日は最終節。新潟をホーム埼スタへむかえ対戦する。

レッズは、前節宇賀神が退場処分を受け出場停止。そのまま橋本が起用されるのが予想されるが、今週の練習では関根を左に移し、右サイドに平川を起用したという状況からも、直前まで分からない。

一方の新潟は開幕出だしこそ躓き負けが先行しているものの、ナビスコカップでクラブ史上初の決勝トーナメントを決めた5月末から調子を上げてきている。特に前節は湘南に逆転勝ち。復調の兆しを見せてきている。しかしチームのいわば顔でもあるレオシルバの離脱は大きく、彼が担う守備面では大きな改善が見られていないのが不安要素である。

しかし敵将柳下監督はこれまでレッズをことごとく研究し、多々苦しめられてきた。過去も一瞬の判断の差で勝負の行方を分けたこともあり、順位とは裏腹に相当警戒しなければならないだろう。

レッズにとって明日の相手は新潟であるものの、最大の敵は「己」だと思う。選手達は一様に「ステージ優勝はあくまで通過点」とコメントをしているが、何よりも大事なのは明日の勝点3である。

もちろん無敗で1stステージを終えることも1つの栄誉ではあるが、年間勝点1位を目指すべく、再びネジを締め直し一丸で照準を合わせ直す事がとても重要になる。

12月へ向けてのリスタート。心身共に切り替えられるか注目したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.21

神戸遠征あれこれ

記念すべきステージ優勝を果たした神戸遠征を振り返ります~

今回は相方と一緒のため、泊まりでの行程。
いろいろ考えつつルートを決めて、手配しました。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。
Cimg2252


続きを読む "神戸遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月14日 - 2015年6月20日 | トップページ | 2015年6月28日 - 2015年7月4日 »