« 2014年11月23日 - 2014年11月29日 | トップページ | 2014年12月7日 - 2014年12月13日 »

2014.12.06

【第34節 名古屋戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs名古屋グランパス

6日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2014Jリーグ DIVISION1 第34節 vs名古屋グランパス』の試合結果をお知らせいたします。
2014Jリーグ DIVISION1 第34節
2014年12月6日(土) 15:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半1-0) 名古屋グランパス
得点者:2分 槙野智章、72分 牟田雄祐(名古屋)、89分 永井謙佑(名古屋)
入場者数:53,091人
ファン・サポーターの皆さま、今シーズンのサポートありがとうございました。
試合速報
Jリーグ


「終戦」

終了直後にブーイングが響き渡るスタジアム。

もちろんこの90分間だけを切り取るならば、ホームで逆転負けを喫したのだからそれを受けるのは致し方ない現実だった。

開始わずか2分にCKから先制。ここ数試合の中では一番いい立ち上がりではあったが、時間が経つごとに相手の猛攻に晒され、追加点が奪えない。特にミシャサッカーの生命線である縦へのパスが全く機能せず、サイドからの攻めに終始するも、ダニルソンという屈強な選手の背後をなかなか衝けなかった。

もう1点を奪えれば・・・という想いがこれまでの数試合から強かった分、前線の選手達にはその姿勢が表れていたが、逆に時間が経つごとにリスクを負わないといういわば安全策を考慮する中で攻守のバランスを欠いてしまう悪循環を生んでしまった。

その中途半端な状態でCKから同点ゴールを許し、その後G大阪の経過を聞いたか聞かないか勝ち急いだ結果、終了間際に決定的なパスミスからカウンターを受け、逆転ゴールを喫し敗れてしまった。

結果的に今シーズンは2位で終了。ミシャ体制3年目としては最高の順位だ。しかし残り3試合、G大阪戦以降いずれもシャーレに手が届きながら自らそのチャンスを失った。選手も指揮官もサポーターも皆落ち着きを欠いていた。焦りが焦りを呼び、気が付けば自分達自身が金縛りのように動きも判断もが硬くなってしまったように感じた・・・。

プロの選手達とはいえやはり人間。緊張もするしボルテージも上がれば普段以上に意識せざろう得ない。だがその強烈なプレッシャーを乗り越えて結果を出さないと戴冠できないというのを身を持って知ったシーズンだった思う。それは優勝したG大阪が絶対的な力を持っても徳島とスコアレスドローに終わったという事でも分かるはずだ。

悔しさだけが残った今シーズン。チームを離れる坪井が最後の挨拶で、「チームはこの敗戦を乗り越えて、また強くなると信じています」と話したが、まさしくその言葉に尽きるだろう。

この悔しさを強く胸に刻んで、今シーズンの幕を下ろしたい。

Cimg9607 Cimg9614 Cimg9620

Cimg9639 Cimg9657 Cimg9675

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.05

第34節 名古屋戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ:15:30

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点62:18勝8分7敗<2位> 
名古屋:勝点45:12勝9分12敗<11位>

【対名古屋 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
17勝5分25敗(4勝0分4敗)

【今シーズン対戦】
J1第7節(4/12) 名古屋1-2浦和
名古屋】【浦和】【Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、青木、平川、柏木、梅崎
FW:李

【展望】
師走に入り、いよいよJリーグ最終節。正直なところ、こういう複雑な心境で迎えるとは思いもしなかった。

前節、難攻不落のベアスタで、アディショナルタイムに痛恨の失点を喫し1-1のドロー。2試合とも目の前のシャーレに手をかすめることなく、首位の座をガンバ大阪に明け渡してしまった。

守備陣は、ここ2試合強力なFWを相手にしっかり対応し仕事をさせなかった。それだけに体幹の強い川又やスピードのある永井と両極端の特徴を持つFWを相手に封じることができるか。さらにボランチにはダニルソンというJ屈指のボランチが鎮座しているだけに、その穴を掻い潜るのは容易ではない。

