« チャンピオンシップ準決勝 G大阪戦プレビュー | トップページ | 入れ替え戦&プレーオフ開幕 »

2015.11.28

【チャンピオンシップ準決勝 G大阪戦】

オフィシャルより

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ 準決勝 vsガンバ大阪 試合結果

28日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ 準決勝 vsガンバ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ準決勝
2015年11月28日(土)14:03キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-3(前後半1−1 延長0−2) ガンバ大阪
得点者:47分 今野泰幸(G大阪)、72分 ズラタン、118分 藤春廣輝(G大阪)、120+1分 パトリック(G大阪)
入場者数:40,696人
試合速報
Jリーグ


「嘆きの先」

久々となる120分間の激闘であったが、力及ばず終了間際に立て続けに失点を喫し万事休す。ステージウィナーは決勝に進むことなく散ってしまった。

足をつる選手が多いなかで、最後まで選手達は闘いぬいた。ただチャンスは作るも決して相手を凌駕する場面は乏しく、特に相手の両サイド、藤春、オ・ジェソクを破れず中央をしっかり固めた守備網に手を焼いた。また、ガンバの先制点のきっかけとなった、バックラインからのパス奪取は立ち上がりの出鼻を挫かれ、完全に狙われていた。

一発勝負の試合こそ、1つのミスが致命的になる。延長後半の決勝点もミスからではなかったものの、冷静にパスを繋がれてしまったゆえの結末であり、少しでも相手に詰めきれなかったのか悔やむ場面でもあった。

とにもかくにも負けてしまい、一番欲しかったであろうシャーレにまたしても袖にされてしまった。ただ今シーズンの年間勝点72はクラブ最高の成績であるゆえ、力はついている。それだけに「運がない」、「勝負弱い」と嘆き続けるのは、なんとも歯痒い限りだ。

ただ結果は結果として、力負けした事実は残る。再び与えられたチャンスをふいにしてしまったのだから、悔しさも大きいと思う。

だからこそ1ヶ月先の天皇杯は、最後のタイトル奪取もそうだが、再び信頼を取り戻すためにのチャンスといっても過言ではないだろう。

Cimg4712 Cimg4719

Cimg4734 Cimg4748

<スカパー公式ハイライト>

|

« チャンピオンシップ準決勝 G大阪戦プレビュー | トップページ | 入れ替え戦&プレーオフ開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/62766519

この記事へのトラックバック一覧です: 【チャンピオンシップ準決勝 G大阪戦】 :

« チャンピオンシップ準決勝 G大阪戦プレビュー | トップページ | 入れ替え戦&プレーオフ開幕 »