« 2015年3月22日 - 2015年3月28日 | トップページ | 2015年4月5日 - 2015年4月11日 »

2015.04.04

【1stステージ第4節 松本戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第4節 vs松本山雅FC 試合結果

4日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第4節 vs松本山雅FC』の試合結果をお知らせいたします。
明治安田生命J1リーグ 1stステージ第4節
2015年4月4日(土)15:05キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) 松本山雅FC
得点者:85分 森脇良太
入場者数:37,154人
試合速報
Jリーグ


「プロセスと現実」

シュート数は23-5。圧倒的に攻める浦和の先に、決して分厚くはなかったものの、懸命に体を張った松本の壁が立ちはだかっていた。

縦パスを繋ぎ、サイドを揺さぶり、至近距離から打てども入らない。この日ばかりは運の無さを悲観していたが、値千金のゴールはバイタルエリアから放たれた森脇のミドルシュート。サッカーとはそういうものだと改めて思ったが、いざそこまでのプロセスを紐解けば、決まるまでは時間の問題だった。

強靭なフィジカルを持っていても、常にボールを動かされ徐々に体力を奪われる松本の選手達。時間を経つごとに彼らのラインが下がり、バイタルエリアにぽっかり空間ができ始め、そこをレッズの選手達が衝いてきた。また関根のサイドからの突破が相手の恐怖心を生み、彼に対し2枚3枚とDFが引っ張られると、後ろの選手がフリーになる機会も増えていた。

もちろん前半で勝負が決した可能性もある。ボランチに起用された柏木も相手の逆をついて、彼なりに動きパスを何本も供給していた。あとは前線の選手達の反応次第であったが、公式戦8試合目となるこの日も前線3枚の組み合わせは初めてでなかなかしっくりこなかったのも事実であり、今のレッズに突きつけられている現実でもある。

相手の守備網に苦しんでこそこのウノゼロの勝利は大きいもの。とかく何よりも無失点で勝ったことは、常にカウンターとセットプレーを意識高く警戒していた証でもある。

今月の埼スタでのホームは5試合。この勝利こそ今後の反攻へと繋げてほしい。

Cimg0813 Cimg0842 Cimg0860

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.03

1stステージ第4節 松本戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 15:00

【2015シーズン】
浦和:2勝1分0敗:勝点7 <1位>
松本:1勝1分1敗:勝点4 <9位>

【対松本 リーグ戦対戦成績】
初対戦

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、高木、梅崎
FW:ズラタン

【展望】
2週間ぶりのリーグ戦。明日はホーム埼玉スタジアムに松本山雅を初めてむかえる。

2月25日のACL初戦から、これまでこなしてきた公式戦は7試合。結果は2勝1分4敗と厳しい船出となった。しかしのその内訳はACL3敗。スーパーカップ1敗。そしてリーグ戦は2勝1分けと、試合をこなしながら調子を上げてきたとみていいだろう。

新加入選手達の起用も含め、ようやくチームとしての形が見え始めてきたが、やはりケガ人が相次ぐことでなかなかベストメンバーを言える体制が整わないのは、いい意味でも悪い意味でも今シーズンの浦和の姿である。

明日も興梠が再離脱と決していいニュースがない中、ポイントなるのは柏木の起用されるポジションだろう。彼の起用はレッズを支える上で重要なキーマンである。しかしそのポジション、そして時間帯によっては諸刃の剣になりうるだけに、プレーには慎重を期したいところだ。

敵将は分析力に長けた反町監督。彼の徹底分析こそ、決して飛び抜けた戦力を有さずともここまでチームを作り上げてきた。その基礎は徹底したフィジカルから生み出された、相手への執拗なマークとロングボールからの裏への飛び出しが特徴だ。

おそらくレッズのウィークポイントもすでに研究済みであり、そのターゲットこそボランチのポジションになろうかと思う。ボランチの動きを封じることでレッズの攻撃のスイッチを抑え、さらにハイプレスからボールを奪うことでカウンターの起点として狙って来るだろう。

逆にその特徴的な松本の動きを封じることができれば、失点のリスクは十分減らせると思う。そして厚みのあるDFラインを打ち破ることこそが、明日課される最大のタスクになるだろう。

タイトルを狙う上で取りこぼしは許されない。3チーム目の昇格クラブにしっかり勝ってこそ、目標にまた1歩近づけるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.31

招待券

新潟が今シーズンから“招待券”の配付をやめたとのこと。

もちろん動員数が減ったという事実はあるにせよ、これまで平日開催のナビスコカップを含めたホーム3試合は、

3/14(土) 第2節:19,537人
3/22(日) 第3節:18,193人
3/29(土) ナビ第2節:12,049人

という状況をみても、首都圏の他のクラブに比べても入っている方だと思います。

クラブとしては戦力がある程度備わって、タイトルを目指すという第2段階への移行期。そう考えるならクラブの決断は悪くありません。

慣例をなくすというのは大変でしょうが、これからが正念場でしょうね。

J1新潟、招待券廃止で勝負 集客減「今は我慢」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.30

離脱

第3GKとはいえど、彼はトレーニングでは欠かせない存在。

アキレス腱断裂での離脱は何とも残念ですが、無理せず治療とリハビリに専念してほしいですね。

岩舘 直の負傷について(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.29

J2&J3

この日はJ2の第4節の11試合、そしてJ3第3節の6試合がそれぞれ行われました。

J2はここまで3勝1分の千葉が勝点10で首位。しかし勝点差1ずつで2位に磐田、3位にC大阪、さらに4位以降は勝点7で6チームが追いかけるという、まだまだ序盤ながら混戦模様となっています。

そしてJ3では今節試合のなかった山口が首位をキープ。奇数チーム編成のため、毎試合暫定順位となりますが、やはり前節の8-0という大量スコアが生んだ得失点差が目を引きますね。

逆に気になったのはそのJ-22選抜。現在3戦3敗と未だ未勝利。今年はリオ五輪予選の影響で大半のメンバーは代表に引き抜かれてしまい、チーム編成に苦慮しており、さらにこれまで懸念されていた選手間の連携もままらないところから、結果として成績に結びついていないようです。

明治安田生命J2リーグ第4節【結果】【順位表
明治安田生命J3リーグ第3節【結果】【順位表】(いずれもスポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月22日 - 2015年3月28日 | トップページ | 2015年4月5日 - 2015年4月11日 »