攻撃面では李の1トップが機能しているとはやはり言い難い。彼自身のパフォーマンスは上がっているものの、そこに繋がるシャドーとの連係が不可欠である。

今は中央が行き詰ると、サイドチェンジを多用し、両サイドからの仕掛けこそが攻撃の起点となっているものの、有効打ではない。ここ2試合起用されている青木からの縦パスが繋がってきているだけに、もう1度ミシャサッカーの特徴である縦からの崩しに期待したい。

わずか2週間前は、優勝まであと1歩という状況であったが、足踏みどころか1分1敗とプレッシャーに押されたと言っても過言ではなく、ついに迎えるべきところまできた。

もちろん優勝はあきらめていない。鳥栖戦終了直後の選手達の姿はとても痛ましいものであったが、こればかりは自分達で犯してしまったものだから、己を奮い立たさなければならない限り、何も転がり込んでこない。

だからこそ他力本願であろうと、最後の90分間+αまで勝利だけを希求し闘ってほしい。そして笑顔で2014シーズンを締めくくりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.03

プライオリティー

シーチケ保有者に対するサービスの一環として、「優先入場サービス」が来シーズンから行われる旨、クラブからリリースがありました。

これまで試合会場における保有者に対してのプライオリティーは、再入場サービスぐらいですかね。そしてようやく入場時にも適用されるとの事で、これがシーチケ販売の底上げに繋がるのでしょうか…。

あとは現在の当日抽選システムが、来シーズンどのような形に変化するかによって、その反響の度合いが変わるかもしれません。

でもシーズンチケットに対するプライオリティーについては、他のクラブと比較すると、まだまだという感じは否めませんね。

2015シーズンチケットホルダーの皆様への「優先入場サービス」について(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.01

ポストシーズン開幕

昨日は「J1昇格プレーオフ」の準決勝がヤマハで。そして「J2・J3入れ替え戦」の第1戦が長野でそれぞれ行われました。

やはり注目はヤマハでの試合ですね。決勝点となった後半アディショナルタイムでのGK山岸のヘディングゴールは、いろんなところで報道されました。

自分もスカパーで観戦していたのですが、土曜日にレッズが同じような状況で失点を喫していただけに、最後の最後で何かが起こるかも…と思っていたらゴールが決まり、さらに決めたのが山岸でしたからさらにビックリ…という状況でした。

山形は天皇杯でも決勝進出を果たしており、しばらくは緊張感高い試合が続きますが、むしろ選手達にはプレーに迷いがないように見えました。

千葉が待ちうける決勝戦は7日に開催。中立地の味スタでの開催ですが、リーグ上位の千葉がアドバンテージを生かせるか注目ですね。

一方の磐田は、リーグ戦最後は6試合勝ちなし(5分1敗)で終了。最終節で4位に転落し、POは準決勝からとなりましたが、引き分け以上でのアドバンテージも生かせず、また2週間前のリベンジを果たせず、J2残留が決まりました。

また入れ替え戦の第1戦は9千人近い観客を集め、そのボルテージは最高潮でしたが、ホームの長野がチャンスを決めきれずスコアレスドロー。第2戦は讃岐のホーム丸亀競技場に舞台を移して、同じく7日に行われます。

<J1昇格プレーオフ準決勝>
磐田1-2山形
<J2・J3入れ替え戦第1戦>
長野0-0讃岐

Cimg9575 Cimg9579 Cimg9581

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.30

鳥栖遠征あれこれ

リーグ戦最後となる鳥栖遠征はこれで3年連続。さっそく振り返りますー。

もはや恒例行事となりつつある11月末の鳥栖遠征。
今回もこれまで同様に日帰りを検討しましたが、ちょうど良い時間の飛行機の予約がとれず、いろいろと検討した結果、ひとまず金曜出発の1泊2日で計画。

さらに金曜日に仕事が休めない事が判明した時点で、福岡空港ではなく北九州空港からのアプローチでルートを決め、当日を迎えました。

仕事をこなしてから、途中で夕食を食べ、浜松町駅からモノレールに乗車。
Cimg9382 Cimg9387 Cimg9388

21時頃に到着したのは羽田空港第1ターミナル。すでにJAL側は窓口を閉めて閑散としている中でスターフライヤーのカウンターだけはにぎわっていました。
Cimg9389 Cimg9391


続きを読む "鳥栖遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月23日 - 2014年11月29日 | トップページ | 2014年12月7日 - 2014年12月13日 »