« 2015年5月3日 - 2015年5月9日 | トップページ | 2015年5月17日 - 2015年5月23日 »

2015.05.16

【1stステージ第12節 FC東京戦】

オフィシャルより


明治安田生命J1リーグ 1stステージ第12節 vsFC東京 試合結果

16日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第12節 vsFC東京』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第12節
2015年5月16日(土)15:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-1(前半2-0) FC東京
得点者:5分 李 忠成、42分 関根貴大、47分 武藤雄樹、74分 前田遼一(FC東京)、76分 梅崎 司
入場者数:42,995人
試合速報
Jリーグ


「17分の1」

2位との直接対決は、終わってみれば4-1の大差。完封こそ逃したものの、内容ではほぼ圧巻だった。

これまでの対戦しかり珍しい結果となったが、この試合に懸ける想いを紐解くとその答えが見えてきたように思える。

相手にしてみれば、勝てば首位。さらにこれまで遠ざかっている埼スタでの勝利。そして昨シーズン味スタでの試合で、負傷退場を余儀なくされた平山の想い等々、敵将の試合前のコメントを見れば、奮い立たせる要素は満載だったように思える。

もちろん浦和対策を講じていただろうが、いざ試合に入ると、気持ちとは裏腹にパスは乱れボールが繋がらず、ことごとく中盤の底やサイドの裏をとられ守備に翻弄された。

これまでであれば、こういう試合こそレッズの方がボルテージが上がるのだろう。しかし彼等はこれまでの反省を憂慮し、決して空回りせず冷静に状況を判断してプレーに徹し、着実に得点を重ねた。

それを振り返るならば、やはり5分の李のゴールで相手の出鼻を挫いたのが大きかったのだと思う。

相手はこの試合に注ぐ気持ちは大きかったが、レッズはあくまでステージの17分の1試合というスタンス。その中で首位に立ち、毎試合待ち受ける強いプレッシャーを跳ね除けて本領を発揮できたのは、成長の証なのだと思う。

Cimg1842 Cimg1859 Cimg1876

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.15

1stステージ第12節 FC東京戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 15:30

【2015シーズン】
浦和:7勝3分0敗:勝点24 <1位>
FC東京:7勝2分2敗:勝点23 <2位>

【対FC東京 リーグ戦対戦成績】
13勝6分7敗(カップ戦:2勝2分1敗)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、高木
FW:興梠

【展望】
連休の連戦も一区切りついたが、まだまだ厳しい闘いは続く。明日は暫定ながらも2位FC東京と再びの頂上決戦となる。

レッズは前節は相性が悪いアウェー仙台戦をシーソーゲームの末、4-4のドローに持ち込んだ。

一時は3-1までリード。しかし貯金もあえなく掃き出され、さらに逆転を許したものの、直後に追いつき、なんとか勝点1を持ち帰った。

連敗中の相手に勝てた試合だったかといえばそうかもしれないが、相性なり戦績を憂慮すれば、勝点1でもポジティブに捉えていいと思う。

一方のFC東京は代表選手が豊富で話題に事欠かない。特にFW武藤はそのプレースタイルが日々進化しており、いまや日本代表やJリーグに欠かせない存在となっている。

しかし本当の力は守備力の高さにある。フィッカデンティ監督の下、昨年来その力を磨いており、今シーズンは7勝のうち4勝がウノゼロ決着。さらに3得点を奪ったのが、前々節仙台戦がようやく初めてという、まさに堅実でいかにも敵将ありきと思ってしまう。

明日は前節後半から途中出場ながら2得点を奪った興梠が負傷のズラタンに代わり久々に先発復帰を果たす。前線の繋ぎ役としての役割が求められる以上に、やはりゴールという結果を今度はホームで見せてほしい。

一方守備面では、仙台戦での4失点の反省が生かされるかが鍵になるだろう。ロングボールからDFラインがズルズル下がってしまうと、中盤でボールを奪われやすくなり、太田などから良質のクロスが上がると、おのずとピンチも増える。またここ数試合標的にされているボランチ柏木へのケアもとても大事になってくるだろう。

毎試合緊張感が高い試合が続く。しかしこれこそ上位の証である。その力をさらに裏付けるべく貪欲に勝点3を狙ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.11

仙台遠征あれこれ

仙台遠征を振り返ります~。

日曜日の昼間の試合。日帰りとは決めていたのですが、今回は指定席だったせいもあり、趣向を変えた新幹線往復の行程にしました。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。8:06発野田線船橋行きに乗車。
Cimg1586 Cimg1588

8:19船橋駅着。8:23発、総武線快速に乗り換え。
Cimg1590

8:48東京駅着。向かったのは上野東京ラインのホーム。
Cimg1591 Cimg1596

8:58発新前橋行きに乗車。
Cimg1593 Cimg1599

真新しい高架を過ぎて、9:03上野駅着。
Cimg1602 Cimg1605 Cimg1608

新幹線ホームへ移動。
Cimg1609

今回は時間もあるので、あえて新幹線での各駅停車で向かう事にしました。
それと特急料金の削減もあるのですが…(笑)ということで、9:22発「なすの255号」郡山行きに乗車。
Cimg1612 Cimg1616

