« 2ndステージ第5節 甲府戦プレビュー | トップページ | 移動 »

2015.07.29

【2ndステージ第5節 甲府戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第5節 vsヴァンフォーレ甲府 試合結果

29日(水)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第5節 vsヴァンフォーレ甲府』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第5節
2015年7月29日(水)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半1-0) ヴァンフォーレ甲府
得点者:38分 阿部勇樹(PK)、65分 伊東純也(甲府)
入場者数:22,363人
試合速報
Jリーグ


「ワンチャンス」

敵将佐久間監督のコメントを用いるなら、「1回のチャンス」を決めきれるか…ということだろうか。

あの失点シーン…興梠のシュートブロックから、瞬く間に伊東にボールが渡り、岡本との競り合いを制しカットインからシュート。まさしく一連の流れが生んだ唯一無二と言っても過言ではないゴールだった。

手数を少なくカウンターで決めきった甲府に対し、分厚いDFを1枚1枚剥がしながら時折縦へ早いパスを打ち込んでいくレッズ。その手法こそそれぞれ異なるものの、チャンスの数からいえばレッズの方が多かっただけに、2点目を奪えなかったという重石が最後まで足枷となっていたように感じる。

ただこれまでのレッズであれば1点あれば堂々と勝ちきるサッカーを展開していた。それだけに、失点なり退場なりある分岐点を境に、バランスを崩して修正しづらい状況になっているのが気が気でならない。

この日も失点後の73分に柏木が交代。ボランチが青木、武藤の組み合わせとなったが、縦への意識があっても、強いパスが入れられず横へパスを出す時間帯も多く、相手も守りやすくなったのではなかろうか。

連敗を止めたもののホームで下位を相手でのドローは結果として厳しいと言わざろうえない。これで中断に入る訳だが、ポジティブに捉えるならば、ここでこそ悪い流れを断ち切るチャンスでもある。

代表選手達は青き日の丸に刺激を受け、残った選手達はコンディション調整に時間を費やし、2週間後の再戦に臨んでほしい。

Cimg3406 Cimg3418 Cimg3427

<スカパー公式ハイライト>

|

« 2ndステージ第5節 甲府戦プレビュー | トップページ | 移動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/61981343

この記事へのトラックバック一覧です: 【2ndステージ第5節 甲府戦】 :

« 2ndステージ第5節 甲府戦プレビュー | トップページ | 移動 »