« 2ndステージ第4節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋遠征あれこれ »

2015.07.25

【2ndステージ第4節 名古屋戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第4節 vs名古屋グランパス 試合結果

25日(土)、パロマ瑞穂スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第4節 vs名古屋グランパス』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第4節
2015年7月25日(土)19:04キックオフ・パロマ瑞穂スタジアム
名古屋グランパス 2-1(前半1-1) 浦和レッズ
得点者:19分 OWN GOAL、20分 川又 堅碁(名古屋)、63分 矢野 貴章(名古屋)
入場者数:17,624人
試合速報
Jリーグ


「3分間」

19分に柏木のクロスがオウンゴールを呼び込み先制。しかし再開直後に高い位置でボールを奪われると、一気にパスを受けた永井にドリブルで持ち込まれ、フリーになった川又にあっさり決められて同点。さらに、パスミスからまたしても永井がドリブルで攻めあがると、森脇が競り合いで引っ張ってしまい退場処分。

わずか3分間あまりの出来事。この時間こそ試合全体の流れを変えてしまったといっても過言ではないものだった。

もちろんその後レッズは1人少ないながらも、それを感じさせないぐらい果敢に攻めてゴールを狙っていたが、酷暑と多湿のピッチに徐々に選手達の体力が削がれ、数的不利というハンデが影響を及ぼし、元FWでもある矢野貴章のゴールが重く突き刺さった。

結果としては、前節広島戦での浅野と同様に、俊足の永井1人に翻弄され、連敗を喫してしまった。もちろん失点に帰結する要因はいくつか考えられる。パスミスもそうだが、微妙な距離感が相手とのギャップを埋めきれず、50vs50であってもボールが奪えなくなっている。

2順目に入り、研究し尽くされ強烈かつ圧し掛かるプレッシャーをどう跳ね除けるか。1人少なくても相手を凌駕する力を持っているのだから、選手達自らがその答えを見つけ出すべきだろう・・・。

Cimg3345 Cimg3353 Cimg3365

<スカパー公式ハイライト>

|

« 2ndステージ第4節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/61956089

この記事へのトラックバック一覧です: 【2ndステージ第4節 名古屋戦】 :

« 2ndステージ第4節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋遠征あれこれ »