« 2014年11月9日 - 2014年11月15日 | トップページ | 2014年11月23日 - 2014年11月29日 »

2014.11.22

【第32節 G大阪戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsガンバ大阪

22日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2014Jリーグ DIVISION1 第32節 vsガンバ大阪』の試合結果をお知らせいたします。
2014Jリーグ DIVISION1 第32節
2014年11月22日(土)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-2(前半0-0) ガンバ大阪
得点者:88分 佐藤晃大(G大阪)、90+3分 倉田 秋(G大阪)
入場者数:56,758人
試合速報
Jリーグ


「自分達で蒔いた種」

守備はほぼ万全だった。

宇佐美にはしっかり枚数を掛けて対応。パトリックに対しても槙野がマンマーク張り付き、決定機を与えなかった。ガンバも2トップが封じられるとパスが繋がらず、ミスもあってか攻撃が硬直化していたように思えた。それだけしっかり相手を研究していたと思う。

しかしそれが終了間際のカウンターからの失点。サッカーは怖いものだと改めて感じた。

攻撃もスタメンに起用された青木を起点に何度か縦へ繋ぐ動きも見せていたが、決定的なチャンスが少なく、中央を締めてくる相手守備陣に対して脅かすことができなかった。

だからこそ時間が経過するにつれ選択肢はいろいろあったはず・・・。ただあの雰囲気、あの状況下において最後まで勝ちに拘る姿勢を見せる事への良し悪しは、ピッチで闘っている選手達しか分からない。

痛恨の敗戦だったが、まだレッズは首位であることには変わらない。だから今日は失敗しても、次節鳥栖戦で勝てばもう1度戴冠のチャンスが訪れるのだからまだ運がある。

自分達で蒔いた種という名の“プレッシャー”。だからこそ最後は自分達で花を咲かさなければならない。

Cimg9316 Cimg9321 Cimg9326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.21

第32節 G大阪戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ:14:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点61:18勝7分6敗<1位> 
G大阪:勝点56:17勝5分9敗<2位>

【対G大阪 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
18勝8分19敗(6勝2分2敗)

【今シーズン対戦】
J1第1節(3/1) G大阪0-1浦和
G大阪】【浦和】【Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、青木、平川、柏木、梅崎
FW:李

【展望】
ナビスコカップ、代表戦ウィークを経て3週間ぶりのJリーグ再開。

残り3試合という佳境の中、明日は2位ガンバ大阪をホームに迎え、今シーズン大一番の試合となる。

やはり傍から見れば、ガンバの勢いを強く感じるだろう。それもそのはず。リーグ戦後半を驚異的な成績を残し上位へと駆け上り、さらにナビスコカップを奪い、唯一3冠の可能性を秘めているだけに、その期待値たるや勢い以上の自信というオーラを放っている。

また相手の2トップ。パトリックや宇佐美に気を付けることはもちろんであるが、それ以上に攻撃の起点となる遠藤をどう封じるかが勝負のポイントになるだろう。

再び代表に復帰し、高いポテンシャルそして存在感をまざまざと見せつけられた。それこそガンバにとって大きなモチベーションになっているかと思う。

無論レッズもここまでしぶとく勝ち星を積み上げて首位をキープしてきた。しかしここ5試合は2勝2分1敗と勝ちきれない試合が続いている。

相手が引いてゴール前を固められると、アイディアが欠乏してしまいたちまち得点不足に陥ってしまう。さらに興梠の戦線離脱という非常事態下であったが、前節は途中出場の関根がゴールを奪い、再び調子を取り戻してきたように見える。しかしまだまだ貪欲さと奮起が必要だと感じる。


明日はこれ以上ない舞台が整った。しかし、あたかも決勝戦のような雰囲気を至る所で感じるが、気になるのはまだ3試合あるということ…。

こういう書き方は逆行するかもしれないが、相手は勝つしかないのだから、むしろ3試合で勝点4を奪えれば…というメンタル面での余裕を持たないと、逆襲を喰らう可能性も大いにある。だからこそこれまで積み上げてきた力を信じながらも、局面を見極めながら引き分けも視野に入れる事も必要で、それゆえまずは失点を喫さないことが大切だ。

まずは目の前の相手に集中する事。結果はそれからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.20

入れ替え戦

Jリーグより、「J2・J3入れ替え戦」の概要についてリリースされました。

J2リーグ21位の讃岐と、日曜日に決まるJ3リーグ2位とH&Aで対戦します。

ちなみに昨年は鳥取と讃岐との対戦。讃岐の1勝1分で当時のJFL2位からJ2へ昇格を果たしました。

2014J2・J3入れ替え戦 開催決定のお知らせ(Jリーグ)
2013J2・JFL入れ替え戦(いずれもJリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.19

承認

この日行われたJリーグ理事会で、J1自動昇格枠に入ったJ2リーグ1位「湘南ベルマーレ」と2位「松本山雅」のJ1昇格。さらにJ3リーグを優勝した「ツエーゲン金沢」のJ2昇格がそれぞれ承認されました。

湘南は1年でのJ1復帰。そして松本は初のJ1昇格となります。

松本山雅といえば、アルウィンで戦った2009年はまだ北信越リーグでしたからね…。結果はまあアレでしたが(笑)、あれから5年。一気に駆け上がってきましたね。

そして金沢は、町田、長野、鳥取と強豪ぞろいのJ3初年度で優勝。一気にJ2へのキップを掴みました。来春の北陸新幹線開業にあわせるように花を添えましたね。

関係者の皆様、おめでとうございます。

湘南ベルマーレ、松本山雅FCのJ1昇格および ツエーゲン金沢のJ2昇格審査結果について(Jリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.18

オーストラリア戦

年明けのアジアカップで対戦するかもしれないオーストラリアとの試合。

これまでの親善試合に比べると、アジアにおけるライバル国との対戦は、いろんな意味で良かったのではないかと思います。

流れを掴めない前半の途中からシステムを変えて、後半に入ってようやくそれが実って2得点につながりました。
しかしながら、試合終了間際に天敵ともいえるケーヒルに奪われてしまったのは残念でしたが…。

これで年内の代表戦は終了。年末からの合宿を経て、オーストラリアへ移動し、1月12日のアジアカップ初戦パレスチナ戦に臨むことになります。


キリンチャレンジカップ
日本2-1オーストラリア(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.17

初代王者

J3リーグは日曜日に第32節を開催。

首位を走るツエーゲン金沢が、アウェーでFC琉球を1-0で下し優勝を果たし、初代J3リーグ王者となりました。
さらに金沢は「J2クラブライセンス」を取得していることから、最終的な決定はまだですが、来シーズンのJ2昇格をほぼ決めました。

また入替戦に臨むことになる2位争いは長野、そして3位町田ともに勝利し、勝点1差のまま最終節までもつれ込むことになります。

J3リーグ第32節結果
J3リーグ順位表(第32節終了時)

Cimg9295 Cimg9298

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.16

半歩王手

レッズレディースは、エキサイティングステージ第9節をアウェー神戸でINACと対戦。

勝てば優勝という大一番でしたが、0-0のスコアレスドロー。

2位日テレと勝点3差ですが、得失点差が「8」あるため、半歩ですが確実に優勝に王手をかけて、最終節に臨むことになりました。

エキサイティングシリーズ第9節
INAC神戸0-0浦和レッズレディース(PDFファイル)

Cimg9282 Cimg9286 Cimg9291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月9日 - 2014年11月15日 | トップページ | 2014年11月23日 - 2014年11月29日 »