« 1stステージ第16節 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ »

2015.06.20

【1stステージ第16節 神戸戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第16節 vsヴィッセル神戸 試合結果

20日(土)、ノエビアスタジアム神戸にて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第16節 vsヴィッセル神戸』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第16節
2015年6月20日(土)16:05キックオフ ノエビアスタジアム神戸
ヴィッセル神戸 1-1(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:27分 梅崎 司、84分 渡邉千真(神戸)
入場者数:18,143人

2015 MEIJI YASUDA J1 LEAGUE
1st Stage WINNERS

試合速報
Jリーグ


「通過点」

75分、宇賀神が2枚目の警告で退場が宣告された。するとGK西川を中心に槙野、森脇、那須、青木と守備陣の選手が輪になり、二言三言会話を交してからその輪が解けた。さらに77分に興梠に代え橋本が投入されると、指揮官も含めレッズは残り時間を「守り切る」という道を選択した。

数的有利な神戸の圧力に1点こそ失ったものの、その後はカラダを張った守備でなんとか封じ込み、ファーストステージ優勝を決めた。

焦りは感じなかったが、それとなく異なる周囲の雰囲気が醸し出すプレッシャーから所々でミスがあったのも事実。それゆえ決して手放しで喜べる内容ではなかったが、これまでのセオリー通りにアウェーで勝点1を積み上げた結果こそが大きかった。

終了後にキャプテン阿部が円陣で「ここからスタートだ」という言葉が心に響いた。そして他の選手達も同様な言葉を口にした。それが全ての答えだろう。

優勝とは言ってもあくまで通過点であり、これからも1試合1試合着実に勝ち点を積み上げなければ、真の年間優勝は奪えない。まだまだ今後もレッズに黒星をつけるべく厳しい相手が続く。1つの区切りとして暫しの歓喜の味わった後、心身切り替えて次への闘いに臨んでほしい。

Cimg2336 Cimg2363 Cimg2367

Cimg2371 Cimg2385 Cimg2410

<スカパー公式ハイライト>

|

« 1stステージ第16節 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/61769820

この記事へのトラックバック一覧です: 【1stステージ第16節 神戸戦】:

« 1stステージ第16節 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ »