« 2ndステージ第10節 柏戦プレビュー | トップページ | 11年ぶり »

2015.09.11

【2ndステージ第10節 柏戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第10節 vs柏レイソル 試合結果

11日(金)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第10節 vs柏レイソル』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第10節
2015年9月11日(金)19:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) 柏レイソル
得点者:88分 高木俊幸
入場者数:29,169人
試合速報
Jリーグ


「生みの苦しみ」

放ったシュートは18本。

試合後、敵将吉田監督曰く「勢いに飲み込まれて、我々が本来やらなければいけないことを見失っていた。」と語る中で、確かに相手からのボール奪取が嵌り、縦へのパスも展開でき、何度もチャンスを生み出していた。

それだけにあとはゴールだけという状況だったが、打てども打てども、守勢に回った柏DFとGK菅野の壁が立ちはだかる・・・。そして59分に負傷した茨田に代わり近藤が投入されその色がさらに濃くなると、レッズは李、青木、高木と立て続けに交代枠を使い切っても、もどかしい時間だけが過ぎていった。

しかし88分、ようやく自陣左サイドから槙野が突破しパスを受けた高木が、混戦の中DF2枚を交わした末に放ったシュートは、荒れ気味のピッチが味方して散々苦しめられた菅野の手先をかすめてゴールに吸い込まれた。

苦しんだ末の決勝ゴール。これはチームにとっても、そして高木自身にとっても“生みの苦しみ”だったと思う。これまで通り我慢を重ねたゆえの結末は、またしてもドラマチックに幕を閉じた。

高木の初ゴールでようやく最後のピースが収まった感じだろうか。前節での大敗、そしてナビスコカップ敗退と転げ落ちるように調子を落としたチームが、再び這い上がろうとしている。失ったものを自信と結果に変えて、シーズン最後まで走りきってほしい。

Cimg3754 Cimg3777 Cimg3795

<スカパー公式ハイライト>

|

« 2ndステージ第10節 柏戦プレビュー | トップページ | 11年ぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/62262166

この記事へのトラックバック一覧です: 【2ndステージ第10節 柏戦】 :

« 2ndステージ第10節 柏戦プレビュー | トップページ | 11年ぶり »