« 汚職 | トップページ | 【1stステージ第14節 鳥栖戦】 »

2015.05.29

1stステージ第14節 鳥栖戦プレビュー

アウェー:ベストアメニティスタジアム
キックオフ 19:00

【2015シーズン】
鳥栖:5勝4分4敗:勝点19 <7位>
浦和:9勝3分0敗:勝点30 <1位>

【対鳥栖 リーグ戦対戦成績(J2対戦時含む)】
5勝1分4敗(カップ戦:1勝1分1敗)

【スタジアム成績(ベストアメニティスタジアム)(J2対戦時含む)】
1勝1分3敗(リーグ戦のみ)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
今節からミッドウィーク開催を挟んで3連戦。そのうち最初の2試合はアウェーでかつ難儀な相手ゆえ、レッズにとって前半戦最大の山場といっても過言ではないだろう。

鳥栖は今シーズンから指揮官が森下監督に代わったものの、FW豊田を中心にしたチーム作りは変わらない。ただその手法としては、豊田へのロングボールから、高いフィジカルをベースに足元へのパスを主体としたサッカーに変わりつつある。

ただ、やはりリーグ戦でのチーム総得点18のうち10得点を奪う豊田の個の力に頼らざろう得ない部分もある。もちろん彼への最大限の注意もそうだが、そこへの供給源となる5枚の中盤の動きに目を光らせねばならない。

無論相手もレッズの攻撃の核となる柏木や阿部へファーストディフェンスを掛けてくるであろう。それゆえ、まれに見られる軽いパスミスやボールロストに十分に気を付けなければならない。

ここ3シーズン、アウェーベアスタでは第33節での対戦。シーズン終盤での心身共に疲弊した状態で、なおかつ専用スタジアム独特の雰囲気が、毎年選手達を苦しませ、失意のどん底に突き落とされ続けた。

しかし今年は1stステージ終盤と言えど、年間を通せばまだまだ序盤。今のレッズは充実したサッカーで結果を出し続けてる。それゆえ安易な考えなのかもしれないが、カップ戦も含め5度目のアタックが実を結ぶのだろうか…。

ここまでリーグ戦12試合無敗のレッズと、今シーズンカップ戦を含めて6勝5分とホームで負けなしの鳥栖。データで比べれば互角といってもいいだろう。

90分間我慢強く闘ってこそ、前向きな結果が得られると信じたい。

|

« 汚職 | トップページ | 【1stステージ第14節 鳥栖戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/61664643

この記事へのトラックバック一覧です: 1stステージ第14節 鳥栖戦プレビュー:

« 汚職 | トップページ | 【1stステージ第14節 鳥栖戦】 »