« 2014年8月3日 - 2014年8月9日 | トップページ | 2014年8月17日 - 2014年8月23日 »

2014.08.16

【第20節 広島戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsサンフレッチェ広島
8月16日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2014Jリーグ DIVISION1 第20節 vsサンフレッチェ広島』の試合結果をお知らせいたします。
2014Jリーグ DIVISION1 第20節
2014年8月16日(土)18:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半1-0) サンフレッチェ広島
得点者:22分 阿部勇樹
入場者数:39,224人
試合速報
Jリーグ


「戸惑いの中での魅せ場」

広島との対戦は、構築したシステムが同じゆえ、緊迫した見所が多いのだが、この日ばかりは想定以上に相手が引いた展開となったが、何度も楔のパスとロングフィードを繰り返すことでファールを誘い、そこからFKのチャンスを得て得点に結びつけた。

とかく不思議だったのは広島のスタイル。もちろん敵将の言うように構えて戦況を見極めるのはわかるのだが、レッズのようにバックラインに厳しくプレッシャーを掛けることなく、ひたすら後方で相手の出方を待って切り替えるという手法に、戸惑ったのは自分だけではないはずだ。

そういう難しい試合の中で光っていたのは、啓太や永田、そしてなんといってもGK西川だろう。特に久々のスタメンとなった永田は、石原や皆川にマンマークで対応。最後こそ皆川に渾身のヒールパスを出されてしまったが、そのパスをうけた柴崎のシュートを西川が真正面で抑え、この試合最大の魅せ場と言っても過言でないシーンを守りきった。

まだまだ課題はあるものの、とりあえずここ3試合続いた失点を防ぎ、来月早々にナビスコカップで再戦する広島を相手に勝点3を奪った事はいろんな意味で大きい。改めて思うと、やはり今のレッズは守備の構築なくしては語れないし、それが勝利への近道と言ってもおかしくはないだろう。

Cimg7657 Cimg7689 Cimg7703

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.15

第20節 広島戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ:18:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点37:11勝4分4敗<1位> 
広島:勝点30:8勝6分5敗<6位>

【対広島 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
25勝3分15敗(4勝2分2敗)

【今シーズン対戦】
J1第3節(3/15) 広島0-2浦和
広島】【浦和】【Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、永田、森脇
MF:宇賀神、阿部、青木、平川、梅崎、柏木、
FW:興梠

【展望】
明日から再びミッドウィークの天皇杯を挟んだ3連戦。ここ3試合勝利から見放されているレッズにとっては正念場と言っても過言ではない。

広島は前節鳥栖との対戦だったが、台風11号の影響で月曜日に延期。コンディション調整が懸念される中、途中出場の皆川のゴールが決勝点となり1-0で勝利。3試合ぶりの勝利となった。

レッズは前節アウェーで川崎と対戦。梅崎のゴールで先制するものの、逆転を許し4月末の第9節柏戦以降久々の敗戦を喫した。もちろん等々力独特の雰囲気もあったが、スピードのあるレナトを警戒しすぎてしまい、ポジションがずれてしまった印象が強い。そして強固な守備もここにきて失点を重ねており、改めて攻守両面のバランスを見直す必要性があると感じる。

広島とはここ数試合は相性がいいもののそれは同じシステム、そして構築した指揮官が同じゆえ紙一重。嵌らなければ展開は相手に流れてしまう事もある。

お互いに我慢を強いる展開が予想されるが、そうなるとどこでギアチェンジを図るかに懸っている。隙を見ての縦への楔のパスもそうだが、裏へのチャレンジも勝負の見どころになるかもしれない。さらに広島でいえば、最近ブレイクしているFW皆川の投入や、レッズで言えば関根や李の投入も流れを変えるポイントになるかどうかだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.14

サポミ報告

様々な意見が出てきたという事は、逆に今まで公にこういう意見を言える場がなかったという裏返し。

実現できるできないは別としても、これからはクラブとしての1つ1つの取り組みが大事になってくるでしょうし、それは自分たちにも言える事かもしれません。

サポーターミーティング(6~7月開催)のご報告について(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.11

表記順

今夜は台風の影響で土曜日から延期となっていた、第19節「広島-鳥栖」戦が行われ、結果は1-0で広島が勝利。解任騒動で混乱していた鳥栖は、吉田新監督の初陣を飾ることができませんでした。

この結果第19節を終えて、浦和、鳥栖共に勝点37。得失点差が+12。そして総得点も26ど同数で並ぶことになりました。

で、『公式順位』をみると、1番上に浦和、2番目に鳥栖が表記されています。

J1リーグの大会概要には、年間順位の決定方法しか記載されておらず、もしこれをここに当てはめるならば、その次の決定方法は、当該チーム同士の対戦成績になるので、第2節で鳥栖が勝利しているので、上回ることになりますが、どうやらそれはこの段階では採用されないようです。

では、なぜ浦和が上か…という事になるのですが、自分は当初、前年の成績順かなぁ…と思っていましたが、過去の資料を調べるとそうではなく、クラブ編成の順。つまり北から付けられた順という事になっているようです。

参考になるのが、『2012シーズン第1節』の順位です。この時は2位に仙台、FC東京、川崎F、名古屋、広島と5チームが同勝点、同得失点差、同得点で並んでいたのですが、『2011シーズン最終節』の順位と見比べると、前年の成績順ではない事がわかります。

ということは、今回の鳥栖の場合のよう他と並んでしまうと、西のクラブは必ず下になってしまうということで、いろんな意味で割を食ってしまうんだなぁ…と。でもレッズの立場からすれば、ずっとこのまま1番上でいいのに…と思ってしまいます…(笑)

それにしても、リーグの途中でこういう事象が発生するというのは、かなり珍しいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.10

等々力遠征あれこれ

W杯が終わり、久々のアウェー遠征。
関東圏の等々力での試合ですが、今回もナイトゲームという事もあり、のんびり大回りして向かう事にしました。

ではさっそく振り返りますー。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。
Cimg7490

9:16発、北総線アクセス特急に乗車。
Cimg7492 Cimg7494 Cimg7495


続きを読む "等々力遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月3日 - 2014年8月9日 | トップページ | 2014年8月17日 - 2014年8月23日 »