« 2ndステージ第1節 松本戦プレビュー | トップページ | 松本遠征あれこれ »

2015.07.11

【2ndステージ第1節 松本戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第1節 vs松本山雅FC 試合結果

11日(土)、松本平広域公園総合球技場にて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第1節 vs松本山雅FC』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第1節
2015年7月11日(土)19:04キックオフ・松本平広域公園総合球技場
松本山雅FC 1-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:12分 武藤雄樹、52分 興梠慎三、62分 酒井隆介(松本山雅)
入場者数:18,605人
試合速報
Jリーグ


「恩返し」

敵将反町監督が浦和対策として準備したのは「マンツーマン」。

当初5バックの数的同数で守るかと思っていたが、レッズの選手達が動きにポジションを離れてもしっかり張り付き、ボールの収まるポイントを抑えていた。

レッズは様子見でボールを動かし相手のやり方を見極めると、12分に阿部が興梠とのワンツーをかえして、右サイドを駆け上がる森脇にパスを出すと、間髪要れずにクロス。そこにマークをうまく外した武藤が頭で叩きつけ先制点を奪った。

後半も早々に柏木の粘りと相手のクリアミスから興梠が追加点。一気に畳み掛ける展開も予想されたが、直後のセットプレーから1点返されると様相一変。相手のロングボールにクリアするのがやっとで、なかなか自分達の展開に持ち込めなかった。

それは試合後に指揮官も選手達も言及していたが、あのスタジアムの雰囲気を鑑みるならば、アウェーという状況下でしっかり守りきれたことを称えるべきだと思う。

6年前の忘れ物を取りに来たという思いもあったが、それを知る選手達も今日のメンバーでは梅崎だけ。ただ、あれから時を経て積み上げてきた力を揮し、冷静にそして目の前の相手に磐石に勝点3を積み上げたことは、山雅への何よりの恩返しだと感じた。

Cimg2873 Cimg2885 Cimg2895

<スカパー公式ハイライト>

|

« 2ndステージ第1節 松本戦プレビュー | トップページ | 松本遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/61873584

この記事へのトラックバック一覧です: 【2ndステージ第1節 松本戦】:

« 2ndステージ第1節 松本戦プレビュー | トップページ | 松本遠征あれこれ »