« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年8月10日 - 2014年8月16日 »

2014.08.09

【第19節 川崎戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs川崎フロンターレ
8月9日(土)、等々力陸上競技場にて行われました『2014Jリーグ DIVISION1 第19節 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。
2014Jリーグ DIVISION1 第19節
2014年8月9日(土) 19:04キックオフ・等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 2-1(前半1-1) 浦和レッズ
得点者:2分 梅崎 司、3分 レナト(川崎)、78分 大久保嘉人(川崎)
入場者数:18,378人
試合速報
Jリーグ


「決めきる力、読みきる力」

またしても敵地等々力で敗戦。しかしスタジアムの相性以前に割り切った川崎の戦い方に完敗だった。

開始早々梅崎のゴールで先制点を奪うも、2発の高速カウンターで撃沈。確かに起点となったレナトを止め切れなかったのもそうだが、逆転ゴールは彼にひきつけられるあまり、他の選手へのカバーが後手後手に回ってしまい、大久保に余裕を与えてしまうほどフリーで打ち込まれてしまった。もちろんレッズもチャンスが無かったわけではないが、決めきれなければ何も残らない。

また、敵将風間監督はリードしてからレッズの攻撃が厚くなるとみるや、DF 實藤をスパッと代え稲本。さらに田中、最後はジェシを起用し守備網を堅め試合をクローズさせたのも、決まりきったレッズの交代策に比べ、選手の潜在能力を信じた上での試合を読みきる力は上回っていたと思う。

久々の敗戦を喫したが、ここにきて2試合連続で逆転を許した事実は見逃すことはできない。もちろん2点目を奪えない事実も今までと何ら変わらない。ただ今はこういう細かな修正を施すことが次へ向けて大事である。なおかつ次節はDF那須が出場停止だけにその想いはより強くなる。

やはり3試合未勝利はもどかしい。だがこの苦境を乗り越えなければ、その先の歓喜は生まれない。

Cimg7603 Cimg7608 Cimg7613

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.08

第19節 川崎戦プレビュー

アウェー:等々力陸上競技場
キックオフ:19:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点37:11勝4分3敗<2位> 
川崎:勝点33:10勝3分5敗<3位>

【対川崎 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
8勝5分6敗(4勝0分3敗)

【スタジアム成績(等々力陸上競技場)】
5勝4分5敗(リーグ戦のみ)

【今シーズン対戦】
J1第8節(4/19) 浦和1-0川崎
浦和><川崎><Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、青木、関口、梅崎、柏木、
FW:興梠

【展望】
2試合連続引き分けからの仕切り直し。明日は3位川崎とのいわば上位生き残りを賭けた一戦となる。

川崎はチームの特色である攻撃を前面に出して3位につけているものの、前節柏戦のように逆に相手の術中に嵌ってしまうと、大量失点につながる試合もあり、敵将風間監督も言うようにいわば表裏一体の状況である。

一方のレッズは、これまでわずか12失点とリーグ最少であるものの、ここにきて2試合で3失点と自らのミスに帰結して失点を重ねている。またリードしてもなぜか自らで試合のリズムを崩してしまい、相手の波状攻撃を受けやすい状態に陥ることも多く、攻撃面に関しても複数得点が奪いにくい状況になっている。

やはり追いつかれてしまうと試合の流れは潮が引いたようになくなってしまう。

過去2年間における等々力での成績を振り返ると1勝3敗。しかも現在3連敗中で相性はいいとは言えないし、やはり独特のスタジアムの空気に飲まれている感は否めない。

この厳しい局面でどのように己をコントロールして試合に臨めるか…。難しいアウェーゲームではあるが、乗り切って勝点3を奪ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.07

天皇杯とスル銀カップ

昨日は天皇杯2回戦の「札幌-tonan前橋サテライト」の試合と、スルガ銀行CSをBSフジにて録画観戦。

スル銀CSは終了間際のPKの判定以降はお互い大荒れの展開だったようで、やはり南米のクラブは大小違えど、タイトルが懸っている以上、アグレッシブに来ますし、逆にそれが仇となって、ラフプレーになりがちのような気がします。

だけどACLとは違って、南米のカップ戦王者と試合をする機会が少ないので、こういう試合こそ有料チャンネルだけの生中継じゃ、もったいないかなぁ…と思ったわけです(笑)

終盤に勝越した柏が、スルガ銀行チャンピオンシップ初優勝!(Jリーグ)
柏、ラヌスとの接戦を制して優勝(JFA)
コンサドーレ札幌が3回戦へ駒を進める(JFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.05

ナビスコ抽選と後半日程

深夜まで待つ意味があるのかなぁ…と思いつつ、ついつい見てしまった「すぽると」。

ナビスコカップ準々決勝の相手が広島という事で、そして結果的に残り物になってしまったけれど、すべて第2戦をホームで闘えることになったのは大きいのかなぁと思います。

そして今日は後半の詳細日程の発表。

レッズ関係で目立つのは第23節のアウェー清水戦の15時KOというのと、30節のアウェー鹿島戦の19時KOですかね…。鹿島戦はこの日はJ1J2同日開催なので、スカパーの中継枠の関係でナイトゲームになったのではないかと思います。でも帰路は限られそうですね…。

Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝 対戦カード決定
2014J1リーグ(第23節~34節)日程発表(いずれもレッズオフィシャル)

【2014Jリーグヤマザキナビスコカップ】決勝トーナメント 組み合わせ決定!
【2014Jリーグヤマザキナビスコカップ】決勝トーナメント組み合わせ決定! オープンドロー参加選手のコメント
2014Jリーグ 後期日程発表(いずれもJリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年8月10日 - 2014年8月16日 »