17両編成ということで、乗るのはE6系秋田新幹線こまち号用の車両です。
Cimg1619

やはり長い編成の各駅停車という事で静かな車内です。
Cimg1626

上野駅のエキュートで購入したお惣菜で遅めの朝食(笑)
Cimg1629

今回は週末パスを使っての行程になります。
Cimg1644

10:53郡山駅着
Cimg1652 Cimg1655 Cimg1656

10:58発、やまびこ45号に乗り換え。
Cimg1658

こちらも17両編成。E3系に乗車。
Cimg1661 Cimg1662

こちらは車内販売があるので、わずかな時間ですがコーヒーを…
Cimg1663

11:34、仙台駅着。
Cimg1676 Cimg1677

駅から徒歩で5分ほどの所にある「弁当惣菜 五橋」で、買い出し。
Cimg1682 Cimg1686

買い出しをすませ、最寄りの地下鉄五橋駅から乗車。
Cimg1690 Cimg1692 Cimg1700

20分程で、終点の泉中央駅着。
Cimg1699 Cimg1703 Cimg1704

開場前にスタジアムそばの公園で昼食。
Cimg1706 Cimg1707

五橋で購入した「玉子焼き弁当@580円」。美味しゅうございました。
Cimg1713 Cimg1716

デザートは仙台駅で購入した凍天(しみてん)。
Cimg1710 Cimg1712

そして開場。
Cimg1725 Cimg1727

試合はドロー
Cimg1750 Cimg1757

泉中央駅から地下鉄に乗り、勾当台公園駅で下車。
Cimg1779 Cimg1781

アーケード街をぷらぷら歩き、早めの夕食は「そばの神田」で。
Cimg1782 Cimg1788 Cimg1785

そして夕暮れの仙台駅へ。
Cimg1789

18:57発、はやぶさ30号に乗車。
Cimg1791 Cimg1792

20:26上野駅着。
Cimg1795 Cimg17961 Cimg1800

20:32発、常磐線快速成田行きに乗り換え。
Cimg1802

松戸駅着。21:06発、新京成線京成津田沼行きに乗り換え。
Cimg1803 Cimg1804

21:24新鎌ヶ谷駅着。
Cimg1807

ということで俺お疲れ。
そして仙台へ遠征された皆様、お疲れさまでした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.10

【1stステージ第11節 仙台戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第11節 vsベガルタ仙台 試合結果

10日(日)、ユアテックスタジアム仙台にて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第11節 vsベガルタ仙台』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第11節
2015年5月10日(日)15:04キックオフ・ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台 4-4(前半1-1) 浦和レッズ
得点者:8分 キム ミンテ(仙台)、45+1分 阿部勇樹、55分 興梠慎三、56分 関根貴大、60分 奥埜博亮(仙台)、65分 渡部博文(仙台)、80分 梁 勇基(仙台)、81分 興梠慎三
入場者数:19,195人
試合速報
Jリーグ


「異空間」

終わってみれば4-4のドロー。またしてもユアスタでのJ1初勝利はお預けとなってしまった。

リーグ総失点の半分がこの試合で失われたという壮絶なオープンマッチは、まさしく異空間そのものだった。

敵将不在であっても、昨年の成功体験があるゆえしっかりと対策は施されていた。4-4のコンパクトな2ラインがボランチの柏木、シャドーの梅崎、武藤をしっかり監視し、自陣に押し込まれるとFW金園も守備に参加し10人で蓋をされてしまっていた。

そういう中で、前半終了間際に追いつき、さらに後半早々一気に逆転、加点する姿に、チームの変化を感じていたが、やはり白い屋根が覆いつくす異空間から簡単に帰らせてはくれなかった。

ハモンロペスや奥埜の投入により、高さとスピードが増しロングボールが多用されることで、ラインがズルズルと下がってしまった感は否めない。その対応に後手を踏んでしまったゆえ、一気に逆転まで許してしまったのだからこの異空間で生み出された力たるや恐ろしいものを感じた。

ゴールドが創り出す空間は埼スタとは全く異なるものであるであり、毎年毎年選手達が冷静を装っていても、どこかで浮足立ちリズムが狂ってしまう。

もちろん4失点に対しての反省と修正は必要だ。ただ、これまでのユアスタでの戦績を憂慮するならば、逆転直後に追いつきドローで終わらせたのは、半歩前進と前向きに捉えていいだろう。

Cimg1750 Cimg1756 Cimg1761

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月3日 - 2015年5月9日 | トップページ | 2015年5月17日 - 2015年5月23日 »