« 2014年12月7日 - 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月21日 - 2014年12月27日 »

2014.12.19

灰色

グレーのようであってそうでないようなJFAの会見。

確かに本人が潔白と言っている以上、どうしようもないのかもしれません。

もしかしたら、見えない所で後任探しを始めているのかもしれませんし、こればかりは何ともわかりません。

まあ、報道陣の聞き方しかりによっては、当然受け答え方も違ってくるでしょうし、その発言を受けた側がどう感じるか…にも影響してきますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.18

去る人 その2

昨日、GK加藤の大宮への完全移籍がリリースされました。

2011年の途中から山岸に代わって正GKを任され、およそ3シーズン近く守護神としてゴールを守ってきました。

今シーズンは西川の加入もあり、ナビスコカップでの起用が主でした。しかし今後GKの序列を鑑みれば、プロである以上最も必要とされていくクラブへ移籍するのが筋だと思いますし、彼の決断は正しいと思いたいです。

新天地での活躍を祈念します。お疲れさまでした。

加藤順大 大宮アルディージャへ完全移籍のお知らせ(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.17

タイトルパートナーと年間日程

昨日、Jリーグより2015シーズンの年間日程や試合方式等リリースがありました。

大きく目立つ点としては、各カデゴリーに「明治安田生命」によるタイトルパートナーが付けられた事や、J1は2ステージ制導入に伴う「チャンピオンシップ(仮称)」の大会方式についでです。

タイトルパートナーは今年J3が新設されたのを機に初めて導入されました。海外のトップリーグにもタイトルパートナーがついていることから、それに倣った形になったようです。

そしてチャンピオンシップの形式ですが、やはり読んでもよく分からない…(笑)。それだけ不公平がないように導き出した案でしょうが、今さらながらでもやっぱり腑に落ちないですね…

ちなみに先日ガンバ大阪が天皇杯を獲得し三冠を達成。それにより開幕前に行われる「FUJI XEROX SUPER CUP」はJリーグ2位として出場決定。

他の大会では、「ナビスコカップ」は例年通り決勝トーナメントから出場。再び元日決勝に戻る「第95回天皇杯」は、ACLでGLを突破すれば、4回戦(ラウンド16)からの出場。もしGL敗退の場合は、シード権はなくなり従来通り9月開催予定の2回戦から出場となります。

2015Jリーグ 年間スケジュール
明治安田生命保険相互会社とJリーグタイトルパートナー契約を締結
【2015Jリーグ J1リーグ】大会方式および試合方式について ~2015明治安田生命J1リーグおよび2015Jリーグチャンピオンシップ~(いずれもJリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.16

去る人&来る人

今シーズンオフは近年稀に見る、新加入のお知らせが舞い込んでいます。

ただその分チームを離れる選手もいる訳で、来シーズンのACLを見据えた補強というよりは、むしろ「補充」といった方が妥当かもしれません。

しかしその中でもFWズラタンや、今日発表になったFW石原などJリーグで実績ある選手を獲得できた事は大きいですね。

ですが、気になるのはその選手達がミシャ戦術の中で生きるかどうか。こればかりは指揮官のやり方ひとつなんでしょうけど、うまく連戦でターンオーバーできればいいのですが…。


【退団】
野崎雅也との契約について(12/2)
関口訓充との契約について(12/7)
マルシオ リシャルデスとの契約について(12/9)
坪井慶介 湘南ベルマーレへ完全移籍(12/12)

【加入&復帰】
斎藤翔太選手、茂木力也選手 トップチーム昇格内定のお知らせ(9/28)
岡本拓也 期限付き移籍から復帰のお知らせ(12/7)
大谷幸輝 期限付き移籍から復帰のお知らせ(12/7)
武藤雄樹選手 完全移籍加入のお知らせ(12/12)
橋本 和選手 完全移籍加入のお知らせ(12/12)
高木俊幸選手 完全移籍加入のお知らせ(12/13)
ズラタン選手 完全移籍加入のお知らせ(12/15)
石原直樹選手 完全移籍加入のお知らせ(12/16)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.14

チャリティーサッカー

JPFA日本プロサッカー選手会による毎年恒例のチャリティサッカーが、ユアテックスタジアムで開催。

ほとんどオフがない選手達にとって、一堂に会する機会はなかなかないですし、毎年仙台で行うからこそ意義があるものだと感じます。

今回も楽天銀次選手のハットトリックなど、サッカーではありえない得点シーンやプレーが随所に見られ、選手達のサービス精神溢れる姿に、いつもと違う顔も見られて、スカパーの中継をみていた自分も楽しい気持ちになりましたねー。

震災への関心が薄れる中…4年目の復興支援試合、小笠原「風化させないためにメッセージを発信できるのがサッカーの力」(サッカーキング)

Cimg9797 Cimg9802 Cimg9807

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月7日 - 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月21日 - 2014年12月27日 »