« ナビスコ準々決勝第2戦 新潟戦プレビュー | トップページ | 3連戦 »

2015.09.06

【ナビスコ準々決勝第2戦 新潟戦】

オフィシャルより

Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦 vsアルビレックス新潟 試合結果

6日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦 vsアルビレックス新潟』の試合結果をお知らせいたします。

Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝 第2戦
2015年9月6日(日) 19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-0(前半0-0) アルビレックス新潟
得点者:55分 阿部勇樹、58分 李 忠成、70分 阿部勇樹
入場者数:16,781人
この試合の結果、浦和レッズのJリーグヤマザキナビスコカップはベスト8の結果となりました。
試合速報
Jリーグ


「望みは叶わなくても…」

始まってみたら4バック。これが逆転のシナリオとして指揮官が仕掛けた奇襲だった。

前半は4-1-4-1又は4-1-3-2のような布陣で、ボランチに青木を配したものの、相手のハイプレスに苦慮し、なかなか前線にボールが運べず、中盤がポッカリ空いているにもかかわらず、チャンスらしいチャンスが乏しかった。

しかし後半に青木から李に交代。柏木をボランチに配して1トップに李を据えると、相手もマーキングにズレが生じはじめ、濡れたピッチも手伝ってボールがよく回るようになってきた。

そしてCKからの阿部のゴールを皮切りに3得点。時間をゆっくり使い余裕を持って試合に入った新潟を相手に2点差まで詰め寄っての完封勝ちと冷や水を浴びせた結果となったが、埼スタで負けなかったことが何よりも収穫だったと思う。

もちろん決まったレギュレーションの中なので、敗退は甘んじて受けなければならないし、結果的に5失点が響いて「ナビスコカップ」のタイトルを失った事実は消えない。それだけに第2戦に臨む指揮官や選手達の気持ちを慮っていたが、望みは叶わなくても、最後まで走りきって相手を追い込んだ内容については誇りを持っていいと思う。

代表選手を欠いた中で、選手の底上げを図れたのかどうか…。この結果を来たるべきリーグ戦そして天皇杯にしっかり繋げられれば、支払った授業料は決して高くはないだろう。

Dsc_0002 Dsc_0004 Dsc_0016

<スカパー公式ハイライト>

|

« ナビスコ準々決勝第2戦 新潟戦プレビュー | トップページ | 3連戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/62231429

この記事へのトラックバック一覧です: 【ナビスコ準々決勝第2戦 新潟戦】:

« ナビスコ準々決勝第2戦 新潟戦プレビュー | トップページ | 3連戦 »