« スーパーカップ G大阪戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday2 ブリスベン・ロアー戦プレビュー »

2015.02.28

【スーパーカップ G大阪戦】

オフィシャルより

FUJI XEROX SUPERCUP 2015 vsガンバ大阪 試合結果

28日(土)、日産スタジアムにて行われました『FUJI XEROX SUPER CUP 2015』の試合結果をお知らせいたします。
FUJI XEROX SUPER CUP 2015
2015年2月28日(土) 13:35・日産スタジアム
ガンバ大阪 2-0(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:68分 宇佐美貴史(G大阪)、90+4分 パトリック(G大阪)
入場者数:47,666人
試合速報


「2つの狭間」

ガンバに2失点を喫し敗戦。

シーズンが始まる中での絶望感こそなかったものの、相手に与えたセットプレーやミスからの直接での失点が目立った。ただこればかりは選手達の意識の問題であり、戦術云々ではないと考える。

むしろ気になったのは、先発メンバーのうち新戦力はシャドーに入った高木だけという中、彼以外は昨シーズンも闘ってきたメンバーでありながら攻撃の手法がワンパターンでアイディアに乏しく上積みというか工夫が見られなかった。

新たな選手達が加わりターンオーバーを敷く中で、現有選手達の競争意識向上を期待したが、今日の手詰まり気味の内容との狭間に不安を感じた。

そして、もう1つ気になったのはJリーグが声高に最重要視しているACL制覇への最中に行われたスーパーカップ。

お互い3日後や4日後にACL第2節を控えるゆえ、メンバーを入れ替えて試運転気味の内容に終始したように感じた。局面の激しさは薄れ、どこかで慎重さが目立っていたのは事実。

狭間での試合こそ、その意味が問われる。スーパーカップそのものはJリーグ開幕を告げるとても大事なカップ戦というのは理解できるが、そこに高いクオリティを求めるとするならば限界もあるだろう。

Cimg0280 Cimg0288 Cimg0307

|

« スーパーカップ G大阪戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday2 ブリスベン・ロアー戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/61208129

この記事へのトラックバック一覧です: 【スーパーカップ G大阪戦】:

« スーパーカップ G大阪戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday2 ブリスベン・ロアー戦プレビュー »