« 2ndステージ第8節 仙台戦プレビュー | トップページ | 【2ndステージ第9節 横浜FM戦】 »

2015.08.22

【2ndステージ第8節 仙台戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第8節 vsベガルタ仙台 試合結果

22日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第8節 vsベガルタ仙台』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第8節
2015年8月22日(土)18:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-1(前半2-1) ベガルタ仙台
得点者:10分 柏木陽介、23分 梁 勇基(仙台)、37分 武藤雄樹、75分 ズラタン
入場者数:33,932人
試合速報
Jリーグ


「支える影」

敵将曰く「対浦和、直近2試合の守備の反省を踏まえ・・・」システムを4-4-2から5-4-1へ変えて臨んだ。しかし始まってみると、どこのポイントでレッズを封じるのかが曖昧で、中盤に鎮座する柏木を封じることができず、生命線である縦パスを何度も入れることができた。

中途半端なボールロストを避けたかったが、決して相手も素早いカウンターを仕掛けるわけでもなく、レッズとしては相手に助けられた時間帯もあった。

もちろん柏木のFK秀逸であったがそれ以上に圧巻だったのは2点目であろう。柏木→梅崎→興梠→武藤と途切れることなく繋いだボールはまさしく相手を崩したゴールであり、それこそこれまで培ってきた成果だと思う。

野沢、リャンと繋がれた失点しかり、バックパスの判断ミスでエリア内でのFKを与えるという珍しいプレーしかりと、守備陣は決して万全なものではなかった。しかし結果としては3連勝とステージ序盤の不調を脱し、着実に勝点を積み上げている。

夏場の試合でこそ内容よりも結果が求められる。選手達の疲労は表裏一体であろうが、今日は久々にスタメンを張ったベテラン平川がフルタイムで獅子奮迅の活躍を見せた。さらに控えの青木も早々に退いてしまった柏木の代役をしっかり努めた。

彼らの活躍こそ復調気配のレッズを影で支えており、まさしく頼もしい限りなのである。

Cimg3569 Cimg3589 Cimg3609

<スカパー公式ハイライト>

|

« 2ndステージ第8節 仙台戦プレビュー | トップページ | 【2ndステージ第9節 横浜FM戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/62135948

この記事へのトラックバック一覧です: 【2ndステージ第8節 仙台戦】:

« 2ndステージ第8節 仙台戦プレビュー | トップページ | 【2ndステージ第9節 横浜FM戦】 »