« 代表合宿 | トップページ | 【1stステージ第11節 仙台戦】 »

2015.05.09

1stステージ第11節 仙台戦プレビュー

アウェー:ユアテックスタジアム仙台
キックオフ 15:00

【2015シーズン】
仙台:2勝3分5敗:勝点9 <15位>
浦和:7勝2分0敗:勝点23 <1位>

【対仙台 リーグ戦対戦成績(J2対戦時含む)】
8勝7分3敗(カップ戦:2勝0分0敗)

【スタジアム成績(ユアテックスタジアム仙台)(J2対戦時含む)】
1勝1分4敗(リーグ戦のみ)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、梅崎
FW:ズラタン

【展望】
豪州でのACL最終戦からから中4日。再びリーグ戦に舞台を移し、アウェー仙台戦に臨む。

メンバーを入れ替えて臨んだブリスベン・ロアー戦では、起用された選手達が期待に応えてわずか1失点に抑え、攻撃陣では久々に実戦復帰した興梠、そして武藤がゴールを決め初勝利を飾った。

それゆえ大半の選手は日本に残り、来たるべくリーグ戦に調整を合わせてきた。連戦中ではあるが、彼等にとって休養できたことは大きく好材料は多い。

一方の仙台は現在公式戦6連敗中。直近の勝利は4月4日の第4節清水戦まで遡らなければならないぐらい泥沼にはまっている。さらに前節は、敵将渡邉監督が終了間際に抗議による退席を命じられ、今節はベンチ入りができない。相手にとって不利な条件であるが、むしろそれがモチベーション上昇になりかねない。

やはり内容も大事だが、レッズにとって鬼門となるユアスタで冷静に試合に入れるかがポイントになる。

昨年も落ち着かないまま相手のペースから早々に失点。さらに西川らしくないミスも重なり4失点での自滅だった。この時敵将は浦和対策に2週間費やしそれが結果に表れた。

J1では未勝利であるあのスタジアムは、構造しかりゴールドの援軍が創り出す独特の雰囲気が漂っている。

今年こそ鬼門を破れるか。これまでの反省を糧に自分達の力を示して勝点3を持ち帰ってほしい。

|

« 代表合宿 | トップページ | 【1stステージ第11節 仙台戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/61565577

この記事へのトラックバック一覧です: 1stステージ第11節 仙台戦プレビュー:

« 代表合宿 | トップページ | 【1stステージ第11節 仙台戦】 »