« ヒートアップJ2 第14節 | トップページ | 【1stステージ第13節 鹿島戦】 »

2015.05.22

1stステージ第13節 鹿島戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:00

【2015シーズン】
浦和:8勝3分0敗:勝点27 <1位>
鹿島:4勝3分4敗:勝点15 <8位>

【対鹿島 リーグ戦対戦成績】
13勝9分26敗(カップ戦:7勝2分4敗)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
図らずも共にACLグループリーグで敗退を喫し、この日に組み込まれた試合。レッズはさらに勝点を積み上げるか…、一方の鹿島は宿敵を倒し好転打開へと舵を切れるか…。

レッズは、前節はFC東京を相手に4-1の快勝。敵将の仕掛けた守備網にも甘い部分があったのかもしれないが、その隙を衝き、いずれも効果的な時間帯に得点を積み上げた。

先発に復帰した興梠はもちろんだが、シャドーに起用された李や武藤と絡むことで柏木からのボールを上手く引き出すことができた。また相手が中央を警戒し絞っていく中で、両ワイドの宇賀神と関根が果敢に仕掛ける動きもみられ相手を翻弄し、完勝の内容だった。

鹿島は前節はホームで広島と対戦。2-2の引き分けに終わったが、レッズと同じシステムを相手に選手達はある程度の手応えを掴んで埼スタへ乗りこんでくる。注目や遠藤、土居、柴崎や昌子など若手が目立つ一方、広島戦で初ゴールを決めたジネイの動きが気になる所だ。

レッズの攻撃のスイッチは、柏木の動きに懸っているといっても過言ではない。おそらく土居と小笠原で彼を挟みこんでボールを奪いカウンターを仕掛けるという狙いが見えてくる。しかし鹿島も柴崎がチームの軸を担っているだけに、彼と2列目を分断できれば、リスクは最小限にとどめることができると思われる。

なかなか調子が上がらない鹿島と言えど、ここ一番での勝負どころはしっかりと隙を見つけて衝いてくる。油断は禁物だが、常に緊張感を持ち続けることでしっかり結果に反映されているので、明日も自信を持って臨んでほしい。

|

« ヒートアップJ2 第14節 | トップページ | 【1stステージ第13節 鹿島戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/61630289

この記事へのトラックバック一覧です: 1stステージ第13節 鹿島戦プレビュー:

« ヒートアップJ2 第14節 | トップページ | 【1stステージ第13節 鹿島戦】 »