« 中国戦 | トップページ | 【2ndステージ第6節 新潟戦】 »

2015.08.11

2ndステージ第6節 新潟戦プレビュー

アウェー:デンカビッグスワンスタジアム
キックオフ 19:00

【2015シーズン(ステージ別)】
新潟<2nd>:2勝1分2敗:勝点7 <10位>
  <年間>:5勝6分11敗 :勝点21  <15位>
浦和<2nd>:1勝2分2敗:勝点5 <14位>
  <年間>:13勝7分2敗 :勝点46  <2位>

【対新潟 リーグ戦対戦成績(J2対戦時含む)】
20勝4分3敗(カップ戦:3勝0分1敗)

【スタジアム成績(デンカビッグスワンスタジアム)】
8勝2分1敗(リーグ戦のみ)

【今シーズン対戦】
1st第17節(6/27) 浦和5-2新潟
【浦和】http://www.urawa-reds.co.jp/game/sokuhou_latest/?game=89073
【新潟】http://www.albirex.co.jp/games/51585
【Jリーグ】http://www.jleague.jp/match/j1/2015/062704/live#recap

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、梅崎、高木
FW:ズラタン

【展望】
東アジア選手権の激闘から中2日。再びJリーグの日々が戻ってくる。そして明日はミッドウィーク開催。アウェーにのりこみアルビレックス新潟と対戦する。

新潟は現在年間順位で15位。まだまだ厳しい試合が続いているが2ndステージに入り現在3試合負けなしと調子を上げている。特に新潟の顔でもあるレオシルバの復帰が大きいが、今節は累積警告による出場停止、さらに攻撃の軸であるラファエル・シルバも怪我で離脱と再び厳しい局面を迎えている。

しかし前回対戦で途中起用された長身の指宿や若い小泉など侮れない選手達が虎視眈々とゴールを狙っているだけに油断は禁物だろう。

一方のレッズは、2ndステージ開幕戦の松本戦こそ勝利したものの、以降は2分2敗と4試合勝ちなし。特に山形戦を除く3試合はいずれも先制点を奪うも、結果的には逆転又は同点とこれまで見せてきた粘り強さが失いつつある。

東アジア選手権では、興梠、武藤、槙野、西川の4選手が選出された。彼等は昨日無事帰国したが、当然ながらコンディションは決して良いとはいえない状況だろう。

幸い前線の選手達は実績が十分であるが、やはり気になるのがバックラインだろうか。相次ぐケガ人でなかなか選手が揃わず、まさしく綱渡りの状況が続いているが、槙野の状態も含めて、次節の湘南戦を見越しての選手起用に注目が集まるところだ。

また3週間後には同じ場所でナビスコでの再選を控える。こちらも代表選手が不在という状況を踏まえるならば、今日起用される選手達の何よりの発奮材料となるはずだ。

2週間の中断を挟み、チーム状態が変化するのか…。今後を見据える上で明日は勝点3を奪うことが何よりの良薬になるだろうと期待したい。

|

« 中国戦 | トップページ | 【2ndステージ第6節 新潟戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/62067453

この記事へのトラックバック一覧です: 2ndステージ第6節 新潟戦プレビュー:

« 中国戦 | トップページ | 【2ndステージ第6節 新潟戦】 »