« ナビスコカップ準決勝 | トップページ | 【2ndステージ第14節 G大阪戦】 »

2015.10.16

2ndステージ第14節 G大阪戦プレビュー

アウェー:万博記念競技場
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、梅崎
FW:興梠

【展望】
代表戦による中断を挟み、2ndステージもいよいよ大詰め。明日はアウェー万博記念競技場にのりこみ、ガンバ大阪と対戦する。

ガンバは現在3つの大会を同時並行でこなしており、直近はナビスコカップ準決勝。第1戦こそ1-2で落とすも、ホームでの第2戦は積極的にボールを運んで、ゴールを狙い続け、結局2-0で勝利。1勝1敗ながら得失点差で新潟を退け、2大会連続で決勝進出を果たした。

一方のレッズは、前節は2週間前、ホームで鳥栖をむかえ対戦。立ち上がりから引いて守る鳥栖の守備に手を焼くも、興梠のゴールで先制。しかしハーフカウンターを浴び同点にされてしまう。その後はようやくエンジンがかかったかのごとく猛然とゴールに迫るも時すでに遅し。1-1で引き分け、足踏みとなった。

結果論だか、とかく感じたのは試合への緩い入り。スタジアムを包む空気もどこか抜けているような感じがして、微妙な内容だったと思う。

明日はガンバはパトリック、倉田が出場停止。しかし宇佐美、赤嶺、リンス、さらに遠藤、今野とまだまだ曲者という名の強者が揃っている。彼等は直後にACL広州恒大戦を控えているが、主力が欠くことを決して悲観せず、むしろその先を見据えてモチベーションを上げてくるだろう。それだけに油断大敵は当然の事であるが、ケアを怠ると一気に畳み掛けられる可能性もあるので、しっかり肝に銘じたいところだ。

レッズにとっては今節、次節と難敵が続く。しかしこの両峰を超えない限り頂には届かない。これまで苦虫を噛んだ“終盤の失速”という負の歴史を払拭できるか。浦和レッズのJでの歴史を最初に刻み始めた“万博”でのラストゲームに期待したい。

|

« ナビスコカップ準決勝 | トップページ | 【2ndステージ第14節 G大阪戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/62488241

この記事へのトラックバック一覧です: 2ndステージ第14節 G大阪戦プレビュー:

« ナビスコカップ準決勝 | トップページ | 【2ndステージ第14節 G大阪戦】 »