« 2014年11月2日 - 2014年11月8日 | トップページ | 2014年11月16日 - 2014年11月22日 »

2014.11.15

ヒートアップJ2 <ラスト2>

J2リーグも大詰め。

特にJ1昇格プレーオフ進出へ向けた争いが過熱しています。

3位磐田は6位山形をホームに迎えるも0-2で敗戦。そして4位北九州はアウェーで愛媛に敗戦。5位千葉はホームで富山に2-1で勝利し、7位大分もアウェーで讃岐で1-0で勝利し、望みを繋げました。

これで3位磐田から7位大分までの勝点差は「3」。磐田はほぼ確実としても、得失点差や出場権のない北九州の結果も絡むと、最後の最後に順位が入れ替わる可能性もあり、プレーオフでの対戦カードに大きな動きが生じます。

また下の方では東京Vの20位が確定。21位となった讃岐はJ3リーグ2位(長野or町田)とH&Aの入替戦に臨むことになります。

最終節は23日の14時に一斉キックオフとなります。

J2第41節結果
J2順位表(第41節終了時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.14

ホンジュラス戦

終わってみれば6-0と代表戦としては久々の大量得点での勝利となりました。特に後半の怒涛のゴールラッシュは圧巻でしたね。

これまでの若手選手を積極的に招集、起用してきましたが、今回は遠藤や経験豊富なベテランを起用し、来年のアジアカップへ向けて、いろんな意味でなりふり構わず動き出したようです。

キリンチャレンジカップ
日本6-0ホンジュラス
(スポーツナビ)

Cimg9274 Cimg9279

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.13

天皇杯改編

本日、JFAにて理事会が開催され、その中で次大会となる第95回天皇杯の大会形式の変更が承認されました。

再び決勝戦が元日に戻る事や、会場が「味の素にスタジアム」に決まった事など、いくつか変更点があるのですが、その中でも大きなポイントは以下の2つ。

①ACL出場4チームは4回戦から出場
②2種加盟チームの参加資格廃止

①については、以前報道されたこともあり、理事会で配布された資料をみると、フォーマットもできており、ある程度具体化されていました。

もちろんACLのタイトルを奪うべく、日程を緩和させる措置として組み直されたものであり、逆にベスト8進出を逃した場合はそのシード権は剥奪され、Jリーグのステージ優勝チームやナビスコカップ予選L上位チームから選出するという事からも、臨機応変に対応するようなので、今回の改編に関しては悪くないものだと思います。

②については、これまで底辺拡大という意味から、2種加盟のいわゆる高校生年代のチームの参加を増やしてきましたが、近年はプレミアリーグ、プリンスリーグなどの発足で強化が充実され、むしろ天皇杯との両立が難しくなった情報もあり、そういう状況を鑑みれば、この決定もやむなしだと思います。

天皇杯と言えば…というぐらい、何度も横浜FMと市立船橋との試合がクローズアップされますが、もうそういう試合が観れなくなるのはいろんな意味で残念ですね。


2014年度第11回理事会を開催
2016年度 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 大会形式変更の件 関連資料<PDF>
天皇杯全日本サッカー選手権大会 大会形式等の変更について(いずれもJFA)
天皇杯決勝を16年元日に味の素スタジアムで(毎日新聞)
来年度の天皇杯は元日決戦に…会場は味スタ、今後は関西での開催案も
天皇杯の規程改訂…高校年代チームは参加不可、8強で1000万円の強化費(いずれもSOCCER KING)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.12

前倒し

新聞報道によると、来シーズンのJ開幕は3月7日(土)。

2ステージ制及びポストシーズン制の導入によって、日程が窮屈になるようですが、どうやらそのしわ寄せがセカンドステージ最終節にも及んでいるようです。

来シーズンの骨格が徐々に決まってくる中、観てる側の不安だけが募るシステムや日程…。もう1度、Jリーグからしっかり説明していただける環境作りができないものですかね…

来季から2ステージ制導入、ACLとの日程重複なら試合前倒し(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.10

契約

8日にクラブから発表。

現役続行にこだわる彼のため、これまでの選手同様、早めにリリースする事で、他のクラブが手を挙げやすい状況を作ったのだと思います。

大学卒で入団し、オフトにその素質を見い出され、以降は不動のDFとしてレッズを支えてきました。彼のスピードやそれを生かしたDF能力はまだまだ健在。それだけに来シーズン以降もその活躍を見せてほしいと思います。

坪井慶介との契約について
坪井慶介 練習後コメント(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.09

ヒートアップJ2 <ラスト3>

J2は今日を含めて残り3試合。いくつかのクラブはホーム最終戦という事で、多くの観客を集めたようです。

最後の1枠を決めるプレーオフ争いは、3位磐田が終了間際に群馬相手に引き分けて6位以内の確定ならず。5位千葉はアウェーで松本に敗れ、6位大分も水戸を相手にアディショナルタイムに痛恨の逆転負け。7位山形はホームで福岡を迎え逆転勝ちして順位が入れ替わりました。

これで5位千葉(62)から7位大分(60)までが勝点2差と、残り2試合という中で勝点からすれば10位京都(56)まで可能性があり、最後まで分かりませんね。

J2第40節結果
J2順位表(第40節終了時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月2日 - 2014年11月8日 | トップページ | 2014年11月16日 - 2014年11月22日 »